ニュース(スポンサード)

患者さん第一主義を貫くために-東北医科薬科大学病院 総合診療科の特徴と取り組み

患者さん第一主義を貫くために-東北医科薬科大学病院 総合診療科の特徴と取り組み
古川 勝敏 先生

東北医科薬科大学病院 総合診療科 科長・認知症疾患医療センター センター長・福祉部 部長(認知...

古川 勝敏 先生

目次
項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

あらゆる患者さんを診療する総合診療医。高齢化が進行する近年では、総合診療医の存在がますます重視されてきています。

東北医科薬科大学病院 総合診療科のスタッフは、「患者さん第一」の姿勢を大切にしながら日々の診療にあたっています。同診療科の診療科長は「とにかく患者さんが好き」と語る古川勝敏先生です。今回は、東北医科薬科大学病院 総合診療科の古川勝敏先生に、同診療科の特徴や取り組み、求める人材についてお伺いしました。

総合診療医の役割

あらゆる病気に対応する役割を担う

総合診療医は、あらゆる病気や症状に対応する役割を担っています。病気や症状のみならず、診療する患者さんの年齢や性別も問いません。

そのため、総合診療医は、都市部や地方など地域を問わず働くことが可能です。病院の中でも、外来や病棟、救急やICUなど、さまざまな部門で働くことができます。

東北医科薬科大学病院の救急車
東北医科薬科大学病院の救急車

今なぜ総合診療医が必要なのか?

医師の専門化が進むなか、今なぜ総合診療医が必要とされているのでしょうか。さまざまな意見があると思いますが、私は主に2つの背景があると考えています。

ひとつめは、地域間の医療サービスの格差です。たとえば、都市部と比べて地方に専門医がそろっているケースは少ないでしょう。このように、医師が少ない地域で必要な医療サービスを提供するためには、あらゆる病気をみることができる総合診療医が重要な役割を果たします

ふたつめは、高齢化と共に複数の病気をもつ患者さんが増えてきたことです。それぞれの病気の専門の医師を受診していたら膨大な時間や手間がかかってしまい、診療のスピードが遅くなってしまいます。総合診療医のように、ひとりの医師が総合的に患者さんを診ることができれば、より迅速に治療を行うことが可能になります。

古川勝敏先生が考える総合診療医のやりがい

患者さんの人生全体に関わることができる

私は「全人的に患者さんを診る医師になりたい」という思いで総合診療医の道に進みました。「病をみるな、人をみよ」という言葉のように、何かひとつの病気を治すだけではなく、患者さんの人生全体に関わりたいという思いで、総合診療医を選んだのです。もちろん、その人のすべてを治すことはできないかもしれませんが、患者さんの人生を少しでもよい方向に向かわせてあげられるよう、日々の診療に取り組んでいます。

東北医科薬科大学病院 総合診療科の特徴

「患者さん第一」できる限り依頼を断らない

当診療科のスタッフは皆、常に「患者さん第一」の姿勢で診療にあたっています。たとえば、患者さんの治療方針を決定するときに、私たち医師でも迷うことがあります。そのようなときでも、「患者さんにとってもっともよい選択は何か」と考え、最善と思われる治療を選択するよう努めています。このような姿勢を貫くためには、患者さんのことをよく知る必要があります。そのため、当診療科のスタッフは、患者さんと一緒にいる時間をたくさんとるよう努めています。

また、当診療科には、当院の他の診療科や他院、救急車からの依頼が多数あります。できる限りこれらの依頼を断らず、受け入れるよう心がけています。

パイオニア精神をもつ医師がそろっている

当診療科には、総合診療医として地域医療に従事することが好きな医師が集まっています。

また、当院は新設の医学部に附属した病院であり、道をつくっている途中といえるでしょう。だからでしょうか。「新しいことにチャレンジしたい」というパイオニア精神をもつ医師がそろっていると思います。

女性も活躍できる土壌がある

当診療科のスタッフのバックグラウンドはさまざまです。出身大学や専門分野など、それぞれ異なるバックグラウンドをもっていますが、家庭的な雰囲気のなかで円滑にコミュニケーションがとれている点も特徴のひとつでしょう。院内でも「総合診療科にはよいスタッフが多い」と評判になるほど、人間関係でストレスを感じることはないと思います。

また、当診療科では、3名の女性医師が活躍しています(2019年6月時点)。なかには、妊娠や出産、育児などと両立しながら働く者もいますが、診療科全体で彼女たちをサポートする体制を築いています。女性医師で妊娠・出産を希望する方や、育児中の方であっても、安心して入職いただきたいと思います。

地域の方を対象とした講演会
地域の方を対象とした講演会

東北医科薬科大学病院 総合診療科の取り組み

被災地の医療にも力を注いでいる

当診療科は、2011年に起こった東日本大震災の被災地の医療にも積極的に取り組んでいます。被災地の医療に携わることを希望される方がいらっしゃいましたら、ぜひ当診療科への入職をご検討いただきたいと思います。特に、被災地のひとつである石巻市との関わりは深く、現在でも定期的に石巻市で高齢者を対象に健康調査を継続しています(2019年6月時点)。

また、当院は地域医療教育サテライトセンターを設け、石巻地域や登米地域など県内でも医師が少ない地域の診療に取り組んでいます。このサテライトセンターには、当診療科の常勤の医師が在籍し、地域医療について研究したり教育したりといった活動を行っています。

サテライトセンターと研修医の交流会の様子
サテライトセンターと研修医の交流会の様子

診療とともに研究活動にも従事

当診療科の医師の中には、診療と共に研究に従事する者もいます。具体的には、24時間血圧計や森林療法などの研究を行っている者がいます。

当診療科では、どのような研究であっても、研究費の支援などできる限りサポートするような体制を築いています。診療と共に研究にも従事したいという方にとっても、適した環境といえるでしょう。

東北医科薬科大学病院 総合診療科が求める人材

「人が好き」な医師と共に働きたい

当診療科が大切にしている「患者さん第一主義」の姿勢を貫くためには、何よりもまず人が好きであることが重要です。患者さんと積極的に関わり、患者さんをよく知っていただくことが、診療の第一歩になると考えているからです。

入職時に特別なスキルは必要ありません。「人が好き」という気持ちをもち、総合診療に従事したいと希望する方であれば、どんな方でも歓迎します。

古川勝敏先生からのメッセージ

診療科の大切な一員として、できる限りのサポートをする

私からのメッセージは“Please join us, we will never disappoint you.”です。入職してくださった際には、皆さんを失望させるようなことはありません。

古川勝敏先生が手書きで書いてくれたメッセージ
古川勝敏先生が手書きで書いてくれたメッセージ

私は総合診療医に大きなやりがいを感じています。今でも、「患者さんがいるから病院へ行こう」と思うことがあるくらい、患者さんのことが好きなのです。日々、患者さんに助けられ、支えられていると感じます。同じように、入職してくださる方々がやりがいをもって総合診療に従事することができるよう、できる限りのサポートをさせていただきます。

私のモットーは「来る者拒まず、去る者は追う」です。入職してくださる方を、私たちの診療科の大切な一員としてお迎えします。共に地域の患者さんのために働きましょう。