新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら
疾患啓発(スポンサード)

変形性膝関節症とは? 症状や原因、受診のタイミングを解説

変形性膝関節症とは? 症状や原因、受診のタイミングを解説
髙原 康弘 先生

日本鋼管福山病院 整形外科 科長

髙原 康弘 先生

目次
項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

膝関節にある軟骨や半月板などの組織がすり減ることにより、発症するとされる変形性膝関節症。一般的にはご高齢の女性に多いとされている病気ですが、若い方でもスポーツ外傷などの病歴があると、変形性膝関節症になる可能性があるといいます。

今回は、日本鋼管福山病院の髙原 康弘(たかはらやすひろ)先生に、変形性膝関節症についてお話を伺いました。

変形性膝関節症とは、膝関節にある軟骨や半月板という組織がすり減り、膝関節に変形を起こすことで痛みが生じる病気です。

膝関節は、大腿骨、脛骨、膝蓋骨(いわゆる“膝のお皿”)から構成されており、大腿脛骨関節と大腿膝蓋関節の2つの関節があります。大腿骨と脛骨の先端は軟骨に覆われ、その間には半月板が存在します。

軟骨と半月板は、膝関節が受ける衝撃を吸収する役割を持っており、それらが加齢や外傷などによりすり減ることで、膝関節に変形を起こすといわれています。

変形性膝関節症とは?

変形性膝関節症は、一般的にご高齢の女性に多いとされており、肥満の方はさらにリスクが高まるとされています。

特に、過去にスポーツなどで、前十字靭帯や半月板の損傷、膝蓋骨脱臼などのけがの病歴がある方は注意することが必要です。そのような方は、長年にわたり損傷している部分に負荷をかけていることになるため、変形性膝関節症の原因の1つにもなりうるとされています。しかし、変形性膝関節症に気をつけなくてはならないのは、それらの条件の方だけではありません。そのため医師は、一般的に多いとされる要因をお持ちの方だけでなく、過去の病歴なども踏まえて注意深く患者さんを診る必要があります。

変形性膝関節症には、一次性変形性膝関節症と二次性変形性膝関節症があります。

一次性変形性膝関節症は、遺伝子的な要因や加齢、性別、筋力の低下、膝への負担が大きいスポーツを行う習慣、O脚変形などのリスク因子が絡み合うことで、軟骨や半月板がすり減り、発症するとされています。また、日本人の場合、体型的な要因もあり、一次性変形性膝関節症の発症頻度が高いといわれています。しかし、一次性変形性膝関節症は明確な要因がないといわれていますが、検査では見えないくらいの小さな傷などが、膝関節の軟骨や半月板に存在している場合もあるのではないかと考えています。

一次性変形性膝関節症の発症となりうる要因

  • 加齢
  • 性別
  • 筋力の低下
  • 膝への負担が大きいスポーツなどを行う習慣
  • O脚変形
  • 遺伝子的な要因

二次性変形性膝関節症は、軟骨や半月板の損傷、膝関節周辺の骨折、反復性膝関節脱臼など、要因が明確になっているもののことをいいます。

変形性膝関節症の患者さんにご高齢の女性が多いことから、年齢と性別は大きく関与していると考えられます。

加齢によって、軟骨や半月板の老化、弾力性の喪失、使いすぎなどが要因となり、軟骨ならびに半月板のすり減りが起こるのです。

女性に多い原因の1つとしては、女性ホルモンであるエストロゲンが関与していると考えられており、閉経後に変形性膝関節症が進行することがあります。

肥満やO脚変形などの体型的な観点も変形性膝関節症を発症する要因になりうるとされています。特に中年期は肥満になりやすく、膝関節にかかる負担が大きくなっていることも変形性膝関節症の原因の1つとして挙げられます。

また、日本人は靱帯や筋肉の位置関係により、O脚になりやすいといわれています。O脚変形も変形性膝関節症の発症に関与します。O脚変形で、膝の内側に負担がかかり、膝の内側にある軟骨や半月板を損傷してしまった結果、変形性膝関節症を引き起こしてしまうこともあります。

たとえば、過去にスポーツを習っていた方のなかには、前十字靱帯や半月板の損傷、骨折、反復性膝関節脱臼などのけがをしてしまった方もいるかと思います。また、交通事故などで骨折などのけがをされてしまった方もいるでしょう。

過去に、スポーツや交通事故が原因で、膝関節周辺の骨折や前十字靱帯や半月板を損傷、反復性膝関節脱臼などを負った経験がある場合には、それらのけがが要因となって変形性膝関節症を引き起こすことがあります。特に、若いうちに変形性膝関節症になってしまう患者さんのなかには、そのようなスポーツや交通事故による外傷が要因となっている方も少なくありません。

日本人などのアジア人は、生活様式や遺伝的なことから、膝の形が欧米人と違います。脛骨(すねの骨)の近位が内反しており、半月板や軟骨を損傷する可能性が高く、O脚になりやすいことが考えられます。

変形性膝関節症で起こりうる症状とは?

変形性膝関節症の主な症状は膝関節の痛みです。

歩き始めや立ち上がりなどの動作を開始するときに、痛みを感じることが特徴です。歩いている途中で痛みが出たり、階段の上り下りでも痛みを感じたりするようになり、日常生活に支障が出ることもあります。また、変形性膝関節症で比較的早い段階に現れるとされる起床時の膝の違和感を訴える患者さんは多くはありませんが、夜間に痛みを感じる患者さんもいらっしゃいます。

痛みが強い場合には多くの方が重症化を心配することでしょう。しかし、痛みの強さと重症度に関連性がないことが分かってきています。

変形性膝関節症の痛みを引き起こす原因は、重症度のほかにも構造的な因子や心理的な因子、さらには年齢などが関与しているといわれています。そのため「痛みがあまりないから、大丈夫」など、患者さんご自身で判断するのではなく、気になる変化があれば病院を受診することをおすすめします。

変形性膝関節症の症状で、もう1つの主な症状として挙げられるのが、膝関節に水がたまってしまうことです。膝関節に水がたまっているときには、膝を曲げると膝が腫れているような感覚になったり、左右の膝関節の形が違うように見えたりすることがあります。

安静時にも痛みを感じる場合には、変形性膝関節症のほかに骨髄内の浮腫や大腿骨内顆骨壊死などの病気を合併していることがあります。そのため、安静時にも強い痛みや違和感を覚える場合には、病院の受診をおすすめします。

受診について相談する
「メディカルノート受診相談サービス」とは、メディカルノートにご協力いただいている医師への受診をサポートするサービスです。
まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。
  • 受診予約の代行は含まれません。
  • 希望される医師の受診及び記事どおりの治療を保証するものではありません。

    「変形性膝関節症」を登録すると、新着の情報をお知らせします

    処理が完了できませんでした。時間を空けて再度お試しください

    本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

    なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。

    「受診について相談する」とは?

    まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。
    現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。

    • お客様がご相談される疾患について、クリニック/診療所など他の医療機関をすでに受診されていることを前提とします。
    • 受診の際には原則、紹介状をご用意ください。