Close banner icon
App icon

メディカルノートアプリ

期間限定 医療相談無料

インストール

男性ホルモンの影響で起こるAGAの原因と脱毛のメカニズム

疾患啓発(スポンサード)

最終更新

2019/05/20

2019 年 05 月 20 日
更新しました
2019 年 05 月 16 日
掲載しました
男性ホルモンの影響で起こるAGAの原因と脱毛のメカニズム
川島 眞 先生

医療法人社団ウェルエイジング・医療法人翠奏会・医療法人リアルエイジ静哉会 総院長 東京女子医科...

川島 眞 先生

目次
項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

日本で「男性型脱毛症」とも呼ばれるAGA(Androgenetic Alopecia)は、男性ホルモンの作用によって起こる脱毛症の一種です。ヘアサイクルの変化によって毛髪が十分に成長できないまま抜け落ちるため、毛髪の量が少なくなったように感じられます。また、AGAでは、頭頂部または額の生え際、あるいはその両方に脱毛がみられるという特徴があります。今回は、AGAではなぜ特徴的な脱毛が起こるのか、AGAの原因は何であるかについてご紹介します。医療法人社団ウェルエイジング・医療法人翠奏会・医療法人リアルエイジ静哉会 総院長の川島眞先生にお話しいただきました。

AGAの症状と特徴―頭頂部と額の生え際が脱毛する

AGA(Androgenetic Alopecia:以下、「AGA」)とは、男性ホルモンであるテストステロンが主な原因となって起こる進行性の脱毛症です。日本では「男性型脱毛症」とも呼ばれ、主に思春期以降の男性が発症します。一般的には20代終盤から30歳にかけて脱毛の兆候が現れます。

AGAの症状は、一般的には頭頂部と額の両生え際が後退していく形で進行します(MO型)。AGAのタイプによっては、頭頂部のみ(O型)または額の生え際のみ(M型)が脱毛するケースもあります。また、側頭部や後頭部などの毛髪は、ほとんど抜けずに残ることもAGAの特徴です(この理由は後で詳しく説明します)。

男性ホルモンは年齢と共に緩やかに減少しますが、ホルモン分泌量の変化には個人差があり、男性ホルモンが分泌されている間はAGAの症状が進行します。

AGAの脱毛の特徴によるタイプ分類
AGAの脱毛の特徴によるタイプ分類

AGAで脱毛が起こるメカニズム―毛髪のミニチュア化とは?

人の体毛には、ヘアサイクルという毛周期があります。一般的に、毛髪には数年間の成長期と約2週間の退行期、約3~4か月の休止期があり、成長期にある髪の毛は太く・長く伸び続けます。成長期が終わって退行期に入ると、毛髪の成長が止まり、毛球(毛包の深い部分にある膨らみ)が退化していきます。毛球が完全に退化して休止期に移行すると脱毛が始まり、再び毛球の成長が始まります。

一連のヘアサイクルが長い期間をかけて回っていれば、基本的に毛髪量が減少することはありません。ところが、AGAでは、ヘアサイクルにおける成長期の期間が短くなってしまいます。ヘアサイクルの成長期が短い場合、本来太く長く伸びるはずだった毛髪が十分に成長しません。これを「毛髪のミニチュア化」といいます。毛髪が細くて短い状態のまま退行期に入って抜けてしまうので、結果的に毛量が少なくみえます。

正常の発毛サイクルとAGAの発毛サイクルの違い
正常の発毛サイクルとAGAの発毛サイクルの違い