疾患啓発(スポンサード)

変形性膝関節症における高位脛骨骨切り術について解説

変形性膝関節症における高位脛骨骨切り術について解説
髙原 康弘 先生

日本鋼管福山病院 整形外科 科長

髙原 康弘 先生

目次
項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

術後にスポーツや膝関節への負担がかかる仕事への復帰など、活動性を求めるO脚変形のある患者さんを中心に適応している高位脛骨骨切り術。高位脛骨骨切り術とは、どのような特徴があり、どのような経過をたどるのでしょうか。今回は、日本鋼管福山病院の髙原 康弘(たかはらやすひろ)先生にお話を伺いました。

変形性膝関節症における高位脛骨骨切り術とは?

高位脛骨骨切り術とは、O脚変形および膝の内側に痛みがある患者さんに対して、脛骨を膝に近い位置で楔形に切り込みをいれて、X脚寄りに矯正する手術方法です。

この手術方法には、内側開大式高位脛骨骨切り術(OWHTO)やハイブリッド式高位脛骨骨切り術(Hybrid HTO)などのいくつかの術式があり、患者さんの病状に適した術式を選択しています。

社会復帰のみならず、スポーツ復帰も可能

高位脛骨骨切り術の大きな特徴は、自分の膝関節を温存できることです。変形性膝関節症における高位脛骨骨切り術を行ったあとは、リハビリをしっかりと行うことで社会復帰のみならず、スポーツへの復帰など、高い活動性を期待できる手術でもあります。痛みが完全に取りきれない場合もありますが、正座などの日常的な動作ができるまでの回復を期待することができます。

リハビリ

高位脛骨骨切り術の適応条件

高位脛骨骨切り術は、手術後にもスポーツや膝関節に負荷のかかる仕事へ復帰したいという高い活動性を求める患者さんが適応となります。年齢的な制限があまりない術式であるため、手術の負担に耐えられる体力があることが分かれば、70歳以上の患者さんに適応されることもあります。

また、内側開大式高位脛骨骨切り術(OWHTO)は、膝関節の内側の変形があまりなく、外側や膝蓋大腿関節においても変形があまり見られない患者さんが適応となります。一方、ハイブリッド式高位脛骨骨切り術(Hybrid HTO)については、膝関節の内側の変形が大きく、膝蓋大腿関節においても変形が見られる患者さんが適応となる術式です。

高位脛骨骨切り術の注意点と術後の経過

高位脛骨骨切り術後、まれに骨癒合*が起きていないと考えられる時期に「あまり痛みを感じない」と言って、歩き回ったり運動を開始してしまったり、なかには病院に来なくなってしまう患者さんもいらっしゃいます。骨癒合が安定するまでの術後3〜6か月は、偽関節**などのリスクがあるため、注意しながら生活する必要があります。基本的には、術後は骨癒合の状況を見ながら荷重量を増やしていく必要があり、おおよそ術後1週間後から起立や歩行の部分荷重の練習を行います。

*骨癒合:離れていた骨が付着すること

**偽関節:骨折や手術などにより骨の連続性が絶たれ、骨が癒合せずに不安定な状態になること

高位脛骨骨切り術における今後の展望

現在、術前後の活動性や手術適応の標準化など高位脛骨骨切り術において厳密に定められている指標はないのではないでしょうか(2019年11月時点)。

確かに、それぞれの患者さんにおいて目的や希望が違いますから、全て同じ指標で評価することは難しいのかもしれません。しかし、私は変形性膝関節症における高位脛骨骨切り術に対して、しっかりとした評価の指標を作ることが課題であると考えています。あらゆる面から高位脛骨骨切り術の指標を作ることで、今まで取り入れていなかった医師がそれを取り入れやすくなります。その結果、各地域にお住まいの患者さんに対して、治療の選択肢を広げることができると考えているからです。

このように私は、患者さんの住む地域によって受けられる治療に差が出ないよう、地域や病院ごとにある差を埋めていきたいと思っています。