疾患啓発(スポンサード)

僧帽弁閉鎖不全症の症状や原因とは?

僧帽弁閉鎖不全症の症状や原因とは?
上尾中央総合病院 心臓血管センター センター長 手取屋 岳夫 先生

上尾中央総合病院 心臓血管センター センター長

手取屋 岳夫 先生

目次
項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

僧帽弁閉鎖不全症(そうぼうべんへいさふぜんしょう)とは、心臓の中の逆流防止弁のひとつである僧帽弁が正常に閉まらなくなる病気です。進行するまで無症状なことも多い僧帽弁閉鎖不全症は、どのように発見されることが多いのでしょうか。また、早期発見のためにできることはあるのでしょうか。

今回は、上尾中央総合病院の手取屋 岳夫先生に、僧帽弁閉鎖不全症の症状や原因についてお話しいただきました。

僧帽弁閉鎖不全症とは?

弁が正常に機能しなくなる弁膜症のひとつ

心臓は、4つの部屋(右心房、右心室、左心房、左心室)に分かれており、それぞれの部屋には、血液の逆流を防ぐドアのような役割を果たす「弁」と呼ばれる組織があります。弁膜症とは、弁が正常に機能しなくなることで起こる病気の総称です。

僧帽弁閉鎖不全症は、このような弁膜症のひとつで、僧帽弁と呼ばれる弁がしっかりと閉まらなくなることによって起こります。

僧帽弁が閉まらないために血液の逆流が起こる

僧帽弁とは、肺から戻る血液が入る左心房と、全身へ血液を送り出す左心室の間にある弁を指します。僧帽弁がしっかりと閉まらなくなると、いったん左心房から左心室に送り出した全身に送り出されるべき血液の一部が、左心房に逆流して心臓に負担がかかります。

症状の進行と共に息切れや不整脈などの症状が現れるようになります。

僧帽弁閉鎖不全症

幅広い年代の男女が発症する可能性がある

僧帽弁閉鎖不全症の発症に明らかな男女差や発症しやすい年代は認められていません。幅広い年代の男女が発症する可能性のある病気です。

僧帽弁閉鎖不全症の原因

僧帽弁閉鎖不全症は、主に変性性僧帽弁閉鎖不全症と機能的僧帽弁閉鎖不全症に分けられます。

変性性僧帽弁閉鎖不全症

変性性僧帽弁閉鎖不全症とは、僧帽弁そのものが傷むことで起こるものを指します。具体的には、僧帽弁の弁尖が変性してしまったり、僧帽弁を支える腱索(けんさく)と呼ばれる組織が切れてしまったりすることで起こります。

変性性僧帽弁閉鎖不全症

ただし、なぜこのように僧帽弁の変性や腱索の断裂が起こるのかははっきりとわかっていません。

機能的僧帽弁閉鎖不全症

機能的僧帽弁閉鎖不全症とは、心筋梗塞や拡張型心筋症*など何らかの病気が原因で左心室が傷み、僧帽弁が閉まらなくなり発症するものを指します。

拡張型心筋症:心臓の心室が広がることで全身へ血液を十分に送りだすことができなくなる病気

僧帽弁閉鎖不全症の症状

無症状のケースも多い

僧帽弁閉鎖不全症は、進行していない段階では症状が現れないことがほとんどです。僧帽弁閉鎖不全症が起こっても、逆流が徐々に進行するような場合は、心臓は自ら大きくなることによって、逆流をコントロールしようとします。

そのため、発症初期の段階では、無症状のままで健康診断などの検査によって偶然発見されることも少なくありません。

進行すると、息切れや不整脈が現れる

病気が進行し逆流の程度が大きくなると、運動など労作時に息切れや不整脈などの症状が現れますが、症状が現れる時期は患者さんによって異なります。

たとえば、僧帽弁を形づくっている腱索(けんさく)が突然切れると、一気に血液の逆流が起こるため、急速に症状が現れます。突然息切れが起こり、立っていることも難しくなるほどの急激な症状が現れることもあります。

一方、徐々に進行する場合には、症状もゆっくりと現れるため、息切れや疲れやすさを感じることがあっても、加齢によるものと思い込み、症状からは病気に気づかないケースも少なくありません。

心房細動と呼ばれる不整脈が脳梗塞へつながることも

僧帽弁閉鎖不全症がある程度進行すると、心房細動*と呼ばれる不整脈を生じることがあります。心房細動になると、動悸や立ちくらみ、全身の倦怠感などが起こります。

心房細動が発見されず治療しないまま経過すると、左心房のなかに血栓(血の塊)が形成されてしまうことがあります。この血栓が何かの拍子に、脳に酸素や栄養を送る動脈に流れ込むと、脳梗塞を引き起こしてしまうことがあります。脳梗塞など重症化を防ぐためには、心房細動を引き起こさないよう早期の治療が大切です。

心房細動:脈が不規則になる不整脈のひとつ

僧帽弁閉鎖不全症はどうやって発見される?

健康診断で発見されることが多い

僧帽弁閉鎖不全症は、健康診断などで偶然発見されることもあります。検査で心臓の拡大や聴診で心臓の雑音が確認され、この病気が診断されることがあります。

たとえば、僧帽弁閉鎖不全症では、特徴的な心臓の雑音が確認されます。聴診によって雑音が確認されることによって心臓の病気が疑われ、循環器などの専門医を受診し、この病気が診断されることがあります。

健康診断で異常が指摘され要検査となった場合には、必ず検査を受けていただきたいと思います。検査を受けることが早期発見につながります。

息切れや疲れやすさが気になるようならば受診を

すでに息切れや不整脈の症状が現れている場合には、病気が進行している可能性があります。

多少の息切れや疲れやすさがあっても「少し頑張れば大丈夫」と思う方もいらっしゃるかもしれません。しかし、放っておくことで病気が進行してから発見されるケースもあります。

これらは、必ずしも僧帽弁閉鎖不全症による症状ではないかもしれませんが、たとえば、1年前と比べて早足で歩いたときや階段の上り下りをしたときにしんどい、疲れやすいと感じるようなことがあれば、受診を検討していただきたいと思います。

僧帽弁閉鎖不全症の検査

検査の基本は心臓超音波検査

検査

僧帽弁閉鎖不全症の検査の基本は、心臓超音波検査です。心臓超音波検査では、心臓に超音波をあてることで、心臓の形やはたらきなどを確認していきます。また、診断後に、病気の経過を確認するときには、血液検査なども行い、心臓に負担がかかっていないかを調べていきます。

上尾中央総合病院の検査の特徴

当院では、より正確に患者さんの病状を把握し、その後の治療方針の参考にするため機械を胸にあてる通常の心臓超音波検査に加えて経食道心臓超音波検査を積極的に行っています。

経食道心臓超音波検査とは、食道の中から心臓の状態を確認する検査です。胃カメラの検査のように、口から先端に超音波発信器がついた管を挿入し、心臓の状態を確認していきます。なお、この経食道心臓超音波検査は外来で行うことが可能です。