新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら
編集部記事

画像で見る口腔がんと口内炎の見た目の違い~口腔がんのセルフチェックのポイントは?~

画像で見る口腔がんと口内炎の見た目の違い~口腔がんのセルフチェックのポイントは?~
廣田 誠 先生

横浜市立大学附属市民総合医療センター 歯科・口腔外科・矯正歯科 部長/准教授

廣田 誠 先生

目次
項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

口腔がんとは、口の中や唇にできるがんのことをいいます。口腔がんには、舌がん・歯肉がん・口腔底(口底)がん(下顎の歯茎と舌に囲まれた部分にできるがん)・硬口蓋(こうこうがい)がん(上顎の天井部分にできるがん)・頬粘膜がん・口唇がんなどがあり、がんができる部位によって分けられます。初期症状は口内炎歯周病に似た症状があることから、がんであることに気づかず放置してしまい進行がんになる人もいます。では、どのような症状がある場合に口腔がんを疑うとよいのでしょうか。

本記事では、口腔がんの特徴や病院を受診するタイミングについてお伝えします。

初期の口腔がんでは口内炎と同じように舌や口の中の粘膜がただれた状態になり、できものや傷、粘膜の荒れが見られます。ただし、一般の方が見た目から口腔がんと口内炎を見分けることは困難です。

その割合から考えると舌や口の中の粘膜のただれは、ほとんどが口内炎と考えてよいでしょう。しかし、なかなか治らない場合には口腔がんが疑われる可能性があります。また、口腔がんのなかでも歯肉がんの場合には、歯茎の腫れ、出血、歯のぐらつきなど歯周病とよく似た症状が現れることがあります。

初期の口腔がんでは口内炎歯周病に似た症状が現れることがありますが、触れない限りは痛みを感じることはほとんどありません。しかし、がんが進行すると、痛みが生じたり、しこりや腫瘤形成などが目で見ることができたり、舌で触って分かるような変化が生じたりすることがあります。また、がんのできる部位によっては、口が開けにくい、舌が動かしにくい、唇の感覚がおかしいなどの症状が現れることもあります。そのため口に痛みがある場合やしこりや腫れなど気になる症状がある場合には、耳鼻咽喉科あるいは歯科の受診を検討しましょう。

口腔がんにはその前兆となる前がん病変が存在します。

口腔がんの前がん病変としてもっとも代表的なのは“白板症(はくばんしょう)”です。白板症とは、舌や口の中にこすっても取れない白い病変が生じることをいいます。白板症ができたから必ずがんになるということではありません。しかし、将来がんに発展する可能性もあるため、白板症が生じたら事前に切除などの治療を行います。舌や口の中が白っぽく変色していて、こすっても取れない場合や長期間それが治らない場合には、白板症の可能性を考え耳鼻咽喉科や歯科の受診を検討しましょう。

口腔がんは自分で見ることができたり、痛みを生じるなどの症状が現れる場合もあります。以下のような症状がある場合は初期の口腔がんである可能性が考えられるため、かかりつけの耳鼻咽喉科や歯科を受診することを検討しましょう。

  • 口内炎(舌や口の中の粘膜のただれ)が2週間経過しても治らない
  • 口の中の粘膜が白っぽく変色している
  • 粘膜の赤みが増し、ただれたような印象がある
  • 粘膜の表面がざらついていたり、しこりのようなものが感じられたりする
  • 歯茎に腫れや出血がある
  • 歯がぐらついている

口腔がんに限りらず、がんは早期に発見し治療を行うことで予後がよくなります。しかし、初期の口腔がんは口内炎歯周病と勘違いされ見過ごされてしまうこともあります。そのため、気になる症状があればまず耳鼻咽喉科や歯科の受診を検討しましょう。

受診について相談する
  • 横浜市立大学附属市民総合医療センター 歯科・口腔外科・矯正歯科 部長/准教授

    廣田 誠 先生

「メディカルノート受診相談サービス」とは、メディカルノートにご協力いただいている医師への受診をサポートするサービスです。
まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。
  • 受診予約の代行は含まれません。
  • 希望される医師の受診及び記事どおりの治療を保証するものではありません。

    関連記事

  • もっと見る

    関連の医療相談が10件あります

    ※医療相談は、月額432円(消費税込)で提供しております。有料会員登録で月に何度でも相談可能です。

    「口腔がん」を登録すると、新着の情報をお知らせします

    処理が完了できませんでした。時間を空けて再度お試しください

    「受診について相談する」とは?

    まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。
    現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。

    • お客様がご相談される疾患について、クリニック/診療所など他の医療機関をすでに受診されていることを前提とします。
    • 受診の際には原則、紹介状をご用意ください。