新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら
疾患啓発(スポンサード)

変形性膝関節症の検査、治療(薬物療法、手術、PRP療法)の選択肢を解説

変形性膝関節症の検査、治療(薬物療法、手術、PRP療法)の選択肢を解説
南 晋司 先生

海南医療センター 医療技術局長兼整形外科部長

南 晋司 先生

目次
項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

変形性膝関節症とは、膝の関節にある軟骨などがすり減って変形したり、骨同士がこすれたりすることで炎症や痛みを生じる病気です。進行すると日常生活に支障をきたすことがあるため、初期の段階で病院を受診し、適切な治療を行うことが大切です。変形性膝関節症が疑われる際には、どのように検査し、治療を行うのでしょうか。

和歌山県の海南医療センター 整形外科 診療局長を務める南 晋司(みなみ しんじ)先生に、変形性膝関節症に対する検査、治療の選択肢について伺いました。

変形性膝関節症を疑う場合、まずは問診と触診を行います。問診では、膝の痛みなどの自覚症状について確認します。触診では、膝の内側に痛みがあるか、腫れの有無、膝のまがり具合などを調べます。

X線検査(レントゲン検査)では、X線撮影を行い、どのくらい変形しているかを調べます。骨と骨の間にある隙間は関節の部分で、X線検査では何も映りません。この隙間が狭いほど軟骨がすり減っているということが分かります。

X線の画像上では関節の変形がかなり進んでいるにもかかわらず痛みなどの症状が出ていない患者さんや、逆に、画像上では関節の変形はほとんど見られないのにひどく痛みが出ている患者さんもいます。

変形が少ないのに痛みが出ている患者さんのなかには、関節に石灰沈着が起こることで痛みが出ている場合もあり、これを偽痛風*といいます。このような病気と鑑別する必要がある場合には、関節液検査や血液検査を行います。

*偽痛風:ピロリン酸カルシウム結晶が関節内に沈着して石灰化し、炎症と関節痛を伴う病気

変形性膝関節症のX線検査画像
変形性膝関節症のX線検査画像

膝に炎症が起きて腫れている場合は、注射器で関節液を採取し、液の性状を調べます。

関節液が黄色で透明であれば、変形性関節症の場合が多いです。一方、関節液が混濁している黄色の液であれば、偽痛風や、関節リウマチなど関節炎を考える必要があります。

MRI検査では、関節軟骨や半月板、骨内の状態を評価します。変形性膝関節症が進行した状態では、通常であればクッションの役割を担う半月板が断裂したり、半月板が関節の外に逸脱したり、あるいは骨内に骨嚢腫(こつのうしゅ)による穴が開いたりして、痛みの原因となっている場合があります。関節の変形が大きくないのに痛みがある患者さんの場合にMRIで半月板を調べてみると、このような変化が発見されることがあります。また、MRI検査で大腿骨内顆骨壊死(だいたいこつないかこつえし)(大腿骨の内側が壊死し、発症時に激痛を伴う病気)が見つかることがあります。

変形性膝関節症とほかの病気を区別する必要がある場合、血液検査を行います。CRP(炎症反応)やリウマチ因子が陰性の場合は変形性膝関節症であることが考えられますが、一方、陽性の場合は関節リウマチや偽痛風を鑑別する必要があります。

変形性膝関節症に対する治療の基本は、保存的治療(内科的治療)です。変形性膝関節症の保存的治療には、生活指導、薬物療法、装具療法、運動療法があり、いくつかの方法を組み合わせて治療を行います。

なお、保存的治療を行っても痛みが緩和せず、日常生活に支障をきたす場合には、外科的治療(手術など)を選択することがあります。変形性膝関節症に対する手術的治療には、骨を切って変形を治す手術や、関節を人工の関節に置き換える手術などがあります。

また、近年では再生医療のひとつであるPRP療法(多血小板血漿療法)が、変形性膝関節症の治療の選択肢に加わりました。従来の治療では効果が見られないけれど手術まではしたくない方、あるいは手術をするほどではない状態の方であれば、PRP療法を検討することがあります(PRP療法についての詳細は次のページをご覧ください)。

運動習慣、減量、食事管理に関することを中心に、生活指導を行います。たとえば体重が重いと膝に負荷がかかるため、BMI(体格指数)が25以上で肥満である場合には、運動習慣の改善や減量、食事管理などを行い、体重のコントロールを試みます。

変形性膝関節症の薬物療法は、主に非ステロイド性消炎鎮痛剤(NSAIDs)や、ヒアルロン酸ナトリウムやステロイド剤の関節内注射を用いて行います。

痛みや炎症を抑える非ステロイド性消炎鎮痛剤(NSAIDs)には、内服薬、外用薬(塗り薬や貼り薬)、坐薬などいくつかの形態があります。そのほかに、より強い鎮痛作用を持つオピオイドや、カプサイシン含有の湿布薬などがあります。また、最近では、痛みを和らげる神経系を活性化させて鎮痛効果を発揮する薬を使うこともあります。

変形性膝関節症に対する関節内注射としては、関節軟骨の被膜保護、潤滑改善、軟骨修復などの作用を持つヒアルロン酸ナトリウムや、抗炎症作用と鎮痛作用を持つステロイド剤などを用います。

変形性膝関節症に対する装具療法は、膝にかかる負担を減らし、関節を安定させる目的で行います。たとえば、不安定な膝を固定する支柱入りのサポーターや、膝への体重のかかり方を変えて負担を軽減する足底板など、さまざまな装具があります。症状の進行度合いなどを考慮し、適切な方法を検討します。

運動による筋力の維持や痛みの緩和によって、膝への負担を減らし、日常の動作ができるようになることを目指します。たとえば、膝を支える大腿四頭筋(太ももの前の筋肉)を鍛える運動や、膝の動きをよくするための運動などがあります。

イラスト②

変形性膝関節症に対する温熱療法は、患部を温めることで関節の炎症を鎮静させ、痛みを和らげる目的で行われます。ただし、炎症が強く患部が腫れているときには冷却が必要です。

保存的治療を行っても症状が改善せず、日常生活に支障をきたす場合には、外科的治療(手術)を検討します。手術の方法にはいくつかの種類があります。

人工膝関節置換術は、関節が大きく変形し、痛みによって歩行が困難になっている場合に行います。傷んだ軟骨や骨を削って、人工関節に置き換えます。主に二つの方法があり、膝関節全体を置き換える方法と、部分的に置き換える方法があります。損傷が内側のみに限定されている場合にのみ、部分的に置き換える方法を選択できます。

高位脛骨骨切り術は、脛骨(すねの骨)の一部を切ってO脚を矯正する手術です。膝の内側の関節面に集中していた体重による負担を膝全体にバランスよく分散させる目的があります。人工物で関節を置き換えない方法で、人工関節置換術を行いたくないと希望される方や、術後にもスポーツなどを続けたいと希望される場合にも行います。

写真:Pixta
写真:Pixta

変形性膝関節症の手術後は、できるだけ早く日常生活に戻れるよう、早期離床とリハビリを進めます。患者さんの状態や手術方法によってリハビリの内容やスケジュールを設定し、筋力の回復具合に合わせて、膝のまげ伸ばしや歩行訓練、バランスをとる練習などを行います。また、退院後も必要に応じてリハビリを継続することで、日常生活や社会活動への復帰を目指します。

次のページでは、変形性膝関節症の治療における新たな選択肢であるPRP療法について詳しくご説明します。

受診について相談する
  • 海南医療センター 医療技術局長兼整形外科部長

    南 晋司 先生

「メディカルノート受診相談サービス」とは、メディカルノートにご協力いただいている医師への受診をサポートするサービスです。
まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。
  • 受診予約の代行は含まれません。
  • 希望される医師の受診及び記事どおりの治療を保証するものではありません。

    「変形性膝関節症」を登録すると、新着の情報をお知らせします

    処理が完了できませんでした。時間を空けて再度お試しください

    本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

    なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。

    「受診について相談する」とは?

    まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。
    現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。

    • お客様がご相談される疾患について、クリニック/診療所など他の医療機関をすでに受診されていることを前提とします。
    • 受診の際には原則、紹介状をご用意ください。