疾患啓発(スポンサード)

肺がんは完治する?進行性肺がんの薬物治療・予後を解説

肺がんは完治する?進行性肺がんの薬物治療・予後を解説
磯部 宏 先生

国家公務員共済組合連合会 KKR札幌医療センター 病院長

磯部 宏 先生

目次
項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

肺がんは自覚症状があらわれにくく、がん細胞の種類によっては進行が早いがんとして知られており、診断がついたときには比較的進行しているケースもあります。

進行した状態で診断され、根治を目指す治療が難しいとされる進行性肺がんであった場合、完治できるかどうかという点は患者さんにとって非常に重要な点となってくるでしょう。進行性肺がんの治療や予後(治療後の経過)はどういったものなのでしょうか。また、近年登場してきた薬によって、進行性肺がんの予後にどのような影響が生じるのでしょうか。KKR札幌医療センター病院長であり、「北海道肺がん患者と家族の会」のアドバイザーを務められている磯部宏先生にお話を伺いました。

「進行性肺がん」とは?

肺がん

肺がんがどれほど進行しているかは「病期(ステージ)」によって表されます。

病期はⅠ期~Ⅳ期まであり、各病期はⅢA期、ⅢB期、ⅢC期とさらに細分化されます。この病期分類は、以下の要素によって決められています。

1)肺がんの原発巣の大きさや周囲の組織との関係

2)肺門や縦隔リンパ節(左右肺と胸椎、胸骨に囲まれた部分にあるリンパ節)転移の程度

3)肺内の転移や胸水の程度、ほかの臓器への転移

また、「肺癌取扱規約」によって定められる病期分類は、治療法や治療成績をもとに数年ごとに改訂されています。非常に細かい分類ですので一部例外はありますが、病期分類の概略を説明しますと、Ⅰ期は肺の中だけに留まっている病状、Ⅱ期は肺門のリンパ節まで転移の見られる病状です。Ⅲ期は縦隔リンパ節転移や、周辺組織への浸潤が見られる病状で、Ⅳ期はがん性胸水や遠隔転移がみられる病状です。遠隔転移がみられれば、がんの大きさにかかわらずⅣ期と診断され、進行性の肺がんと呼ばれます。

患者さんの全身状態などにもよりますが、非小細胞肺がんの場合、まず考える治療方法は、Ⅰ期、Ⅱ期では手術療法、Ⅲ期では放射線治療と抗がん剤の併用療法、そしてⅣ期では全身療法である抗がん剤治療になります。

進行性肺がんに対する治療の目的と選択肢

進行性はいがん

進行性肺がんの治療目的は「元気な期間の延長」と「症状緩和」

Ⅳ期の肺がんは全身への転移がみられるため、手術による根治は難しく、全身療法である抗がん剤治療の対象になります。しかし、抗がん剤治療のみでは完全治癒は困難な状態といえます。

そのため、Ⅳ期の肺がん患者さんに対する治療の目的は、完全治癒ではなく「元気な期間の延長」や「症状の緩和」です。

進行性肺がんの治療選択肢

進行性肺がんに対して行われる治療としては下記のようなものがあります。

【薬物治療】

  • (細胞障害性)抗がん剤
  • 分子標的治療薬
  • 免疫チェックポイント阻害剤

【その他の治療】

  • がんに伴う苦痛を和らげる治療

抗がん剤の使用は「元気な期間の延長」や「生活の質の向上」に寄与する

細胞障害性抗がん剤(以下、「抗がん剤」)の使用が始まった初期の頃は、進行性肺がんへの使用は推奨されていませんでした。腫瘍の縮小はあるものの、それが長期生存に結びついているのか疑問視されていたからです。しかし、その後の抗がん剤の開発や投与方法の工夫、あるいは副作用に対する薬剤の開発により、抗がん剤を使用することで進行性肺がん患者さんの元気な期間の延長や生活の質の向上が見られるようになってきました。現在では患者さんの年齢や全身状態にもよりますが、進行性肺がん患者さんにも抗がん剤治療がすすめられます。ただし、種々の副作用が存在すること、また効果や副作用の程度が事前に予測できないことも事実です。

分子標的治療薬や免疫チェックポイント阻害剤の登場で期待されることとは?

また、近年では、分子標的治療薬や免疫チェックポイント阻害剤といった薬が数多く登場しています。

分子標的治療薬はがん細胞の増殖や転移の研究から生まれた薬剤で、がん細胞にあるタンパク質や遺伝子をターゲットとしている薬剤です。がん細胞にこのターゲットが存在するかどうか、事前にがん細胞の遺伝子検査が必要になってきます。ターゲットが存在する肺がん患者さんにはとても有効ですが、耐性(だんだん効かなくなってくる)といった問題もあります。

免疫チェックポイント阻害剤は、免疫細胞ががん細胞を攻撃するメカニズムに注目して開発された薬剤です。免疫チェックポイント阻害剤は、免疫細胞のはたらきを活発にさせ、がん細胞への攻撃を促進させます。したがってこの薬剤は、直接がん細胞を攻撃するのではなく、免疫細胞を活発化して、免疫細胞にがん細胞の攻撃を行わせる仕組みです。ただし、どのような患者さんに有効であるかは現在研究中です(2019年9月時点)。また、免疫細胞が活発化するため、がん細胞だけでなく、自分の細胞を攻撃してしまう、いわゆる自己免疫疾患のような副作用が現れるリスクも考えられています。

このように、近年では肺がんの治療薬が数多く登場しましたが、それぞれどのような患者さんに使用していくか、抗がん剤とどう組み合わせていくか、同時に使うか別々の時期に使うか、未知の副作用が出ないかなど、2019年現在ではまだ分かっていない点があります。全国の施設で臨床試験や治験を行い、少しでも有効で安全な治療方法がないか検討している段階です。

患者さんの苦痛を和らげるための治療とは

がんの治療では、つらい症状や薬剤の副作用を軽減させるために、さまざまな症状を緩和させる治療(緩和ケア)が行われます。緩和ケアには下記のようなものがあります。

  • 薬物治療神経ブロック・放射線療法
  • 精神的苦痛を癒すための心理療法や薬物療法
  • 緩和困難な苦痛に対する鎮静   

など

こうしたケアによって、肺がんに伴う体と心の苦痛を和らげていきます。

進行性肺がんの予後や余命は?

余命

全国がん(成人病)センター協議会が公表している院内がん登録から算出されたデータをみてみると、肺がん患者さんの全症例の5年相対生存率が43.6%であるのに対し、Ⅳ期の肺がん患者さんのみでは4.9%になっています*

*全がん協加盟施設生存率共同調査 全がん協部位別臨床病期別5年生存率(2008-2010年初発治療症例)

しかし近年では、分子標的治療薬や免疫チェックポイント阻害剤などの薬が登場していることから、どのような患者さんに、どの段階で、どの薬剤をどういった組み合わせで使っていくべきかを明らかにするための研究が進められています。今後の研究でそれらが明らかになれば、Ⅳ期の肺がん患者さんの5年生存率は、よくなっていくのではないかと予想しています。

近年登場した「薬」で進行性肺がんは治るのか?

点滴

分子標的治療薬や免疫チェックポイント阻害剤への期待

分子標的治療薬は、そのターゲットのある肺がん患者さんには、元気な期間の延長や症状の緩和が期待できることが分かっています。しかし、ターゲットの存在が確認された2~3割の患者さんには奏効(そうこう)(薬が効果を現すこと)しないことがあります。また、抗がん剤とは異なる副作用に悩まされることもあります。さらに、一度奏効してもやがて薬が効かなくなる(耐性といいます)問題もあります。

現在、副作用に対する適切な対応はもちろん、耐性化したがん細胞に対する新たな治療薬の開発が進められています(2019年9月時点)。

進行性肺がんを薬物のみで完全に治療することは厳しいのが現状です。しかし、進行を抑えたり症状を緩和したりする効果は期待できるでしょう。

今後は、特定のターゲットの存在が確認された場合は分子標的治療薬が、それ以外の場合は免疫チェックポイント阻害剤と抗がん剤との併用による治療が主体になるのではないでしょうか。

これまでのがん治療にはなかった副作用への対処も必要

ここまで分子標的治療薬や免疫チェックポイント阻害剤の有効性についてお話ししてきました。

薬物療法を行うにあたっては、有効性と共に薬剤の副作用についても併せてしっかりと理解し、注意しなくてはなりません。

繰り返しになりますが、分子標的治療薬や免疫チェックポイント阻害剤は、これまで中心的に使われてきた抗がん剤とは異なる作用機序を持つ薬剤です。そのため、これまでの肺がん治療では得られなかった有効性を示す可能性があります。ただし、これまでにみられなかった副作用が現れるリスクもあります。

分子標的治療薬や免疫チェックポイント阻害剤を使用する際には、その有用性や副作用について、医師が患者さんにしっかり情報を共有してから治療を進めていくことが重要だと考えます。また、患者さん自身も副作用のリスクについてしっかりと理解することが非常に大切です。

進行性肺がん治療に関するよくある質問集と回答

Q1:進行性肺がんに抗がん剤が有効という証拠はあるのですか。

A1:症状に対する治療のみと比較し、抗がん剤治療を行うことによる生存率の改善、あるいは抗がん剤治療によるQOL(生活の質)の改善が、臨床試験の結果からしっかりとしたエビデンスとして報告されています。

Q2:緩和ケアとは末期の患者さんに行う治療ではないのですか?

A2:がんの緩和ケアとは、診断から進行期・終末期までの全期間において行う、がんに伴うさまざまな症状に対する治療やケアのことを意味します。そのため、がんと診断された際の不安な気持ちに対するケアも、抗がん剤の副作用に対する治療も、緩和ケアです。もちろん、疼痛(とうつう)(がんまたはがん治療に伴って生じる痛み)を中心とした進行したがんに伴う症状や、仕事・生活上の心配事などの苦痛に対する対応も、緩和ケアの持つ役割です。

Q3:免疫チェックポイント阻害剤の副作用は危険なのですか?

A3:抗がん剤や分子標的治療薬の副作用は、どのような時期にどのような症状が出るかがおおよそ推測されて、適切に対応することができるようになってきました。しかし、免疫チェックポイント阻害剤の副作用には、甲状腺の異常や下垂体の異常、糖尿病や筋炎といったものがあり、「だるさ」や「元気のなさ」などの特徴のない症状で見られることがあります。肺がんに伴う症状なのか、免疫チェックポイント阻害剤による副作用なのか、しっかり見極めて対応する必要があります。治療中は特に医師や看護師・薬剤師と十分なコミュニケーションを取ってください。