疾患啓発(スポンサード)

僧帽弁閉鎖不全症の治療-僧帽弁形成術とは?

僧帽弁閉鎖不全症の治療-僧帽弁形成術とは?
上尾中央総合病院 心臓血管センター センター長 手取屋 岳夫 先生

上尾中央総合病院 心臓血管センター センター長

手取屋 岳夫 先生

目次
項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

僧帽弁閉鎖不全症とは、心臓内の血液の逆流を防ぐために機能する僧帽弁が正常に閉じなくなる病気です。僧帽弁閉鎖不全症の治療の選択肢には、主に薬物治療と手術がありますが、現状では、根治的治療は手術になります。

僧帽弁閉鎖不全症では、主にどのような症例で手術が行われるのでしょうか。今回は、上尾中央総合病院の手取屋 岳夫先生に、僧帽弁閉鎖不全症の治療の選択肢と共に、手術方法や手術の流れについてお話しいただきました。

僧帽弁閉鎖不全症の治療の選択肢

僧帽弁閉鎖不全症の治療の選択肢には、主に薬物治療と手術があります。

薬物治療

僧帽弁閉鎖不全症の患者さんのうち、病気が進行しておらず症状が現れていないような方に対しては、基本的に心臓の負担を減らす薬による治療を行います。

たとえば、血圧が高いために心臓に負担がかかっているようなケースでは、血圧を下げる降圧剤を使用したり脈を整えるような薬を使用したりすることもあります。

薬物治療によって症状をコントロールすることができるような軽症であれば、手術を行わないケースもあります。ただし、薬物治療は症状を和らげることを目的とした治療であり、基本的に根本治療ではないと考えられます。

手術

病気が進行した場合や、根治的治療を目指す場合には、手術が必要になります。手術には、大きく分けて僧帽弁人工弁置換術と僧帽弁形成術があります。

僧帽弁人工弁置換術と僧帽弁形成術

僧帽弁人工弁置換術とは、正常に閉じなくなった僧帽弁を切除し、新たな弁(人工弁)に取り替える手術です。

一方、人工弁ではなく、患者さん自身の弁を修復することで逆流を改善することができる可能性が高ければ、僧帽弁形成術を行います。当院では、僧帽弁形成術を行うときには、ダビンチと呼ばれる手術支援ロボットを用いて、患者さんにとって負担の少ない低侵襲手術を行っています。

手術の様子

僧帽弁閉鎖不全症の手術を行うかどうかはどうやって決定される?

主に心臓の大きさや逆流の程度によって決定されます

僧帽弁閉鎖不全症では、病気の進行によって心臓が肥大しつつあったり、逆流の程度が大きかったりする場合に手術を検討します。特に、心臓の血液の逆流の程度が大きい場合には、肺に悪い影響が及ぶこともあり、なるべく早く手術をしたほうがよい場合もあります。

また、記事1『僧帽弁閉鎖不全症の症状や原因とは?』でお話ししたように、僧帽弁閉鎖不全症が進行すると、心房細動*と呼ばれる不整脈が起こることがあります。心房細動は、治療せずに経過すると、脳梗塞など重症化しやすい病気を引き起こす可能性があるため注意が必要です。そのため、心房細動を起こさないよう早期に手術に踏み切ることもあります。

心房細動:脈が不規則になる不整脈のひとつ

僧帽弁閉鎖不全症の手術を受ける病院を選ぶポイント

病気や治療法についてしっかりと説明してくれる病院を選びましょう

心臓の手術には、少なからずリスクが伴います。そのため、手術の際には、事前にしっかりと病気や治療法について説明してくれる病院を選んでいただきたいと思います。

当院では検査結果を用いて、実際に僧帽弁が閉まらないために血液が逆流しているところを見てもらうなど、病状について詳しく、そしてわかりやすくお伝えするようにしています。

また、症状が強く現れていない場合には、手術の必要性を納得いただくことが難しいケースもあると思います。少しでも病状や治療法について不安なことがある場合には、何回でも聞いてくださいとお伝えしています。

僧帽弁閉鎖不全症の手術の流れ

手術の前にきちんと病気を理解していただく

僧帽弁閉鎖不全症が発見され当院へご紹介いただいた場合、まず病気をきちんと理解していただくようにしています。そして、患者さんの病状やライフスタイルを考慮し、適した手術方法について相談したうえで、手術を行います。

外来で事前検査を行う

手術前の事前検査では、全身の血管の動脈硬化*など全身状態を確認するために、CT検査やMRI検査を行います。さらに、心臓超音波検査を行い、病変を確定します。

当院では、これらの検査のために1〜2回通院していただきます。事前に詳細を調べることで、より正確な手術が可能になります。

動脈硬化:動脈の壁が硬くなり血液がつまりやすくなる状態

術後は2週間程度の入院を

手術が決定したら、手術の前日もしくは前々日に入院していただきます。術後2週間程度の入院が必要です。ただし、術後の状況によって、治療が長びく場合もあります。

術後は、外来で定期的に経過を確認します。手術を行ったからといって、いきなり薬による治療がなくなるわけではありません。経過を確認しながら、徐々に薬を減らしていきます。

術後に再手術を行うケースとは?

当院では、術後は基本的に半年に1回の頻度で受診いただき、経過観察を行っていきます。患者さんの状態にもよりますが、術後、半年〜1年程度でもともとご紹介いただいた地域の先生にご紹介したりすることで、地域のかかりつけ医と連携をとりながら定期的にフォローアップしていくのが一般的です。

しっかりと経過を観察することで、治癒した病変の再発や、新しい病変の出現を早期に発見できる可能性が高まります。その場合には薬によってコントロールを行ったり、まれに再手術が必要となったりすることもあります。