疾患啓発(スポンサード)

虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞)とは?−その症状や治療選択について

虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞)とは?−その症状や治療選択について
羽生 道弥 先生

公益財団法人田附興風会 医学研究所北野病院 心臓センター長 心臓血管外科主任部長

羽生 道弥 先生

猪子 森明 先生

公益財団法人田附興風会 医学研究所北野病院 心臓センター循環器内科主任部長

猪子 森明 先生

山地 雄平 先生

公益財団法人田附興風会 医学研究所北野病院 心臓センター循環器内科 副部長

山地 雄平 先生

上坂 建太 さん

公益財団法人田附興風会 医学研究所北野病院 リハビリテーション科 係長

上坂 建太 さん

目次
項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

虚血性心疾患とは、動脈硬化などを原因として、冠動脈(心臓の筋肉に酸素や栄養を送り込む血管)が狭くなったり閉塞したりして心筋に血液が行き届かなくなり、さまざまな症状を引き起こす病気の総称です。虚血性心疾患には、「狭心症」や「心筋梗塞」が含まれます。虚血性心疾患の症状や治療選択について、北野病院の羽生道弥先生、猪子森明先生、山地雄平先生、上坂建太様にお話を伺いました。

虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞)とは?

動脈硬化などによって冠動脈が狭窄/閉塞して起こる病気の総称

虚血性心疾患とは、心臓の筋肉(心筋)に酸素や栄養を供給している冠動脈という血管が動脈硬化などの原因によって狭くなったり閉塞したりして心筋に血液が行き届かなくなり、さまざまな症状を引き起こす病気の総称です。

動脈硬化は、以下の図のように、コレステロールや増殖した細胞が血管の内壁に蓄積し、隆起した病変(プラークといいます)を形成することで起こります。高血圧、高コレステロール血症をはじめとした脂質異常、喫煙、糖尿病、肥満などがあると、冠動脈の動脈硬化が進行しやすいといわれています。

動脈硬化の過程(プラークの形成)

虚血性心疾患の中には「狭心症」や「心筋梗塞」がある

「狭心症」とは

狭心症」は、冠動脈が狭くなり心筋に必要な血液が十分に供給されなくなることで起こります。

主な症状は小走りや階段をのぼるといった運動時の胸の痛みですが、肩や歯、みぞおちが痛んだり、喉が詰まる感じや、息切れを感じることもあります。安静にしていると、数分から15分ほどで症状が落ち着きます。このような症状を自覚する場合、特に発作の頻度が増えた場合は早期に病院を受診することをおすすめします。

糖尿病があると痛みを自覚しないことがありますので、糖尿病の方は定期的な検査を受けることをおすすめします。狭心症の治療法には、薬物治療、カテーテル治療、外科治療である冠動脈バイパス術があります。

なお、狭心症のなかには、運動とは関係なく夜間から早朝の安静時に冠動脈が痙攣(けいれん)により狭くなり胸痛発作を起こす「冠攣縮(かんれんしゅく)性狭心症」もあります。治療法は薬物治療が中心になります。

「心筋梗塞」とは

心筋梗塞」とは、さらに動脈硬化が進み、冠動脈が完全に閉塞した場合に起こります。酸素の供給が途絶え心臓の筋肉が障害を受けて(壊死といいます)動かなくなります。主な症状は左胸の、非常に強い圧迫感や激しい痛みです。人によっては肩や背中、首などに痛みを感じることもあります。冷や汗や吐き気をともなうことも少なくありません。運動時だけでなく、安静時でも心筋梗塞は起こります。

15分以上症状が持続する場合は、心筋梗塞を疑いすぐに救急車を呼んで下さい。速やかに治療しないと、最悪の場合命にかかわります。治療法はカテーテル治療です。カテーテル治療が困難な場合には、冠動脈バイパス術を行います。

心筋梗塞には、前述のように狭心症が重症化して起こるケース以外に、狭窄が軽く狭心症の症状がなくても、突然プラークが破裂して起こるケースがあります。これを「急性冠症候群」といいます。治療法は「心筋梗塞」と同じです。

虚血性心疾患に対する早期治療の重要性

先にもお話ししましたが、心筋梗塞では、心筋に血液が行き届かずその部分が壊死してしまいます。治療が遅れて壊死の範囲が大きくなると心臓のポンプ機能が低下し、命にかかわる状態に陥ります。1分1秒を争う緊急の治療が必要です。躊躇することなく救急車を呼ぶことが大切です。

狭心症であっても、胸痛発作の頻度が増えてきたり、持続時間が長くなってきたりした場合は心筋梗塞の前兆の可能性がありますので、すみやかに病院を受診しましょう。

また、動脈硬化はいくつかの冠動脈に起こることがあり、それらが進行すると重症化し、予後を悪化させることがわかっています。そのため、虚血性心疾患はできるだけ早期に診断し、適切な治療を行うことが大切です。

虚血性心疾患に対する予防の重要性

狭心症や心筋梗塞の主たる原因は動脈硬化です。カテーテル治療や冠動脈バイパス術を受けても、動脈硬化を予防しないと症状が再発します。

再発予防のために、動脈硬化の危険因子である高血圧、脂質異常、喫煙、糖尿病、肥満の治療、すなわち、医師の指導に従って薬物治療、運動、食生活の改善、禁煙を続けることがとても大切です。

虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞)の治療における基本方針

北野病院 先生

冠動脈の状態や患者さんの体力・年齢などを考慮して方針を検討する

虚血性心疾患の治療には、薬物療法、カテーテル治療、冠動脈バイパス術があります。

内科と外科がカンファレンスを行い、冠動脈の狭窄の状態や患者さんの体力・年齢などを考慮して、個々の患者さんに応じた治療方針を検討します。

基本的には、まずは侵襲性が低い(身体的な負担が少ない)カテーテル治療を第一選択として検討します。しかし、3枝病変*などの複雑で重症な病変がある場合、糖尿病などの併存症がある場合には、カテーテル治療よりも冠動脈バイパス術が適しています。

カテーテル治療や冠動脈バイパス術を行う場合には、血管の形態だけをみるのではなく、FFR(冠血流予備量比)を測定し、血流機能の評価を行ったうえで、治療を行うのかを検討します。FFRとは、狭窄がない理想的な血管であった場合の何%の血流の供給能力があるかを示す数値です。

3枝病変・・・冠動脈の主要3枝(左前下行枝、回旋枝、右冠動脈)の病変数により、1枝病変、2枝病変、3枝病変と呼ばれる。左冠動脈と回旋枝の起始部は1本の幹になっていて左主幹部といい、その病変を左主幹部病変と呼ぶ。一般的には、病変枝数が多いほど、重症で予後が悪いといわれている。