新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら
疾患啓発(スポンサード)

高齢化に伴う増加する“変形性膝関節症”——その原因、症状とは?

高齢化に伴う増加する“変形性膝関節症”——その原因、症状とは?
南 晋司 先生

海南医療センター 医療技術局長兼整形外科部長

南 晋司 先生

目次
項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

変形性膝関節症とは、膝の関節にある軟骨などがすり減って変形したり、骨同士がこすれたりすることで炎症や痛みを生じる病気です。いわゆる“膝の痛み”の原因になるもので、進行すると日常生活に支障をきたすことがあるため、初期の段階で病院を受診し、適切な治療を行うことが大切です。

和歌山県の海南医療センター 整形外科 診療局長を務める南 晋司(みなみ しんじ)先生に、変形性膝関節症の原因や症状、日常生活で気をつけるべきことを伺いました。

変形性膝関節症は、膝の関節にある軟骨や半月板がすり減って変形したり、骨と骨がこすれたりすることで、関節内に炎症が生じたり、膝に痛みが出たりする病気です。変形性膝関節症が進行すると、O脚(内反膝)が進み、歩行に支障をきたすことがあります。

このように日常生活に必要な“歩く”という機能に影響を及ぼし、QOL(生活の質)の低下につながることが変形性膝関節症のひとつの特徴です。

イラスト①

日本における変形性膝関節症の患者数は、自覚症状のある方で1,000万人ほど、潜在的な患者数は3,000万人にのぼると推定されています。近年では、高齢化の進展に伴い、変形性膝関節症を含む変形性関節症(OA)の患者数は年々増えています。

男女比では、1:4で女性に多く見られます。さらに女性のなかでは、中高年の患者さんが多く、40歳以降に発症することが多いです。

なぜ中高年の女性に患者さんが多いのかという要因は詳しくは分かっていませんが、変形性膝関節症のリスク因子として以下のような要素が挙げられています(変形性膝関節症の原因については、次項でご説明します)。

  • ホルモンバランスの変化(女性は閉経後にエストロゲンが減少する)
  • 筋力の低下(膝関節が不安定になり、軟骨がすり減りやすくなる)
  • 肥満傾向(体重が重いと、膝に負担がかかりやすい)

変形性膝関節症の主な原因は、加齢に伴う軟骨の変性(老化)です。そのほか、肥満や骨折、靱帯や半月板損傷などの外傷化膿性関節炎などの感染の後遺症が原因になることがあります。

加齢による軟骨の老化は、軟骨の弾力性を失わせ、軟骨を徐々にすり減らしていきます。

肥満の場合は、体重が重いと膝に負荷がかかり、変形性膝関節症の原因となります。BMI(体格指数)が25以上である場合には肥満と定義されますので、肥満が原因で変形性膝関節症が起きている場合には、体重をコントロールすることで変形性膝関節症を改善できる可能性があります。

O脚(内反膝)とは、両膝が外側に彎曲(わんきょく)した状態のことです。O脚の状態では関節の内側に体重が偏ってかかるため、軟骨がすり減り、変形性膝関節症の原因となります。

変形性膝関節症の多くは、さまざまな要因が絡み合って発症します。このように明確な原因がないものを“一次性変形性膝関節症”といい、一方、けがや病気など原因が明確なものを“二次性変形性膝関節症”といいます。

  • 一次性:加齢による変化、肥満、O脚、職業(重い荷物を持つなど膝への負担が大きい仕事)、遺伝、生活環境など
  • 二次性:炎症性疾患(関節リウマチ、化膿性関節炎)、腫瘍性疾患、外傷(靱帯損傷、半月板損傷)、壊死性疾患(大腿骨顆部骨壊死)など

もっとも初期の段階では、起床時に膝に違和感を覚えることがあります。そして、立ち上がったときや、歩き始めたときなど、膝を動かした際に痛みの症状が出始めます。初期に起こる膝の痛みは一時的で、しばらく休めば痛みがとれることが多いです。

このような初期の段階では、痛みがすぐに治まることや、痛みがあっても加齢によるものだと諦める方がいたりして、病院を受診する方が少ないのが現状です。放置しても、すり減った軟骨や骨の変形は元には戻りません。変形性膝関節症は、初期の段階で診断と適切な治療を行うことで、症状を改善させたり、進行を遅らせたりできる可能性があります。そのため、膝に痛みが現れたときにはなるべく早めに整形外科を受診し、相談をしてください。

写真:Pixta
写真:Pixta

変形性膝関節症は、初期の症状を放置しておくと、徐々に進行して症状が悪化していく場合があります。このような中期の段階では、初期と比べて膝に痛みを感じることが多くなり、正座やしゃがむ動作、階段の上り下りなどが苦痛になります。また、膝からゴリゴリと音がすることがあります。さらに、膝の周辺に炎症が生じて腫れたり、膝に水がたまって、膝がまがりにくくなったり伸びにくくなったりします。このような中期の症状は簡単に治らず、長い距離の歩行が困難になることがあります。

中期の症状を放置すると、さらに症状が悪化します。痛みが大きくなり、仕事や買い物、旅行などの日常生活に支障をきたすことがあります。痛む膝をかばうようにして歩くようになったり、骨の変形が進むことでO脚になったりと、見た目にも変化が生じます。

さらに高齢の方は、活動範囲が狭くなることで体力が低下し、要支援、要介護の原因となったり、結果的に認知症につながったりする可能性も懸念されます。

先生

 “歩いているときに膝が痛い”という自覚症状を訴えて、受診される患者さんが多い印象です。また、膝がまがりにくい、膝が腫れたという症状で受診される方もいます。患者さんのなかには、“平地での歩行は大丈夫でも、山道を歩くと痛い”という方もいらっしゃいます。

変形性膝関節症を予防するためには、膝への負担を減らし、機能を維持することが大切です。日頃から以下のことを心がけていただくとよいでしょう。

  • 大腿四頭筋(太ももの前の筋肉)を鍛える
  • 正座を避ける
  • 肥満であれば減量する
  • 膝をクーラーなどで冷やさずに、温めて血行を良好に保つ
  • 洋式トイレを使用する

先ほどご説明したように、変形性膝関節症は進行すると痛みによって日常生活に支障をきたすことがありますので、自覚症状がある場合には病院を受診し、適切な治療を行うことが重要です。次のページでは、変形性膝関節症の検査と治療についてお話しします。

受診について相談する
  • 海南医療センター 医療技術局長兼整形外科部長

    南 晋司 先生

「メディカルノート受診相談サービス」とは、メディカルノートにご協力いただいている医師への受診をサポートするサービスです。
まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。
  • 受診予約の代行は含まれません。
  • 希望される医師の受診及び記事どおりの治療を保証するものではありません。

    「変形性膝関節症」を登録すると、新着の情報をお知らせします

    処理が完了できませんでした。時間を空けて再度お試しください

    本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

    なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。

    「受診について相談する」とは?

    まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。
    現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。

    • お客様がご相談される疾患について、クリニック/診療所など他の医療機関をすでに受診されていることを前提とします。
    • 受診の際には原則、紹介状をご用意ください。