疾患啓発(スポンサード)

心臓弁膜症に対するMICS(小切開心臓手術)とは?

心臓弁膜症に対するMICS(小切開心臓手術)とは?
NTT東日本 関東病院 心臓血管外科部長 柴田 講 先生

NTT東日本 関東病院 心臓血管外科部長

柴田 講 先生

目次
項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

近年、心臓弁膜症に対して行う弁置換術や弁形成術において、MICS(小切開心臓手術)が行われ始めています。MICSは従来から行われてきた胸骨正中切開に比べて、患者さんにかかる身体的負担を大幅に軽減するだけでなく、心臓手術に対する「恐怖心」の軽減にもつながります。

今回は、MICSを積極的に実施しておられるNTT東日本 関東病院の心臓血管外科部長である柴田講先生にMICSについてお話を伺いました。

MICSとは?

「胸骨を部分的に切る」または「胸骨をまったく切らない」心臓手術

MICS(Minimally Invasive Cardiac Surgery:小切開心臓手術)は、小さな傷で行う心臓手術を指します。

従来から心臓手術は、胸の中央にある胸骨という板状の骨を全長に切開して行う「胸骨正中切開」という方法で行われてきました。しかし胸骨正中切開では、切った胸骨がくっつくまでの数か月間は運動制限があったり、傷の痛みが残りやすかったりする問題点があります。また胸を大きく切開するため、喉元からみぞおちにかけて大きな傷が残ってしまいます。

そこで、胸骨正中切開で行う心臓手術のクオリティは維持したまま、患者さんにかかる身体的負担をできるだけ軽減するために、MICSが登場しました。

MICSには具体的に以下の2つの方法があります。

  • 胸骨部分切開:胸骨を部分的に切る
  • 右小開胸:胸骨をまったく切らない

当院でも、症例によっていずれかの方法を選択しMICSを行っていますが、特に最近では、右小開胸によるMICS を積極的に行っています。右小開胸は胸骨をまったく切らずに行うため、上半身の骨格に影響を与えません。これによって、術後の痛みが少なくて済み、術後早期から体を動かすことが可能です。

肋骨

右小開胸のMICSが適応とならない症例

MICSで行う心臓弁膜症手術では、患者さんの心臓を一時的に止めて行うため、心臓の代わりとなる「人工心肺」という体外循環装置を運転する必要があります。

右小開胸のMICSでは、人工心肺を足の付け根にある大腿(だいたい)動脈から取り付ける必要があります。しかし、大腿動脈から心臓に向かう途中にある腸骨動脈などが、動脈硬化によって狭くなっていたりする場合には、人工心肺の取り付けが困難です。そのため、このような場合には右小開胸のMICSを行うことはできず、胸骨部分切開のMICSを選択します。

そのほか、右肺に重度な肺気腫や縦隔炎の既往がある場合、右の開胸手術歴がある場合にも右小開胸のMICSは適応となりません。

心臓弁膜症に対するMICS

心臓

MICSで手術ができる疾患はいくつかあり、そのうちのひとつが「心臓弁膜症」です。

心臓弁膜症とは、心臓の弁(上図参照)がうまく閉じなくなったり、開かなくなったりする病気の総称です。うまく閉じなくなることを「閉鎖不全症」、開かなくなることを「狭窄症」といいます。

これに対して、壊れた弁を人工弁に取り替える「弁置換術」、または弁やその周囲を整える「弁形成術」を行います。

当院では主に、僧帽弁や大動脈弁の弁膜症に対して、MICSで弁置換術・弁形成術を行っています。またそれだけでなく、連合弁膜症の同時手術(たとえば僧帽弁形成術と三尖弁形成術の同時手術)をMICSで行っていることは当院の大きな特徴です。

そのほか、心房細動を合併している患者さんに対して行う不整脈手術(メイズ手術)と心臓弁膜症の同時手術もMICSで行っています。

*連合弁膜症…同時に複数の弁に機能不全が生じている状態

*心房細動…心房が無秩序かつ高頻度に震える病気

MICSのメリット

MICSで手術を行うことのメリットとしては、主に以下のようなものが挙げられます。

術後の痛みが少なく、QOLやADLの改善が期待できる

冒頭でもお話ししましたが、従来から行われている胸骨正中切開では胸骨を大きく切開して手術を行うのに対し、MICSでは胸骨をまったく切らない、あるいは小さな切開で手術を行います。そのため、胸骨正中切開に比べて術後の痛みを大幅に軽減することが可能です。術後早期から体を動かすことが可能なため、患者さんのQOL(生活の質)向上につながるといえます。

また高齢の患者さんの場合、術後の長期安静が続くことによって、ADLが低下してしまう恐れがあります。術後の安静期間が短く、早期から体を動かすことができる点は、高齢の患者さんにとって大きなメリットとなるでしょう。

*ADL…食事やトイレ、入浴や移動などの日常生活上での動作

傷が小さく、整容性に優れている

MICSは小さな切開で手術を行うことができるため、術後に残る傷跡が小さくて済むことも大きなメリットといえます。特に、乳房の下を切開して行う右小開胸で行うMICSは、傷跡がより目立ちにくいです。

傷が小さくて目立ちにくいということは、手術への恐怖を軽減することにもつながると考えます。

出血量が少ない

MICSは胸骨正中切開に比べて、出血量が少ないことも大きなメリットです。そのため、術中・術後の輸血量を大きく減らすことが可能です。

MICSのデメリット

胸骨正中切開に比べて手術時間が長くなる

一方MICSのデメリットとしては、胸骨正中切開に比べて手術時間が長くなることが挙げられます。MICSは、限られた操作スペースのなかで、患者さんの術後の状態に悪影響が出ないよう、よりいっそう細心の注意を払いながら手術を行う必要があります。これによって、結果的に手術時間が長くなります。

柴田講先生からのメッセージ

柴田先生

心臓手術に対する「怖い」というイメージを払拭したい

心臓手術に対して、「怖い」というイメージを抱いている方は多くいらっしゃいます。そして恐怖心から、手術のタイミングを先延ばしにしてしまい、本来のタイミングを逃してしまう患者さんは少なくありません。そのうえ、心臓疾患は重症化するまで症状が出づらいため、手術がますます先延ばしにされてしまいがちです。

患者さんが適切なタイミングで手術を受けられるよう、心臓手術に対するイメージを払拭することが重要です。小さく目立たない傷で手術ができるMICSは、この点において非常に有効な手段であるといえます。

当院では、患者さんが心臓手術に対して過剰な不安を抱くことのないよう、MICSをはじめとした低侵襲心臓手術に積極的に取り組んでいます。今後も患者さんの心身の負担を軽減できるような手術治療を提供していきたいと考えています。