疾患啓発(スポンサード)

狭心症に対するPCI(カテーテル治療)の具体的な流れと治療後の注意点

狭心症に対するPCI(カテーテル治療)の具体的な流れと治療後の注意点
総合東京病院 心血管インターベンション治療センター長 村松 俊哉 先生

総合東京病院 心血管インターベンション治療センター長

村松 俊哉 先生

目次
項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

冠動脈が狭窄して起こる狭心症の治療法には、薬物療法・外科手術(冠動脈バイパス術)・カテーテル治療(経皮的冠動脈形成術、以下「PCI」)の3種類があります。PCIは冠動脈バイパス術に比べて体への負担が少なく治療期間も短いという利点がありますが、穿刺部(せんしぶ)出血やステント血栓症などの合併症のリスクが懸念されるため、積極的にPCIに取り組んでいる医師のもとで治療を受けることが大事です。国内外でPCIの指導も手掛けられる総合東京病院副院長兼心血管インターベンション治療センター長の村松俊哉先生に、狭心症に対するPCIの具体的な流れや早期発見・再発予防のための注意点をお話しいただきました。

狭心症に対するPCI(経皮的冠動脈形成術/心臓カテーテル治療)

PCI(経皮的冠動脈形成術)は、狭心症などの心臓の血管(冠動脈)が狭くなる病気に対して主に用いられる治療法です。手首(または太もも)の血管から細いカテーテルを通して、狭窄・閉塞した部分でバルーンとステント(金属でできた網目状の筒)を拡張させることで血管を押し広げ、血流を回復させます。

血管の模型
総合東京病院で使用している血管の模型

狭心症の患者さんに具体的な治療イメージを持っていただけるように、総合東京病院では、上図の模型を使いながら狭心症という病気の概要やPCIの治療法についてご説明しています。

狭心症に対するPCIの具体的な手順

緊急時を除き、あらかじめ脳梗塞や血栓の発生を防ぐ抗血小板薬(アスピリン、プラスグレル塩酸塩、クロピドグレル硫酸塩など)を服用していただいたうえで、PCIを行います。具体的なPCIの流れは下記の通りです。

PCIの手順

  1. カテーテル挿入部位に局所麻酔をかけます。
  2. ガイディングカテーテルと呼ばれる管を血管に挿入します。ほとんどの場合は右側の橈骨動脈(とうこつどうみゃく)(手首の血管)からカテーテルを挿入しますが、大腿動脈(足の付け根の血管)から通すこともあります。
  3. ガイディングカテーテルの先端が冠動脈内に到達したら、造影剤を注入し、狭窄部の位置を確認します。(冠動脈造影)
  4. ガイドワイヤーと呼ばれる針金を、ガイディングカテーテルを通じて挿入し、狭窄部の先まで通します。
  5. (4)で通したガイドワイヤーに沿って冠動脈の狭窄部までバルーンカテーテルを挿入します。このときのバルーンは膨らんでいません。
  6. バルーンを拡張させて血管の内側から狭窄部を広げます。
  7. 治療後に冠動脈が再狭窄することを防ぐため、多くの場合はステント(金属でできた網目状の筒)を血管内に留置して血管の広がった状態を固定します。最近では、再発を防ぐための免疫抑制剤を塗布した薬剤溶出型ステント(DES)を用いることが一般的です。

施設や患者さんの容体によって差がありますが、当院におけるPCIの所要時間はおよそ1~2時間程度です。

PCIを行うまでの待機期間・入院期間

診断からPCIの実施までにかかる時間はどのくらい?

胸痛などの症状の出現頻度が多い場合、または軽い労作や安静時でも症状が出る場合は重症度が高いと判断し、できる限り早くPCIを行えるように計画を立てていきます。当院の場合、早ければ鑑別診断から1週間後にPCIを行うことも可能です。

一方、無症状の場合はすぐに治療をせず、薬物療法を行いながら様子をみることもあります。

入院期間

当院の場合、PCIに伴う入院期間は1泊2日が標準です。治療当日の朝に入院していただいて午後にPCIを実施し、大きな問題がなければ翌日には退院となります。退院日には普段通り歩行でき、大きな日常生活の制限もありません。

冠動脈バイパス術に比べて侵襲(体への負担)が低いため、入院期間が短く、早期社会復帰が見込めることが特徴といえます。

PCIの合併症―手首の出血やあざは問題ない?

PCIで頻度の多い合併症は穿刺部出血で、カテーテルを挿入するために穿刺した部分(手首や太ももなど)から出血することがあります。なお、カテーテルを挿入した部分周辺に紫または赤色のあざができることがありますが、これは内出血によるもので、腫れがみられなければ数週間で消滅するので心配いりません。

穿刺部出血以外に想定される合併症としては、ステント血栓症、ステント血栓症に伴う心筋梗塞、冠動脈穿孔(冠動脈に穴があく)、不整脈、造影剤腎症などが挙げられます。特に冠動脈穿孔は重篤な合併症で、重症化すると出血が止まらずにショック状態となり、緊急手術が必要になる場合もありますが、PCIの経験をしっかりと積んでいる医師のもとで治療を受ければ、冠動脈穿孔が起こることはほとんどありません。

PCI後に狭心症の再発を防ぐためには?

日常生活での注意点

狭心症に対するPCIの最大の特徴は、やはり侵襲性が低いことだと考えます。一方で、PCI後に合併症や再狭窄が起こる可能性も否定できません。これを防ぐために、PCIを行った後は、再び動脈硬化にならないための工夫をすることが大事です。

具体的に考えられる対策として、まずは医師に処方される抗血小板薬をしっかりと飲んでいただくことが何よりも大切になります*。症状が出なくなったからと、自己判断で服薬を中止・中断すると血栓ができるリスクが高まり、非常に危険です。

高血圧や、糖尿病、高コレステロール血症、肥満などの生活習慣病をお持ちの方は、これらが悪化しないように、日常生活での食事や運動に意識を向けることも大事です。

食事に関して、基本的に制限は設けていませんが、糖質や脂質の多く含まれる食事を過度に摂取することは控え、健康的な食生活を心がけてください。運動は、体に大きな負荷のかからない1日30分程度のウォーキングなどが効果的です。また、喫煙している場合は禁煙が必要です。

通常は、術後6~12か月は2種類、それ以降は1種類の抗血小板薬を飲み続けます。

再発予防のための定期受診・検査

再発の有無を確認するために、PCIから1年後を目安に外来を受診していただきます。このとき胸痛などの症状が出現していないかを診察にて確認すると共に、冠動脈CT撮影で心臓の状態を検査します。

狭心症における検診の重要性

心臓ドックは狭心症など心疾患の早期診断に役立つ

狭心症を放置すると、心筋梗塞などの命にかかわる病気につながる恐れがあります。ですから、症状が出ていない段階から検査を受けて早期発見・早期治療を行い、心筋梗塞への移行や合併症の発症を防ぐことが大事です。

心臓の状態をくまなく調べ、狭心症などの心疾患を早期発見するために近年多くの施設が導入してきているのが心臓ドックです。総合東京病院でも2017年8月より、心臓ドックの受付を開始しました。

当院の心臓ドックでは、冠動脈CT(心臓CT)*、心電図、心臓超音波検査、ABI(動脈硬化検査)、血液検査などを行い、血管や心臓の状態を精密に調べることができます。特に冠動脈CTは狭心症と診断された患者さんにも受けていただく検査で、早期発見に役立つ検査内容と考えられます。

一般的に、喫煙者の方、家族歴のある方、飲酒量の多い方、高血圧・高脂血症・高血糖のいずれかに当てはまる方、不規則な生活をしている方は、狭心症や心疾患の発症リスクが高まるとされています。40歳以上で先に該当する場合、一度心臓ドックを受診することを推奨します。

※心臓CTを実施しないコースもあります。

総合東京病院の心臓ドックの内容(時間、料金、内容)

【プレミアム】

所要時間:3〜4時間

費用:50,000円(税込)

検査内容:心臓CT、12誘導心電図、心臓超音波検査、ABI(動脈硬化検査)、血液検査

【簡易コース】

所要時間:1時間

費用:18,000円(税込)

検査内容:12誘導心電図、心臓超音波検査、ABI(動脈硬化検査)

※両コースとも脳ドック(頭部MRI/MRA検査)を追加可能。追加した場合の費用は上記金額と異なる

※検査結果は約2週間後、循環器内科医より直接ご説明

※2019年2月時点では、2019年秋の増税後の料金変更の予定はありません。

PCIにかける村松俊哉先生の思い

高い技術と多くの経験を持ってあらゆる患者さんに応えたい

PCIをはじめとしたカテーテル治療や手術を行う医師に、最終的に患者さんが求めるものは、技術です。知識や人間性ももちろん大事ですが、技術が高くなければ患者さんを治すことはできません。

私はこれまで、数ある治療の中でも特にPCIに力を注いできました。PCIの高い技術の習得を目指して、渡航して難治性の症例を勉強したり、積極的にPCIの現場に参加したりと、数々の経験を積みました。時として予想外の状況に直面し、満足いかない結果に終わったこともありましたが、次に同じ状況が起こったときはよりよい結果を目指そうと、気持ちを切り替えてカテーテルに向き合いました。

PCIはいつどのようなことが起こるかわかりません。ですから、突然の事態にも対応できるように、たくさんの症例を経験することが重要だと考えます。経験を積むことで、難しい症例やリスクの高い症例のPCIでも、次にどのようなことが起こるかわかるようになってきます。仮に治療中にアクシデントが起こりそうなときでも、それが予測できれば、アクシデントが発生する前に対処できます。

こうすることで、より多くの患者さんを助けることができるのではないかと考えています。

PCIを多くの施設で安全に受けられるために

最近では、PCIのライブデモンストレーションを定期的に開催し、日本の若手医師や海外の先生方に、これまで培ってきた自分のPCIの技術を伝えています。

ライブデモンストレーションでは、カテーテル治療室と大部屋を中継でつなぎ、私の行うPCIの様子を生でみながら、マイクを通じてその治療に関するディスカッションをしていただきます。ライブデモンストレーション終了後、直接質問に来てくださる方も多いです。このライブデモンストレーションで行ったことが、何かひとつでも参加者の方々の技術向上に役立ち、ひいてはPCIを必要とする患者さんへの貢献につながれば嬉しいです。