Img searchbox

インフルエンザ(こども)

目次

インフルエンザ(こども)とは

インフルエンザとは、インフルエンザウイルスにより引き起こされる、急激な上気道症状発症を主体とした急性ウイルス性疾患を指します。主に11月頃からインフルエンザに罹患する人が徐々に増え始め、1月頃をピークとして4月過ぎまでに流行は収束に向かうのが通年の傾向になります。特に学校生活の枠組みで考えると、冬休み明けに集団生活が再開されることも相まって、同時期に学級閉鎖に追い込まれるほどの集団流行が生じることもまれではありません。
インフルエンザは肺炎や中耳炎などの合併症を起こしやすく、インフルエンザ脳症と呼ばれる重篤な合併症を生じることもあります。そのため、いわゆる「普通の風邪」の延長線にあるものと考えるべきものではなく、より重篤になりやすい疾患として対応することが必要です。
その他こちらの記事もご参考ください。
【インフルエンザとはどんな病気?―インフルエンザウイルスの有無を議論することには意味がない

原因

インフルエンザウイルスにはA型、B型、C型の三つの型のウイルスがあります。この中でも、A型とB型のインフルエンザウイルスが、冬に流行を示す「季節性インフルエンザ」を引き起こします。インフルエンザウイルスは、ヒトに感染する際に必要不可欠なタンパク質を持っています。このタンパク質の顔つきが少しずつ異なるウイルスが多く存在していることから、一種類のインフルエンザウイルスに罹ったとしても、再度別種類のインフルエンザウイルスに罹患することがありえます。このことは、一度罹れば基本的には一生涯免疫を獲得する他のウイルス疾患(おたふく風邪や麻疹など)と大きく異なる点です。そのため、冬季のインフルエンザ流行に対応するために、毎年対応策を講じることが重要になります。
インフルエンザウイルスはヒトに感染するのみならず、例えば鳥やブタにも同様に感染するウイルスが存在しています。ヒト以外の動物にのみ感染していたウイルスが、突然ヒトにも感染することもあり「新型インフルエンザ」と呼ばれます。季節性インフルエンザと異なり、ほとんどの人が免疫を持っていません。そのため世界的な大流行を引き起こし、かつ、とても高い死亡率や合併症の発生率を伴います。直近の大流行に当たる2009年の新型インフルエンザ(H1N1型)においては、日本だけでなく世界中で猛威をふるい、全世界で最大57万人ほどの方が同ウイルスが原因で亡くなっていると報告されています。
さらに、「高病原性鳥インフルエンザ(H5N1型)」という言葉を耳にされたことがある方も多いかと思います。本来は鳥の間で感染が広がるインフルエンザが、ヒトにも移ることから引き起こされます。現在までのところは、ヒトの間で流行することは確認されていませんが、ひとたび感染すると高い死亡率を示すことが東南アジアを中心に報告されています。2009年に発生したような大流行を引き起こしうるインフルエンザとして、日本のみではなく世界中からその動向に注目が集まっています。
より詳しくは、こちらの記事もご参照ください。
【高病原性鳥インフルエンザ:H5N1型について】

症状

インフルエンザの症状は、重症から軽症まで様々であり、症状の出方は千差万別です。咳や鼻水などの飛沫感染や接触感染をきっかけとしてインフルエンザウイルスは伝播し、およそ1ないし2日の潜伏期間を経て発症します。典型的なインフルエンザでは、38度を超える急激な発熱を来たし、通常の風邪と比較して倦怠感や筋肉痛、寒気、咳が強く出ます。普通の風邪では鼻水は引き始めに出ることが多いですが、インフルエンザでは発熱と咳が前面に出てきて、しばらくしてから鼻水が出ることも違いの一つに挙げることができます。新型インフルエンザでは下痢や嘔吐などの消化器症状が伴いやすいです。
発熱期間は通常は5日前後ですが、肺炎や脳症などの合併症を来たしたときはその限りではありません。特に幼児を中心とした小児においては、急性脳症を発症する危険性が高いことも知られています。意識障害やけいれんなどを呈することもあり、より集中的な治療が必要になります。
また学童期のお子さんにおいては、意識状態が通常と比べて変化しやすいことが知られています。うわごとをしゃべったり、突然部屋から飛び降りることもあります。インフルエンザに罹患している時には、周囲の方がそばにいて、突発的な事故が生じないように注意深く観察することが大切になります。
その他、こちらの記事もご参照ください。
【インフルエンザの基礎知識】

検査

インフルエンザの検査にはいくつかありますが、多くの医療機関で汎用性が高く使用されている迅速診断法が代表的です。迅速診断法では鼻からの拭い液を利用してインフルエンザウイルスが体内にいるかどうかを確認しており、10分前後で結果が出る簡便さもあります。しかし、検査結果を正確に判断するためには、ある一定量のインフルエンザウイルスが存在することが必要です。インフルエンザ発症初期にはウイルス量が少ないこともあり、発症間もない時期に検査を行うと結果を誤って解釈することもあります。
その他、こちらの記事もご参照ください。
【インフルエンザの診断書とは 検査なしでも診断書はもらえる】

治療

インフルエンザは、必ずしも抗ウイルス薬を使用しなければならない病気ではないことに留意することは大切です。患者さんのもともと持っている持病(喘息や心臓疾患、腎疾患など)との兼ね合いや、インフルエンザの重症度、インフルエンザに伴う合併症を慎重に判断しながら、治療薬を使用するかは決定されます。
インフルエンザの治療薬には、内服薬(タミフル)、吸入薬(リレンザ、イナビル)と点滴薬(ラピアクタ)があります。インフルエンザの治療薬は早くに使用したほうが効果が高く、発症後48時間以内に開始することがよいとされています。しかし、実際には症状や経過を見ながら治療方針は決定されます。
タミフルは、2016年11月から1歳未満の小児に対しても使用することが認可されており、より治療の選択肢が広がったと言えます。その一方、タミフルに関連して「タミフル脳症」という言葉も知られています。これは特に10歳以上のお子さんがインフルエンザ罹患時にタミフルを内服すると、異常行動を来たすことが多いことを意味しています。そのため、10歳以上の小児に対してはタミフルは原則使用禁忌となっています。やむなく使用する場合も、異常行動などの副作用が発生しないよう、注意深く観察する必要があります。
吸入薬の使用においては、そもそもお子さんがうまく吸入できるかどうかを判定することが大切です。小学校低学年以降であれば、上手に吸入できることも多いです。イナビルは、インフルエンザの治療初日に一度吸入すればよく、飲み忘れや吸入し忘れなどの懸念がありません。
そもそもインフルエンザに罹患しないための予防策も大切です。特に流行する冬においては、手洗いやうがい、マスクの着用などを励行しましょう。新生児や乳幼児がいる家庭においては、家庭内にウイルスを持ち込まないための努力も必要です。インフルエンザには利用可能なワクチンもあり、予防接種を行うことも有効です。

その他、以下の記事もそれぞれ参考ください。
予防接種について
【インフルエンザの予防接種はどんな病院で受けるのがいい?―インフルエンザワクチンについての5つの疑問】
【インフルエンザの予防について】
治療について
【インフルエンザの治療―抗インフルエンザ薬は症状改善を1日早める】
【インフルエンザの治療―4つの抗インフルエンザ薬に対する考え方】

参考
【国立感染症研究所(インフルエンザ)】
【国立感染症研究所(インフルエンザの流行)】
【国立感染症研究所(インフルエンザ・パンデミックに関するQandA)】
【CDC(インフルエンザ)】
【中外製薬(抗インフルエンザウイルス剤の新生児・乳児への承認)】

インフルエンザ(こども)に関する記事一覧

もっと見る

この病気の記事に協力していただいている先生

病気検索に戻る