新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら
編集部記事

子宮頸がんは人にうつるの?〜原因となるHPVは、性行為により異性にも感染する〜

子宮頸がんは人にうつるの?〜原因となるHPVは、性行為により異性にも感染する〜
金村 昌徳 先生

独立行政法人 国立病院機構 大阪南医療センター

金村 昌徳 先生

目次
項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

子宮頸がんとは子宮の入り口である“子宮頸部”に生じるがんのことをいいます。子宮頸がんの原因の約95%以上は、ヒトパピローマウイルス(HPV)への感染によって発生するといわれています。このHPVは人から人へうつるウイルスであることは知られていることから、子宮頸がんが人へうつると思っている方もいます。そこで本記事では、子宮頸がんの原因となるHPVをテーマに、どんな場合に人へうつるのかについて詳しく解説します。

子宮頸がんそのものは人にうつる病気ではありません。ただし、子宮頸がんの原因となるヒトパピローマウイルス(HPV)は、人から人へうつるウイルスで、性行為によって人へうつることが分かっています。実際、性行為をしたことのある女性の50〜80%はHPVに感染していると考えられています。

しかし、HPVに感染した人のうち、実際に子宮頸がんを発症するのは100人に1人程度といわれています。つまり、感染しても90%の人は免疫によってウイルスが排除されるため特に問題が生じることはありません。

残りの10%の人は長期間HPV感染し、細胞に異形成が生じて、子宮頸がんの前がん病変(がんになる前の状態)が生じます。そのうちのさらに一握りの人が前がん病変から子宮頸がんに進行します。このように、HPVに感染した人の中でも、子宮頸がんにかかる人はごくわずかです。

HPVとは200種類以上あるウイルスの一群です。その中でも13種類が子宮頸がんの発生に大きく関与しているといわれています。特に子宮頸がんへ進行する頻度が高く、がん化するスピードも速いといわれているウイルスは“HPV16型”と“HPV18型”で、これらのウイルスへの感染はHPVワクチンを接種することによって予防が可能です。

子宮頸がんの原因となるHPVは性行為以外でうつることはないと考えられています。そのため、入浴やプールなど日常生活を送るうえで感染することはないでしょう。

一方、性行為ではコンドームを使用していても、手指などを介してHPVに感染することがあります。そのため、性行為を経験したことのある人は何らかのHPVに感染している可能性があることを自覚し、子宮頸がん検診を受けるなどの対策を検討しましょう。

HPVは男性でも感染します。HPVに感染している男性と性行為を行うことで、男女問わずそのパートナーにも感染する恐れがあります。そのため、男性も女性同様、性行為を経験した人のうち50〜80%がHPVに感染していると考えられます。

男性がHPVに感染した場合、性行為によってパートナーにうつしてしまうだけでなく、女性と比較すると低確率ではあるものの男性自身に陰茎がん・肛門管がん口腔がんなどのがんが発生することもあります。そのため、海外では男性もHPVワクチンを接種する国もありますが、現在日本では男性用のHPVワクチンはありません。

子宮頸がんが人にうつることはありません。しかし、子宮頸がんの主な原因となるHPVは人を介してうつる可能性があります。前述のとおり、HPVにかかったからといって必ずしも子宮頸がんに進行するわけではありませんが、性行為の経験がある人なら誰でもHPVに感染している可能性があるため子宮頸がんにかかる可能性を考慮することが必要です。

厚生労働省では、20歳以上の女性を対象に2年に1回の子宮頸がん検診を受けることを推奨しています。会社や地方自治体の健康診断などを利用して定期的に検診を受けることを検討しましょう。

受診について相談する
  • 独立行政法人国立病院機構 大阪南医療センター 産婦人科 医長

    金村 昌徳 先生

「メディカルノート受診相談サービス」とは、メディカルノートにご協力いただいている医師への受診をサポートするサービスです。
まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。
  • 受診予約の代行は含まれません。
  • 希望される医師の受診及び記事どおりの治療を保証するものではありません。

関連記事

  • もっと見る

    関連の医療相談が27件あります

    ※医療相談は、月額432円(消費税込)で提供しております。有料会員登録で月に何度でも相談可能です。

    「子宮頸がん」を登録すると、新着の情報をお知らせします

    処理が完了できませんでした。時間を空けて再度お試しください

    「受診について相談する」とは?

    まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。
    現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。

    • お客様がご相談される疾患について、クリニック/診療所など他の医療機関をすでに受診されていることを前提とします。
    • 受診の際には原則、紹介状をご用意ください。