ニュース(スポンサード)

リスクを知ってがんを予防する─岡山大学病院における遺伝カウンセリング

リスクを知ってがんを予防する─岡山大学病院における遺伝カウンセリング
平沢 晃 先生

岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 病態制御科学専攻 腫瘍制御学講座 (臨床遺伝子医療学分野) 教授

平沢 晃 先生

目次
項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

岡山大学病院は、がんの診断から治療まで、安心してゲノム医療を受けられる体制の整備に努めている病院です。同院の遺伝カウンセリング外来は、遺伝性腫瘍に関する疑問や悩みに対する遺伝カウンセリングやがんのリスクを知ることができる遺伝学的検査などを行っています。

今回は、岡山大学病院の遺伝カウンセリングや遺伝学的検査について、岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 臨床遺伝子医療学教授 平沢晃先生に伺いました。

岡山大学病院における遺伝カウンセリング

岡山大学病院は、遺伝性のがんをはじめとした、遺伝性の病気に関する疑問や悩みに対する遺伝カウンセリングを実施しています。

遺伝カウンセリングの流れ

  • 疑問や悩みの相談
  • 家族歴の聴取、がん発症リスクの確認
  • 適切な情報提供
  • 意思決定の支援
  • 意思決定をした患者さんに対する遺伝学的検査
  • 遺伝学的検査の結果に応じた今後の対策

遺伝カウンセリングを行ったあと、患者さんのご希望に応じて遺伝学的検査を行います。遺伝学検査の結果、陽性の判定が出た場合は、がんのリスクがある方をフォローアップしていく「サーベイランス」を行います。また遺伝学的検査では、抗がん薬の感受性予測に使用されることもあります。

がんのサーベイランスについて

遺伝性のがんの可能性があることが分かった方に対しては、がんの対策として具体的な予防の方法についてお話ししています。遺伝子の情報が分かるということは、予防のプログラムをつくることができるということです。漠然とした検査ではなく、プログラムに基づいたマネジメントが可能です。

たとえばBRCA1またはBRCA2という遺伝子の病的バリアントを生まれもち、さまざまながんを発症しやすくなる病態である、遺伝性乳がん卵巣がん症候群(Hereditary Breast and/or Ovarian Cancer:HBOC syndrome、以下「HBOC」)の方の生活設計についても、病院でサポートしながらみていきます。安心してご相談いただけたらと思います(HBOCについて詳しくは、記事1をご覧ください)。

遺伝カウンセリングの対象者 

遺伝性腫瘍スクリーニングのきっかけとなるのは、本来は身近な医師によるプライマリ・ケアだと考えています。すでに遺伝学的検査を受けた方は、当院を受診する際、結果をご持参ください。ご家族の検査結果がある場合は、その結果と同じ場所に遺伝子の異常があるかどうかを調べることもできます。

患者さんのなかには、遺伝性腫瘍のことを不安に思われて、紹介状を持参せずに受診することを希望される方もいらっしゃいます。当外来は、患者さんが適切な検査を受ける機会を逃すことのないよう、紹介状をお持ちではなくてもご予約を受け付けています。気になることがあれば、まずはお電話いただければと思います。

【遺伝カウンセリング 予約についての問い合わせはこちら】

TEL:086-235-7205

血縁者との情報共有の重要性について

自分の遺伝情報を知ることは、ご自身だけでなく血縁者の方にもメリットがあります。

患者さんのなかには、「自分よりも子どものことが心配」とおっしゃる方がいますが、がんになりやすい年齢に応じて考えると、親やきょうだいと情報を共有することが大切な場合もあります。遺伝情報は、患者さんご自身の情報であるとともに、血縁者で共有すべき情報でもあると考えています。遺伝情報をきちんと知ることで、安心してがん予防を受けられる医療体制を、血縁者のなかでつくることが大切です。

遺伝カウンセリングの料金について

遺伝性腫瘍に関する遺伝カウンセリングは原則として保険未収載です。料金は病院によって異なり、一般的には3千〜1万3千円程度です。当院における遺伝カウンセリング料金は原則として次の通りです(2019年11月時点)。

  • 初回:税込7,150円(院内紹介の場合は税込3,575円)
  • 2回目以降:税込3,575円

平沢晃先生からのメッセージ

岡山大学病院 臨床遺伝子診療科のメンバー

岡山大学病院 臨床遺伝子診療科のメンバー

医師、看護師、認定遺伝カウンセラー、バイオインフォマティシャンなどの多職種からなる。岡山大学鹿田写真部撮影協力

さまざまながんを発症しやすくなる病態であるHBOCの方は、「リスクを知ってがんを予防する」ということが何より重要です。きちんと診断を受けて、遺伝子の情報からご自身の発症リスクを知ることで、予防することが期待できるからです。さらに、血縁者に遺伝子の情報を共有することで、親やきょうだいをはじめとした血縁者のがんの予防につなげられる可能性もあります。血縁者全体のがんの予防につなげていくことが大切だと考えています。