疾患啓発(スポンサード)

変形性膝関節症の検査から診断、治療について

変形性膝関節症の検査から診断、治療について
髙原 康弘 先生

日本鋼管福山病院 整形外科 科長

髙原 康弘 先生

目次
項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

日本鋼管福山病院では、変形性膝関節症が疑われる患者さんに対して、X線検査(レントゲン検査)やMRI検査を中心とした検査を行い、患者さんの病状に合わせた治療を心がけています。

変形性膝関節症の治療に至るまでには、どのような検査を行い、どのような判断基準で診断を行うのでしょうか。また、同院で行われている変形性膝関節症に対する治療はどのような治療なのでしょうか。

変形性膝関節症の検査から診断、治療について、同院の髙原 康弘(たかはらやすひろ)先生にお話を伺いました。

変形性膝関節症と診断するために行われている検査とは?

変形性膝関節症の検査では、一般的にX線検査やMRI検査、関節液検査、血液検査などが行われています。当院では、基本的にX線検査とMRI検査を用いてさまざまな体勢や角度から撮影することで、患者さんの骨格的な特徴を捉え、その後の治療でより正しい姿勢に戻すことができるように努めています。

X線検査

X線検査は、関節の変形度合いを見るために行われる検査です。大腿骨と脛骨の間にある軟骨や半月板などの組織は写りませんが、大腿骨と脛骨の隙間や骨棘(こつきょく)*の有無、O脚変形が起こっているかなどを調べることができます。膝の痛みであっても、局所のレントゲンのみを撮影するのではなく、下肢全体の中で膝をとらえることが大切であると考えます。さらに歩行時の膝への負荷を考えると、立位でのレントゲン撮影も重要となるでしょう。

また、大腿骨と脛骨の隙間が狭いほど軟骨や半月板などの組織がすり減っているということになり、Kellgren-Lawrence grading(KL分類)**の基準にもなります。

検査の様子

レントゲン写真.

*骨棘:関節面の反骨が、硬くなって骨化して棘のようになった状態

**Kellgren-Lawrence grading(KL分類):国際的に用いられている変形性膝関節症を評価するための基準

MRI検査

MRI検査は、X線検査と異なり、軟骨や半月板などの病変の有無を見るために行われる検査です。変形性膝関節症の引き起こす要因になりうる軟骨や半月板の損傷などを調べることができるだけでなく、骨に穴が開く骨嚢腫(こつのうしゅ)や大腿骨内顆骨壊死が発見されることもあります。

変形性膝関節症における保存治療

変形性膝関節症の治療については、基本的に保存治療で病気の経過を見ていきます。そのうえで、保存治療で効果が得られない場合には、手術治療の適応を検討していきます。また、患者さんの日常的な動作の指導や装具の活用なども保存治療の1つです。

運動療法

変形性膝関節症における運動療法では、筋力トレーニングを行い、膝関節の不安定性を軽減することで膝の負担の軽減を目指します。また運動療法により、膝関節に負担をかける要因となる肥満の改善や、線維軟骨の再生も期待しています。

たとえば、膝関節に痛みを感じている場合、痛みを感じている方の足をかばって歩く方もいるでしょう。しかし、そうするとかばっている足の筋力が低下し、膝関節の不安定性が増して、さらに痛みにつながってしまうことがあります。そのため、当院では、リハビリテーション科の理学療法士や作業療法士などのスタッフが、一人ひとりの患者さんに適したリハビリテーションを実施しています。

また、当院のリハビリテーション科では、変形性膝関節症の患者さんに対して、膝だけでなく、股関節や足首の関節などの全体のバランスを整えることを指導しています。

装具療法

足底装具や膝関節のサポーターなどを装着します。

サポーター

サポーターは、一般の方向けに販売されていることもあり、手軽に入手することができます。しかし、サポーター自体に膝関節の負担の軽減や安定化を期待することは難しいため、装着時の安定感と保温が主な効果といえます。

足底装具

足底装具は外側楔状足底板(がいそくけつじょうそくていばん)が主に用いられており、O脚変形などの変形を矯正するために使用します。膝関節の内側にかかる負担、さらには痛みの軽減につながることが期待されます。

当院では、外来に外側楔状足底板を用意しており、外側楔状足底板の効果が期待できる患者さんに対して、治療の一環として足底板を用いた治療を取り入れています。

薬物療法

当院では、運動療法と装具療法を中心に、バランスを見ながら薬物療法を取り入れています。痛みの強い場合や夜間にも痛みを伴うような場合などに、消炎鎮痛剤を処方しています。

変形性膝関節症における手術治療の適応と種類

[木内3]  挿入画像:手術中の様子.png

手術治療を提案するタイミング

変形性膝関節症の治療においては、可能な限り保存治療を行います。それでも改善が期待できない場合や、歩くことが困難だと判断された場合には、患者さんのニーズを踏まえた手術治療を提案することがあります。

関節鏡視下手術

関節鏡視下手術とは、関節の中を内視鏡で見ながら行う手術のことです。内視鏡を用いた手術は、比較的小さな傷で対応ができることから、患者さんへの負担も少ない治療であるといわれています。

特に、整形外科領域の関節鏡視下手術では、主に半月板の切除や縫合、滑膜の不要な物質を取り除くために行われます。膝全体の変形には対応することができないため、診療のうえで関節鏡視下手術では対応できないと判断した場合には、高位脛骨骨切り術や人工膝関節置換術の適応を検討します。

高位脛骨骨切り術

高位脛骨骨切り術は、脛骨を膝の近いところで楔型に切り、固定する手術です。

O脚変形を矯正することで、痛みの軽減を期待しています。また、膝関節を温存することができ、スポーツへの復帰も望むことができます。

高位脛骨骨切り術

人工膝関節置換術

人工膝関節置換術は、自分自身の膝関節を軟骨の代わりとなるプラスチックと金属でできた人工の膝関節に置き換える手術です。

人工膝関節置換術には、主に人工膝関節全置換術と人工膝関節単顆置換術の2種類があります。患者さんの病状やニーズに合わせて、適切な術式を選択していきます。

人工膝関節置換術

※“高位脛骨骨切り術”“人工膝関節置換術”については、記事3ならびに記事4で詳細をお話しします。