新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら
疾患啓発(スポンサード)

睡眠時無呼吸症候群とは? ——症状や原因、リスクについて

睡眠時無呼吸症候群とは? ——症状や原因、リスクについて
末松 義弘 先生

医療法人社団 筑波記念会 筑波記念病院 副院長・心臓血管外科部長・睡眠呼吸センター長

末松 義弘 先生

目次
項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

睡眠時無呼吸症候群とは、睡眠中、何度も呼吸が止まってしまう病気です。現在、国内における睡眠時無呼吸症候群の潜在患者は400~500万人にものぼると推定されています。睡眠時無呼吸症候群は、呼吸が止まることによる息苦しさで目が覚めるなど、睡眠を妨げます。そのため、日中に眠気におそわれ、活動のパフォーマンスを著しく低下させることにもなりかねません。さらに、睡眠時無呼吸症候群が体に及ぼす影響はそれだけではなく、高血圧心不全などの循環器系の病気のリスクを高めることも分かってきています。今回は、睡眠時無呼吸症候群の症状や原因、引き起こすリスクについて、筑波記念病院 副院長兼心臓血管外科部長の末松 義弘(すえまつ よしひろ)先生にお話を伺いました。

睡眠時に呼吸が何度も止まってしまう病気を“睡眠時無呼吸症候群”と呼びます。睡眠中に10秒以上呼吸が止まることが、1時間あたり平均5回以上見られる場合には、睡眠時無呼吸症候群の可能性があります。成人男性の約3~7%、成人女性の約2~5%が該当し、男性では40~50歳代が半数以上を占め、女性は閉経後に増加する傾向にあるようです。

ひとくちに睡眠時無呼吸症候群といっても、主に“閉塞性”と“中枢性”の二つのタイプがあります。

閉塞性の睡眠時無呼吸症候群

呼吸運動は保たれているものの、何らかの原因で上気道*が狭められたり、ふさがれたりすることで、呼吸をしようとしてもできなくなってしまいます。

*上気道:鼻の入り口からのどぼとけの辺りまでの空気の通り道のことを指し、呼吸時に吸い込んだ酸素を温める、適度な湿り気を与えるといった役割を果たす。

中枢性の睡眠時無呼吸症候群

脳や神経(呼吸中枢)の機能に障害があり、呼吸運動そのものが停止してしまいます。

二つの睡眠時無呼吸症候群の違い

簡単にいうと、呼吸をしようとしているにもかかわらず、上気道がなんらかの原因でふさがって息ができないのが“閉塞性”、脳から呼吸をしなさいという指令の信号が一時的に途絶えるのが“中枢性”です。なお、この両タイプが発生する複合型睡眠時無呼吸症候群も存在します。

本記事では閉塞性の睡眠時無呼吸症候群について、解説していきます。

睡眠時無呼吸症候群は心身にさまざまな影響を及ぼしますが、どれも日常でありがちな症状のため、多くの方が深刻に受け止めず見過ごしがちです。睡眠時無呼吸症候群の症状にはどのようなものがあるのか、以下に挙げていきます。

何らかの原因で睡眠中に上気道が狭まり、空気が通りにくくなることで、いびきをかくようになります。

睡眠中に無呼吸になることで、体内の二酸化炭素をうまく体外に出せず、高二酸化炭素血症となり頭痛を招きます。

睡眠時無呼吸症候群の方は深い睡眠がとれずに脳の休息が妨げられ、日中に強い眠気を感じます。特に自動車などを運転する際、居眠りや集中力の低下により事故を起こす危険性も高まります。

日中の眠気の度合いを評価する際には、エプワース眠気尺度が用いられます。8つの項目に対して回答して眠気を点数化するもので、11点以上が“異常な眠気あり”、16点以上が“重症”です。しかし、これはあくまで眠気そのものの度合いを評価する基準であり、主観的でもあります。この尺度で異常な眠気があると判断された場合に、必ずしも睡眠時無呼吸症候群と診断されるわけではありません。

通常、睡眠時は心身をリラックス状態にする副交感神経が優位になっています。しかし、睡眠時に無呼吸を繰り返し眠りが浅くなることで、夜間に何度も目が覚め、トイレに行く回数が増えてしまいます。

睡眠時無呼吸症候群により睡眠の質が低下することで、意欲の低下や気分の落ち込みを招き、場合によっては、うつ病を発症することもあります。

そのほか、体のだるさを感じる、性機能障害や胃食道逆流症を引き起こすなど、症状は多岐にわたります。

閉塞性の睡眠時無呼吸症候群は、睡眠中に上気道が狭くなったり、ふさがったりすることで引き起こされると解説しました。上気道を狭くする原因は舌の大きさや顔の骨の構造といった“形態的”なもの、アルコールや医薬品の作用などによる“機能的”なもの、そして就寝時の“体位”によるものと、大きく三つに分けられます。それぞれについて、詳しく解説していきます。

睡眠時無呼吸症候群を発症する、最大の原因となるのが肥満です。舌や喉の周辺などに余分な脂肪がついてしまうことで、上気道を狭めてしまいます。そのほか、舌が大きい、下顎が小さい、もしくは後退しているといった形態的な特徴も、睡眠時無呼吸症候群のリスクです。また、特に子どもは、扁桃肥大が原因で睡眠時無呼吸症候群を引き起こすこともあるため、注意が必要です。

睡眠時無呼吸症候群を引き起こす形態的原因
睡眠時無呼吸症候群を引き起こす形態的原因

上気道は、あらゆる筋肉(上気道拡張筋群)により、ある程度広げられた状態を保っていますが、睡眠時にはそのはたらきが弱まり、上気道が狭まります。その際、筋群のはたらきが弱まりすぎてしまうと、上気道がふさがれ、睡眠時無呼吸症候群を引き起こします。筋群のはたらきを著しく低下させる原因としては、アルコールや睡眠導入剤が挙げられます。

上気道の形は、体位の影響を強く受けます。仰向けに寝た場合、重力によって舌の付け根が喉のほうに落ちてしまい、上気道が狭くなります。一方で、横向きやうつ伏せに寝た場合は、仰向けと比較して重力の影響を受けないため、上気道が狭くなりにくいです。

また、首を曲げることでも上気道は狭くなってしまうため、就寝時の枕の高さも関係しているといえます。

睡眠時無呼吸症候群は呼吸器内科や耳鼻咽喉科で扱われる病気です。加えて、研究が進むに従い、無呼吸によって起こる低酸素状態が心臓に負荷をかけるなど、循環器のはたらきに深刻な問題を引き起こす病気であることも明らかになってきており、循環器内科でも扱われるようになっています。

血圧は本来、睡眠中は日中よりも低くなります。しかし、睡眠時に無呼吸になることで、“低酸素”の状態になると血圧や心拍数が上昇します。これにより、日中に運動をしているときとほぼ同様の負荷が心臓にかかってしまいます。睡眠中、何度もこうした負荷が心臓にかかるため、結果的に睡眠時無呼吸症候群の方は循環器に関する病気のリスクが高まります。

睡眠時無呼吸症候群が引き起こす可能性の高い合併症については、次ページで詳しく解説します。

 

【末松先生の著書】

https://amazon.co.jp/dp/4344925343/

受診について相談する
  • 医療法人社団 筑波記念会 筑波記念病院 副院長・心臓血管外科部長・睡眠呼吸センター長

    末松 義弘 先生

「メディカルノート受診相談サービス」とは、メディカルノートにご協力いただいている医師への受診をサポートするサービスです。
まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。
  • 受診予約の代行は含まれません。
  • 希望される医師の受診及び記事どおりの治療を保証するものではありません。

「睡眠時無呼吸症候群」を登録すると、新着の情報をお知らせします

処理が完了できませんでした。時間を空けて再度お試しください

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。

「受診について相談する」とは?

まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。
現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。

  • お客様がご相談される疾患について、クリニック/診療所など他の医療機関をすでに受診されていることを前提とします。
  • 受診の際には原則、紹介状をご用意ください。