新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら
ニュース(スポンサード)

心臓外科医に聞く“withコロナ時代”の病院選びのポイント、適切に診療を継続することの重要性

心臓外科医に聞く“withコロナ時代”の病院選びのポイント、適切に診療を継続することの重要性
田端 実 先生

東京ベイ・浦安市川医療センター 心臓血管外科部長、虎の門病院 循環器センター外科特任部長

田端 実 先生

目次
項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

新型コロナの影響・余波により、感染を恐れて病院の受診をためらう患者さんや、院内感染の発生によって病院の機能が停止するといったことが見られ、心臓病の患者さんも例外ではありません。しかし、心臓病は適切なタイミングで治療を受けられなくなると命に関わる可能性があります。今回の感染拡大が収束したとしても、私たちはこれから、新型コロナウイルスと共存することになるでしょう。そんな“withコロナ時代”に、いかにして心臓手術を含めた診療を継続していくべきか、そして病院選びはどのように変化していくのか——。田端(たばた) (みのる)先生(東京ベイ・浦安市川医療センター心臓血管外科部長、虎の門病院循環器センター特任部長)に、そのポイントを伺います。

*本記事は、2020年5月18日取材時点の情報に基づいて記載しています。

新型コロナの影響で、医療もその形を変えつつあります。私たちは今、新型コロナウイルス感染症以外の診療をいかに継続していくかという課題に直面しています。そのひとつが心臓病の診療、特に心臓手術に関するものです。

国内の心臓病患者数は173万人にのぼるといわれ、死因の第2位となっています。新型コロナウイルス感染症による死亡率は10万人あたり0.5人(2020年5月現在)に対し、心臓病は同167.6人(2018年人口動態統計)。どちらも命に関わる病気ですが死亡率で見ると心臓病のほうが高く、心臓病の患者さんが新型コロナの影響により必要とする治療を受けられないという事態は避けなければなりません。

心臓病には、心臓弁膜症虚血性心疾患狭心症心筋梗塞)、心不全不整脈などさまざまな種類があります。大動脈瘤や大動脈解離も心臓血管外科で扱う病気です。これらの病気に対する手術は比較的侵襲(身体的な負担)の大きな治療で、“命を預かる治療”といえます。新型コロナの影響が拡大するこの時代に、心臓血管外科医として心臓手術を行うことにはこれまで以上に責任が伴うと考えています。どのような責任が加わるのか、私たちの取り組みと共にお話しします。

患者さんが病院を受診したり検査を受けたりする機会が減ることで、適切なタイミングで適切な治療を受けられない可能性があります。我々としては、患者さんが新型コロナを恐れて必要な受診を控えたり自己判断で治療を中断したりすることを避ける環境をつくることが急務です。

東京ベイ・浦安市川医療センターの循環器内科・心臓血管外科、そして虎の門病院の循環器センターでは、患者さんがメールで気軽に相談できるオンライン相談を随時受け付けています。「こういう症状があるが受診するべきか?」「オンライン外来がよいか、対面外来がよいか?」「今の状況で手術は受けられるのか?」などの質問や、「手術の詳細やリスクを知りたい」といった一般的な治療内容の質問にも回答しています。さらには東京ベイ・浦安市川医療センターでは2020年4月より保険診療のオンライン外来を通じて、自宅にいる患者さんやご家族からビデオ通話でより詳しくお話を聞きながら、検査や治療の内容、タイミングについて説明を行っています。

*患者さん向けのオンライン診療については下記をご覧ください。

https://tokyobay-mc.jp/heartcenter_blog/online_outpatient_clinic_20200421/

心臓病において治療の必要性や最適な方法・タイミングを決めるためには、多職種からなるハートチームが重要な役割を果たしています。3密を回避するためにハートチーム内のコミュニケーションの質が低下することは避けるべきです。そのため当院では、毎朝行っているハートチームカンファランスをオンラインで実施、3密を回避しつつハートチーム機能を低下させないことで、“必要な手術を適切な方法とタイミングで行う責任”を全うしています。

このようにオンラインツールを駆使し、コロナ禍でも医療者と患者さん、医療者同士で十分なコミュニケーションを取り続け、心臓病の患者さんが適切な方法とタイミングで治療を受けられるような体制を整えています。

オンラインカンファランスの様子
オンラインカンファランスの様子

手術には感染症リスクが伴うため、以前から感染対策は非常に重要なことでした。そして、withコロナ時代にはこの重要性がさらに増します。

私たちは2020年2月以降、従来から行っていた感染症内科との連携をさらに強化し、周術期における感染症対策を徹底しています。たとえば、手指消毒や感染防護具の着用、面会制限、来院者のコロナスクリーニング、院内のゾーニングなどです。

心臓血管手術の前後(特に術後)の発熱は比較的よくあることで、さまざまな要因で起こります。現在では、術前術後に起こりうるあらゆる感染症の鑑別診断のひとつとして、新型コロナウイルス感染症を考慮しなければなりません。そこで新型コロナウイルス感染症の可能性を常に考慮し、発熱した場合はほぼ全例、感染症内科医の見解を聞いたうえで検査・治療方針を検討しています。これは、感染症のプロではない心臓血管外科医が新型コロナウイルス感染症を見逃して院内感染を引き起こすということを避けるための対策です。感染症のプロである感染症内科医に、コロナを含めた周術期の感染症に目を光らせてもらうことで、我々心臓血管外科医が手術などの診療に集中できるという効果もあります。

どんなに感染対策を徹底していても“院内感染”のリスクはゼロにはなりません。“有事”が発生したとき、何の対策も講じられていなければ、スタッフは自宅待機となり、病院機能は破綻、当然患者さんの治療にも影響が及びます。心臓血管外科の場合、適時に行わなければ生命に関わる手術が多くありますし、また、手術を行った後には専門的な術後管理が必要です。これらがある日突然行えなくなれば、患者さんにとって極めて大きな不利益となります。

このような状況を避けるため、当院ではもともとスタッフを二つのチームに分けて診療を行っており、さらにコロナ禍をきっかけに、心臓血管外科医全員で集まる機会を最小限にする体制を整えました。現在は比較的コロナへの感染が落ち着いているため、完全に2チーム間の接触をなくす体制にはしていませんが、地域で感染が拡大した場合には2チームが完全に接することなく診療を行うことができます。それにより、万が一有事が発生しても、1チームは自宅待機という事態を回避して、診療を継続できる可能性が高まるのです。

MICS(低侵襲心臓手術)やTAVI(経カテーテル大動脈弁置換術)などの低侵襲な(身体的負担の少ない)治療に注力していることもポイントといえます。低侵襲治療は通常の手術よりも早期退院が見込めるため、今後、新型コロナ感染が再び拡大して人員や病床が不足となった際でも、心臓病の治療が継続できる可能性が高まるからです。さらに、低侵襲な治療は通常の心臓手術よりも輸血の使用が少ないという利点もあり、コロナ禍における献血不足が問題となっているなかでも有用な治療方法といえます。

心臓手術後の患者さんが新型コロナウイルス感染症を発症した場合に治療が継続できる体制を整えることも、コロナ禍で心臓血管手術を行ううえでの責任と考えます。東京ベイ・浦安市川医療センターも虎の門病院も専用ユニットで新型コロナウイルス感染症治療を行っており、幸い現時点ではそのような例はまだありませんが、万が一心臓手術後に発症した場合でも院内で治療を継続できます。

東京ベイ・浦安市川医療センターと虎の門病院、そして聖路加国際病院の心臓血管外科は以前より連携してさまざまな取り組みをしてきました(ハートアライアンス記事参照)。コロナ禍においても、その連携を生かしたバックアップ体制を整えています。万が一、一つの病院で心臓血管外科の診療が継続できなくなった場合、その病院の患者さんをほかの二つの病院に移して診療継続することができます。これはにわかの連携では難しく、以前から3病院の心臓血管外科で手術の標準化などの取り組みを行ってきたことが生かされます。元来その連携は一つの病院では難しい“働き方改革”問題を一緒に解決しようという試みで始まり、コロナ禍においても一つの病院では解決できない問題が予想されるなかで、病院の垣根を越えたチーム作りが役立つと考えます。

3病院のハートアライアンス
3病院のハートアライアンス

まず、新型コロナ流行にかかわらず重要なポイントは三つです。一つ目は、経験豊富な外科医が在籍し、症例数の多い病院であること。二つ目は、治療方法の選択肢が多い病院であること。たとえば、大動脈弁狭窄(きょうさく)症に対して開胸手術およびTAVIの両方を行っているかといった点で判断できます。選択肢が多いということは、その中からより適切な治療を選択できるという考え方です。三つ目は、内科・外科の垣根なくハートチームが機能して治療の必要性および適切な治療法とタイミングをしっかりと判断できるかどうか。これは外からの判断は難しいですが、内科的・外科的両方の視点で客観的に診療している(循環器内科・心臓血管外科の人員や症例に偏りがない)ことが一つの目安になるかもしれません。

これらに加えてwithコロナ時代には、感染症対策がしっかりと行われているか、感染有事発生時のバックアップ体制があるかを確認して病院を選ぶことが重要になります。感染症対策については、感染症内科ないし感染対策室があることが一つの目安になるでしょう。バックアップ体制については、2チームに分けられるだけの医師の数か、もしくは術後管理できるチームのバックアップがあるかが目安になります。

withコロナ時代にあっても、心臓病を患う患者さんが必要な検査や治療を適切なタイミングで受けることは非常に重要です。これまでお伝えしたようなポイントを踏まえて病院を選び、メールや電話相談、オンライン外来を活用して、適切なタイミングで治療を受けていただければと思います。

私たちも、withコロナ時代の新しい生活形式に合った医療体制で質の高い医療を皆さまにお届けできるよう、たゆまぬ努力と革新を続けていきます。

受診について相談する
  • 東京ベイ・浦安市川医療センター 心臓血管外科 部長、虎の門病院 循環器センター外科 特任部長

    田端 実 先生

「メディカルノート受診相談サービス」とは、メディカルノートにご協力いただいている医師への受診をサポートするサービスです。
まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。
  • 受診予約の代行は含まれません。
  • 希望される医師の受診及び記事どおりの治療を保証するものではありません。

    本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

    なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。

    「受診について相談する」とは?

    まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。
    現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。

    • お客様がご相談される疾患について、クリニック/診療所など他の医療機関をすでに受診されていることを前提とします。
    • 受診の際には原則、紹介状をご用意ください。