新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら
疾患啓発(スポンサード)

がんなどの病気で苦痛を感じる患者さんに対する“緩和ケア”について

がんなどの病気で苦痛を感じる患者さんに対する“緩和ケア”について
徳原 真 先生

国立国際医療研究センター病院 医療連携広報管理部門長・緩和ケアセンター長・入退院支援センター長

徳原 真 先生

目次
項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

主にがん患者さんを対象にした医療である緩和ケアは、“ほかの治療法がなくなった段階で最後に受ける治療”と思われている方が多いかもしれません。しかし本来緩和ケアは、病気と診断され、それによって何らかの苦痛を感じたらいつでも受けることができるものです。本記事では、がんや慢性疾患の患者さんに対して、多職種で身体的・精神的な緩和ケアを提供する国立国際医療研究センター病院 緩和ケアチームの取り組みをご紹介します。同院 緩和ケア科 医長の徳原(とくはら) (まこと)先生にお話を伺いました。

緩和ケアは、“病気に伴う心と体の痛みを和らげること”(厚生労働省緩和ケア推進検討会より引用)と定義されています。

緩和ケアというと、体の痛みに対するケアだけを行うものだとイメージされている方が多いかもしれません。確かに、緩和ケアで主に行っているのはがん治療などに伴う体の痛みを和らげることですが、実際には“心の痛み”や“社会的な痛み”など、体の痛み以外に対しても幅広くケアを行っています。体が痛ければ精神的にも余裕がなくなり、いろいろなことを考えるのも難しくなってきますから、そういった“病気に伴う痛みやつらさ”全般を和らげることが、緩和ケアの役割であると考えます。

緩和ケアはがん患者さんのみならず、慢性心不全や慢性呼吸不全、慢性腎不全といった慢性疾患の患者さんも対象となります。特に当院は総合病院という特性上、がん以外にも循環器疾患や呼吸器疾患、感染症、糖尿病など、がんではない患者さんや基礎疾患を持つ方を幅広く受け入れており、そのような患者さんを長期的に支援する機会も珍しくありません。そのため、がん以外の患者さんに対する緩和ケアも、今後は積極的に行っていきたいと考えています。

また、当院緩和ケアチームは日常的に、主科にて行われるがん患者さんの診療にも参加しています。抗がん剤服用で生じた副作用による苦痛など、治療に伴うつらさに対しては、基本的に主科の主治医が薬の副作用のコントロールを行い、苦痛の軽減を試みています。しかし患者さんは、治療に伴う痛み以外にも精神的な苦痛やつらさを抱えていることがあります。そのような場合には緩和ケアチームが主治医と協力し、精神的なサポートを行っていきます。

緩和ケアチームは多職種*で構成されるため、一人ひとりの患者さんの原疾患**やニーズ、つらいと感じていることに応じて、チーム全体で柔軟に対応することができます。

*多職種:ここでは医師、歯科医師、看護師、ケアマネジャーなど、医療福祉に携わるさまざまな職種が協働すること。

**原疾患:おおもとの病気のこと。

緩和ケアは、がん患者さんであればがんになった瞬間から、または治療の過程で不安や苦痛を感じたら、いつでも受けられるものです。

かつては、がんであれば再発や転移などが見つかって標準治療ができなくなったら、次の対応法として緩和ケアに移るという流れが一般的でした。そのため、実際に“がんが進行してから受けるもの”と思われている方が多いかもしれません。しかし本来、緩和ケアは “ほかの治療法がなくなったときの最終手段”として行うものではなく、いつから行ってもよいものです。たとえば早期がんと診断されて手術を控えている患者さんでも、その手術を受けること自体が本人にとって大きな苦痛であるとすれば、診断された段階から緩和ケアが必要ということになります。

緩和ケアを受けたいと考えている場合は、主治医やがん診療連携拠点病院のがん相談支援センターに相談していただければ、そこから緩和ケア科へ連絡が届き、緩和ケアチームによる診療がスタートします。当院では地域がん診療連携拠点病院として緩和ケアを受けるためのフローが整っているので、気軽に利用してください。

総合病院の特性を生かし、当緩和ケアチームには医師、歯科医師、看護師、薬剤師、ソーシャルワーカーなどさまざまな分野の専門家が集まっています。なかでも、がんの子どもおよびがん患者さんのお子さんのケアを行う“チャイルド・ライフ・スペシャリスト(CLS)”は特徴的な存在であり、当チームの強みであるといえます。

チャイルド・ライフ・スペシャリストは、がんのお子さんや、がん患者さんのお子さんに発達支援や心理社会的支援を行う専門の職種です。そのほか当緩和ケアチームのチャイルド・ライフ・スペシャリストは、幼い子どもを持つ若いがん患者さんに対して、ご自身の子どもに対して病気のことをどのように話せばよいか、患者さんが亡くなった後はどうやってお子さんを支えていけばよいかなどを一緒に考える役割も担っています。

国立国際医療研究センター 緩和ケアチーム(写真右から3番目:徳原 真先生)
国立国際医療研究センター 緩和ケアチーム(写真右から3番目:徳原 真先生)

グローバルヘルス緩和ケア研究会(Global Health Palliative Care Society:GHPCS)は、緩和ケアにおける地域ネットワークの構築を目的にした、医療従事者(全職種)対象の緩和ケア研究会です。各会でそれぞれ設けたテーマに応じて専門家を招き、レクチャーを行っていただきます。院内のスタッフはもちろん、近隣の医療機関の医師や地域の開業医にも参加していただけます。

定期開催される本研究会は2020年2月で41回目を迎えました。発足時からほぼ毎回参加いただいている在宅医もいらっしゃり、参加者同士のつながりを生む場にもなっています。

“がん患者サロンOLIVE”は病院内に設置しているがん患者さんとご家族向けの交流場です。がんに関する資料の閲覧をしたり、患者さん同士で悩みや体験を共有し合い親睦を深めたりすることができます。

がん患者サロンOLIVE入口
がん患者サロンOLIVE入口
がん患者サロン内の様子
がん患者サロン内の様子

また、がん患者サロンOLIVEでは、ミニ講演会や茶話会を定期開催(2020年6月現在休会中)しています。ミニ講演会は各回で異なるテーマが設定され、テーマに応じて各専門分野の医師やカウンセラーが担当者として参加します。茶話会は当院に通院していない患者さんでも参加可能なお茶会で、がん治療や療養について参加者同士で自由にお話をしていただくことができます。

がんのよろづ相談所のような場所であり、患者さん本人やそのご家族からのがんやがん治療にまつわる相談を幅広く受け付けています。看護師やソーシャルワーカーなどがお話を伺い、悩みの種類に応じて適切な職種のスタッフが対応します。なおがん相談支援センターは、当院に通院していない方でも利用が可能です。

最近特に力を入れている取り組みは、がん患者さんの就労支援です。がん治療を受ける中で生じた仕事やお金への悩みに関して、社会保険労務士とファイナンシャルプランナーによる相談会を開催しています(※2020年6月現在休会中、同年7月再開予定)。

がん患者さんの多くは病気のこと以外にも、お金や仕事、生活、育児など、本当にたくさんの悩みを抱えていると思います。当院は病気に対する治療以外でもこうした形でサポートを行っているので、何か悩んでいることがある場合は、病院をさまざまな形で活用してほしいと考えます。

冒頭でも述べた通り、緩和ケアの対象は末期の患者さんに限りません。病気に伴う体の痛みや心の痛み、不安、ストレスを感じている方はどなたでも緩和ケアを受けることができます。ですから緩和ケアを“特別なもの”や“最後の手段”だと考えずに、少しでもつらいと感じたら、主治医に緩和ケアを受けることを相談してみてください。私たち緩和ケアチームは、いつでも患者さんの支えになりたいと思っています。

受診について相談する
  • 国立国際医療研究センター病院 医療連携広報管理部門長・緩和ケアセンター長・入退院支援センター長

    徳原 真 先生

「メディカルノート受診相談サービス」とは、メディカルノートにご協力いただいている医師への受診をサポートするサービスです。
まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。
  • 受診予約の代行は含まれません。
  • 希望される医師の受診及び記事どおりの治療を保証するものではありません。

    本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

    なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。

    「受診について相談する」とは?

    まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。
    現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。

    • お客様がご相談される疾患について、クリニック/診療所など他の医療機関をすでに受診されていることを前提とします。
    • 受診の際には原則、紹介状をご用意ください。