新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら
疾患啓発(スポンサード)

熱海所記念病院が取り組むガンマナイフ治療——患者さんに合わせた柔軟な治療を実現するために

熱海所記念病院が取り組むガンマナイフ治療——患者さんに合わせた柔軟な治療を実現するために
中谷 幸太郎 先生

医療法人伊豆七海会 熱海所記念病院 脳神経外科ガンマナイフ部長

中谷 幸太郎 先生

目次
項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

放射線治療とは、放射線を照射することで、腫瘍の縮小や消失を目指す治療法を指します。放射線治療には、脳全体に放射する全脳照射と、腫瘍に対して集中的に照射する定位放射線照射があります。“ガンマナイフ”とは、定位放射線照射を行う医療機器の一つです。

医療法人伊豆七海会 熱海所記念病院では、ガンマナイフ治療に積極的に取り組んでいます。

今回は、医療法人伊豆七海会 熱海所記念病院 脳神経外科 ガンマナイフ部長の中谷(なかや) 幸太郎(こうたろう)先生に、同病院のガンマナイフ治療への取り組みについてお話を伺いました。

前のページでお話ししたように、従来のガンマナイフによる分割照射は、連日のフレーム固定を行うために患者さんの負担が大きいと考えられていました。しかし近年、フレーム固定を必要としないマスクシステムを導入したガンマナイフが登場したことによって、さらに分割照射を行うことができる体制が築かれたと思います。

その結果、たとえば、直径3cm以上の大きな腫瘍であっても、患者さんの状態によっては開頭手術や全脳照射ではなく、ガンマナイフ治療を行えるようになりました。

私は、転移性脳腫瘍の患者さんには、ガンマナイフ治療をご検討いただきたいと思っています。腫瘍がある程度大きかったり、頭蓋底など脳の深部に腫瘍が生じていたり(頭蓋底腫瘍)しても、ガンマナイフの分割照射によって治療が可能なケースがあるからです。

以下は、当院でガンマナイフ治療を実施した、脳浮腫(のうふしゅ)(脳のむくみ)を伴う卵巣がんからの転移性脳腫瘍の症例です。腫瘍径約4.5cmという比較的大きな腫瘍でしたが、浮腫の悪化を回避するために3日間かけて分割照射による治療を行いました。結果として、治療から1か月後の画像検査では腫瘍の縮小と脳浮腫の改善が認められました。

ガンマナイフ治療を行った卵巣がんからの転移性脳腫瘍の症例(青色で囲まれた部分が腫瘍を示す)
ガンマナイフ治療を行った卵巣がんからの転移性脳腫瘍の症例(青色で囲まれた部分が腫瘍を示す)

転移性脳腫瘍だけではなく、脳に生じた原発性腫瘍である神経膠腫(こうしゅ)グリオーマ*髄膜腫(ずいまくしゅ)**もガンマナイフによって治療できるケースがあります。

以下は、当院でガンマナイフ治療を実施した、悪性髄膜腫の再発症例です。本症例では、患者さんが開頭手術ではない治療を希望されたために、当院にてガンマナイフ治療を行いました。治療後の画像検査の結果では、徐々に腫瘍の縮小が認められます。それに伴い、脳浮腫やけいれんなどの症状の改善もみられました。

ガンマナイフ治療を行った悪性髄膜腫の症例(青色で囲まれた部分が腫瘍を示す)
ガンマナイフ治療を行った悪性髄膜腫の症例(青色で囲まれた部分が腫瘍を示す)

原発腫瘍の中には、手術による摘出が必要なケースもありますし、診断のために手術による生検が有効なケースもあります。ただし、患者さんの状態によっては手術による症状の悪化などリスクが高いケースもありますし、ご本人やご家族が手術を希望されない場合もあります。このような場合であっても、ガンマナイフで治療できることもあるため、原発腫瘍の場合にもガンマナイフ治療を選択肢の一つに入れていただければと思っています。

*神経膠腫:神経膠細胞から生じる悪性の脳腫瘍

**髄膜腫:硬膜など脳を覆う膜から生じる脳腫瘍

当院では、マスクシステムによるガンマナイフ治療を導入したことで、患者さんに合わせて、入院の有無や、治療回数・治療期間などを柔軟に変化させることが可能になりました。

たとえば、患者さんの中には、仕事や家庭の事情によって入院せずに治療を受けることを希望される方もいらっしゃいます。実際に、このような患者さんに対して、毎日治療に通っていただきながら少しずつ照射を行ったこともあります。また、当院が位置する熱海という場所柄もあり、患者さんの中には、ご家族と当院近隣の宿泊施設に滞在しながら治療に通われる方もいらっしゃいます。

このように、当院では、できる限り患者さんに負担のないよう、個々のご事情やご希望に応じた治療を行うよう尽力しています。

CT

初診であると難しいですが、当院では、再診の患者さんであれば即日のガンマナイフ治療にも対応できるケースがあります。

フレーム固定によるガンマナイフであると、麻酔が必要であったり、フレームを装着した後の検査が必要であったりするため、即日のガンマナイフ治療は難しいです。一方、マスクシステムによるガンマナイフでは、MRI検査さえ実施できれば、そのまま治療を受けていただけるケースがあります。当院では、ガンマナイフ治療のために作成したマスクを一定期間保管しています。そのマスクを少し修正することで、再度ガンマナイフ治療を受けていただくことが可能になります。

たとえば、当院でガンマナイフ治療を受け、その後外来で経過観察を受けにいらっしゃった患者さんに、新たな腫瘍の発生が認められたことがありました。同日の午後に治療の枠が空いていたため、その日のうちにガンマナイフ治療を受けていただいたことがあります。

一度、当院でガンマナイフ治療を受けたことがある患者さんは、このように即日で治療を受けていただける場合があります。

先生

当院でガンマナイフ治療を受けていただく患者さんの多くは、紹介を受けて受診されます。もともと患者さんが治療を受けられていた紹介元である病院とは、治療後にも情報共有を行い、常に連携をとれるよう努めています。

当院でガンマナイフ治療を受けていただいた後には、紹介元である病院にお戻しすることもありますし、引き続き当院に通っていただくこともあります。当院で経過観察を行う場合は、基本的に3か月に一度当院にお越しいただき検査などを受けていただきます。このような場合にも、検査データなど患者さんの状態については、必ず主治医の先生と共有するようにしています。

当院では紹介状さえあれば、患者さんの受け入れが可能です。ご紹介いただく際には、頭部の検査画像のデータをできましたら数回分ご提供いただきたいと思います。ただし、紹介のきっかけとなった症状が分かるような画像データが含まれている場合には、1回分だけでも構いません。

転移性脳腫瘍の患者さんに限ってお話しすると、腫瘍が数多く発生しているために全脳照射でなければ治療が難しいと判断した場合には、ガンマナイフ治療の適応とならないことがあります。そのような場合には、紹介元の病院にお戻しするか、全脳照射を行うことができる病院へご紹介することもあります。

しかしながら、どのような症例であっても、ガンマナイフによる治療が可能かについて適切に判断するための体制を築いていますので、まずはご相談いただきたいと思います。

受診について相談する
  • 熱海所記念病院 脳神経外科 ガンマナイフ部長

    中谷 幸太郎 先生

「メディカルノート受診相談サービス」とは、メディカルノートにご協力いただいている医師への受診をサポートするサービスです。
まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。
  • 受診予約の代行は含まれません。
  • 希望される医師の受診及び記事どおりの治療を保証するものではありません。

    「転移性脳腫瘍」を登録すると、新着の情報をお知らせします

    処理が完了できませんでした。時間を空けて再度お試しください

    本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

    なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。

    「受診について相談する」とは?

    まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。
    現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。

    • お客様がご相談される疾患について、クリニック/診療所など他の医療機関をすでに受診されていることを前提とします。
    • 受診の際には原則、紹介状をご用意ください。