新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら
疾患啓発(スポンサード)

高齢化に伴い増加する“大動脈弁狭窄症”——その原因、症状とは?

高齢化に伴い増加する“大動脈弁狭窄症”——その原因、症状とは?
齋藤 俊英 先生

一宮市立市民病院 心臓血管外科 部長

齋藤 俊英 先生

杉浦 剛志 先生

一宮市立市民病院 循環器内科 医長

杉浦 剛志 先生

目次
項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

大動脈弁狭窄症とは、心臓の大動脈弁の開きが障害され、さまざまな症状が引き起こされる病気です。日本では、高齢化の進展に伴い大動脈弁狭窄症の患者数が増加しており、潜在患者数は100万人にのぼると推測されています。大動脈弁狭窄症の概要と原因、症状について、一宮市立市民病院の齋藤 俊英(さいとう しゅんえい)先生(心臓血管外科 部長)と杉浦 剛志(すぎうら つよし)先生(循環器内科 医長)にお話を伺いました。

心臓には、左心室と大動脈(心臓から全身へ血液を送る太い血管)の間に“大動脈弁”があり、心臓から全身に送り出した血液が逆流するのを防ぐ逆止弁として機能しています。大動脈弁狭窄症とは、何らかの要因によって大動脈弁が狭窄(すぼまって狭い状態)し、その開きが障害されることで、さまざまな症状が現れる病気です。

心臓は24時間絶えまなく動き、大動脈弁にも常に圧がかかります。そのため、高齢になると、大動脈弁が少しずつ石灰化することがあります。このような背景から、一般的に、大動脈弁狭窄症の患者数は、加齢とともに増加することが分かっています。

日本では、65歳以上の方の2〜4%が大動脈弁狭窄症に罹患しており、75歳以上の方では、2.8%の方が中等度以上の大動脈弁狭窄症に罹患していると推測されています。潜在患者数は65万〜100万人と推定されており、高齢化が進む日本において、大動脈弁狭窄症の患者数は今後さらに増加するでしょう。

大動脈弁狭窄症の原因は、以下の3つです。

  • 加齢変性(退行変性ともいう)
  • 先天性の二尖弁
  • リウマチ熱による炎症性変化

これらのうち、もっとも多い原因は加齢変性、つまり、加齢に伴う大動脈弁の石灰化によるものです。次に多い原因は、先天性の二尖弁です。先天性の二尖弁は、全人口の約0.5〜2.0%に合併するとされる先天的な異常で、通常の三尖弁の大動脈弁狭窄症よりも、弁の狭窄が進行しやすいことが知られています。さらに、まれではありますが、リウマチ熱による炎症性変化によって大動脈弁狭窄症が起こることがあります。

2003年のヨーロッパの統計によれば、加齢変性を原因とする大動脈弁狭窄症は、全体の82%を占めると報告されています。日本ではヨーロッパに比べて高齢化が進展していることを加味すれば、この数字はさらに高くなると考えられます。

大動脈弁狭窄症は、無症状のまま進行することがあります。大動脈弁の狭窄が進み、心臓がその負荷に耐えられなくなると、さまざまな症状が起こります。大動脈弁狭窄症の症状は、大きく3つに分けることができます。

  • 狭心症症状(胸の圧迫感、痛みなど)
  • めまい、失神
  • 心不全症状(息切れや呼吸苦、足のむくみなど)

一般的に、これらの症状は段階的に現れます。はじめに、大動脈弁の狭窄によって心臓が血液不足に陥ることで、動作時に胸の圧迫感、痛みなどの狭心症症状が起こることがあります。進行すると、脳の血流が維持できなくなり、めまいや失神などが現れます。さらに状態が悪化すると、息切れや呼吸苦、足のむくみといった心不全症状が現れることがあります。

大動脈弁狭窄症の症状に関して注意するべきポイントとは?

大動脈弁狭窄症の症状に関しては、注意が必要となるポイントが2点あります。

大動脈弁狭窄症は、無症状のまま進行することがあるとお伝えしました。しかし、大動脈弁狭窄症は、症状が現れてからの経過が早いという特徴があります。一般的に、大動脈弁狭窄症の患者さんの平均生存期間は、狭心症症状が現れてから5年ほど、失神が現れてから3年ほど、心不全症状が現われてから1〜2年ほどといわれます。さらに、大動脈弁狭窄症を発症した方の15〜20%(成人の場合)に突然死が起こる可能性があるという報告があります。これらのことから、大動脈弁狭窄症の症状が出た場合は、できるだけ早期に治療を検討する必要があるのです。

大動脈弁狭窄症で起こりうる症状には、動作時に起こる胸の痛みや息切れなど、加齢に伴う体の変化と似ているものがあります。そのため、高齢の患者さんの場合、それらの症状を「年のせい」と捉え、大動脈弁狭窄症の発見、診断が遅れてしまうことがあります。

このような事態を避けるために、高齢の方は、自覚症状があるときには「年のせい」と軽視せず、速やかに病院を受診していただきたいです。たとえば、1年前に比べて、「入浴する際に息切れする」「階段を登るときに胸の痛みがある」といった変化がみられる場合には、大動脈弁狭窄症のサインである可能性があるため、注意が必要です。

一般的に、大動脈弁狭窄症は、息切れなどの心不全症状が現れ、病院でその原因を調べた結果、発見されるケースがあります。また、心臓以外の病気に対する手術の術前検査(手術に際し、患者さんの全身状態を把握するための検査)で心機能評価を行い、心エコー検査などで見つかるケースもあります。

大動脈弁狭窄症が発見された場合、どのような治療を行う可能性があるのでしょうか。次のページでは、大動脈弁狭窄症の治療選択と手術適応についてご説明します。

受診について相談する
  • 一宮市立市民病院 心臓血管外科 部長

    齋藤 俊英 先生

  • 一宮市立市民病院 循環器内科 医長

    杉浦 剛志 先生

「メディカルノート受診相談サービス」とは、メディカルノートにご協力いただいている医師への受診をサポートするサービスです。
まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。
  • 受診予約の代行は含まれません。
  • 希望される医師の受診及び記事どおりの治療を保証するものではありません。

    「大動脈弁狭窄症」を登録すると、新着の情報をお知らせします

    処理が完了できませんでした。時間を空けて再度お試しください

    本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

    なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。

    「受診について相談する」とは?

    まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。
    現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。

    • お客様がご相談される疾患について、クリニック/診療所など他の医療機関をすでに受診されていることを前提とします。
    • 受診の際には原則、紹介状をご用意ください。