Img searchbox
皮膚

じんましん(こども)

目次

じんましん(こども)とは

じんましんとは、皮膚の一部に「膨疹(ぼうしん)」と呼ばれる少し膨らんだ皮疹が出現する病気を指します。じんましんの膨疹は、かゆみが瞬く間に広がるといった特徴があります。食べ物やストレスなどを契機にじんましんは発症しますが、これといった原因が同定できないことも多いです。

多くの場合、数時間から数日の間に自然に消えていく予後良好な疾患ですが、中には慢性的に経過することもあります。また中にはアナフィラキシーショックと呼ばれる重篤なアレルギー反応と関連してじんましんが出現することもあります。このアレルギー反応は命に関わることもあるため、早急に医療機関を受診して迅速な対応が求められる状態です。

より詳しい情報は、こちらをご覧ください

原因

じんましんは「マスト細胞」を代表とする皮膚に存在する細胞から、「ヒスタミン」を始めとした痒みやむくみを誘導する成分が分泌されることから発症します。マスト細胞が活性化する機序としてはIgE抗体が関与するⅠ型アレルギー反応であることが知られていますが、それ以外の機序を通して発症することも知られています。

じんましんを誘発する原因としては、ウイルスを始めとした感染症を例として挙げることができます。その他、食べ物のアレルギー反応としてじんましんが生じることもあり、原因となる食べ物には、卵や牛乳、小麦、そば、海老やかになどの甲殻類などを含めて多岐に渡ります。

食物に関連したものとして、原因となる食べ物を摂取してから十数分以内に口腔粘膜に腫れを伴う「口腔アレルギー症候群」と呼ばれるものがあります。その他、特定の食物を摂取した後、運動をすることでじんましんやアナフィラキシーが誘発される「食物依存性運動誘発アナフィラキシー」と呼ばれるタイプのアレルギー反応もあります。このタイプのアレルギーは小学生や中学生に見ることが多く、昼食に小麦製品を食べて、午後体育の時間で発症するという発症様式をとることがあります。

また、抗生物質や造影剤、アスピリンなどの解熱鎮痛剤を代表とする薬剤を原因としてじんましんが発症することもあります。さらに、ストレス、ラテックスゴムや汗、寒冷刺激、温熱刺激、日光、振動などの刺激をきっかけとしてじんましんを発症することもあります。

じんましんの中には、SLEやシェーグレン症候群を代表とする膠原病、リンパ腫等の血液疾患等の基礎疾患が原因となって膨疹が出現していることがあります。また、遺伝的な要素(血清C1-INH活性と呼ばれるものが低下します)でじんましんが生じることもあります。遺伝的な要素で発症するじんましんは、「血管性浮腫」と呼ばれる病態を呈することが多く、眼瞼や口回りの粘膜の浮腫を伴うことになります。同じような発症様式を呈するものには、アンジオテンシン転換酵素阻害薬を内服した後にも発症することが知られています。

以上のようにじんましんを引き起こす原因は多岐に渡り、中にはアナフィラキシーを呈することもありますし、基礎疾患のために重篤な経過を辿ることもあります。しかしながら、原因疾患をこれと同定できることは多くはなく、ほとんどの方が原因不明のままじんましんを発症することになります。

より詳しい情報は、こちらをご覧ください

症状

じんましんでは急激に発症する膨疹が特徴であり、見た目は蚊に刺された痕に類似します。サイズは様々であり、1cmほどの大きさのものから地図状に広く広がるもののこともあります。じんましんの膨疹は非常に強い痒みを伴い、数時間のうちに身体の至る所に広がり、その後跡形もなく消失します。

多くの場合は一回じんましんが発症しても繰り返すことはないのですが、中には1ヶ月以上じんましんが経過する「慢性じんましん」もあります。慢性じんましんにおいては夜間にじんましんが出現することが多く、原因を特定できないことも多く治癒までに数ヶ月かかることも多いです。

じんましんでは皮膚のかゆみを伴う膨疹症状に加えて、口腔内の粘膜や気道、目等の粘膜にも症状を伴うことがあります。空気の通り道が大きく障害されると、呼吸困難を伴うことがあります。さらに、血圧低下や意識障害を呈することもあり、生命の危機に瀕することもあります。こうした状況は特に「アナフィラキシーショック」と呼ばれ、迅速に対応することが求められます。

より詳しい情報は、こちらをご覧ください

検査・診断

じんましんの診断及び原因の評価のためには、第一に大切なのは丁寧な問診と身体診察です。じんましんの原因ははっきりとそれと特定できないことも多く、かつ一過性におさまることも多いため、丁寧に病状を評価するのみで特別な検査を行わないことも多いです。

一部のじんましんにおいては、病歴や身体所見からどのような検査をするかが決定されます。例えば食物アレルギーが疑われる場合においては、プリックテストや血液検査によるアレルゲン検索が行われます。食物アレルギーや薬物のアレルギーでは、疑わしい物質を少量負荷することで症状誘発の有無を確認することもあります。

膠原病が疑われる場合においては、SLEであれば特徴的な自己抗体が測定されることもありますし、臓器障害の程度を評価するために貧血の程度や尿検査などが追加で行われます。また遺伝的なじんましんが疑われる時には、C1-INH活性、補体測定といった、より診断に特異的な血液検査が行われます。その他、特殊なタイプのじんましんもありますが、適宜遺伝子検査や皮膚生検などといった、やや踏み込んだ検査も検討されます

 

治療

じんましんの治療は、薬物治療と原因除去の二つが大きな柱になります。薬物治療としては抗ヒスタミン薬が主体です。じんましんの症状がでている時はもちろん、既にじんましんが消失している場合においても、再燃を予防するために数日内服することがあります。抗ヒスタミン薬には眠気を誘発するタイプのものもありますので、そうした副作用の少ないものが選択されることもあります。

抗ヒスタミン薬が奏功しない場合には、H2拮抗薬や抗ロイコトリエン拮抗薬、ステロイドといった薬剤が使用されることもあります。これらの治療でもじんましんのコントロールがつかない場合は、シクロスポリンと呼ばれる免疫抑制剤が使用されることもあります。慢性経過をじんましんでは、こうした薬剤を長期に渡り使用することになるため副作用の出現もより懸念されるため、慎重に経過を評価しながら、必要に応じて薬剤の減量や中止を行う必要があります。またじんましんの治療においては、じんましんのタイプや原因に応じて薬剤の効き方が異なることも知られています。病型を性格に評価しながら、どういった治療方法が最も適しているかを適宜検討する姿勢も重要です。

じんましんの治療では、原因となる刺激誘因を避けるという視点も重要です。食物が原因となっているのであれば、原因食物を避けます。薬剤の場合も同様、じんましんの原因薬剤を中止する措置も必要です。

じんましんではアナフィラキシーショックを発症することもあります。アナフィラキシーショックを発症した場合には、迅速な医療機関への受診が必要です。また、アナフィラキシーショックを繰り返す場合には、「エピペン」と呼ばれる注射薬を携帯することもあります。本人はもちろん、周囲の方がアナフィラキシーの症状がどのようなものか、どんな時にエピペンを使用するべきか等の知識を身につけることも大切になります。

じんましんは一過性に経過することも多いですが、中には基礎疾患を伴うこともありますし、重篤になることもあります。状況を見極めつつ適切な対応策を講じることが重要であると言えます。

より詳しい情報は、こちらをご覧ください

じんましん(こども)に関する記事一覧

この病気の記事に協力していただいている先生

病気検索に戻る