クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
Noimage s500x350
尖圭コンジローマ(男性)
尖圭コンジローマとは、ヒトパピローマウイルス(HPV)に感染することで生じる一種のイボです。尖圭コンジローマは性感染症(STI:Sexually Transmitted Infections)の...
クリップに失敗しました
クリップ とは
記事にコメントをつけて保存することが出来ます。検索機能であとで検索しやすいキーワードをつけたり、読み返し用のメモを入れておくと便利です。
また、記事を読んで疑問に思ったこと、わからないことなどをコメントに書き、「医療チームのコメントを許可する」を選んで頂いた場合は、医師や看護師が解説をメールにてお送りする場合があります。
※ クリップ内容は外部に公開されません

尖圭コンジローマ(男性)せんけいこんじろーま

更新日時: 2018 年 02 月 07 日【更新履歴
更新履歴
2018 年 02 月 07 日
掲載しました。
閉じる

概要

尖圭コンジローマとは、ヒトパピローマウイルス(HPV)に感染することで生じる一種のイボです。尖圭コンジローマは性感染症(STI:Sexually Transmitted Infections)のひとつで、男性と女性どちらにもみられる病気です。

HPVには数多くの型がありますが、尖圭コンジローマはこのうちHPV6型と11型によるものです。尖圭コンジローマ以外の病気でも男性性器にイボが生じることがあるため、診断時には症状が似ている他の病気との慎重な区別が重要です。

治療方法には、薬物療法や凍結療法、レーザー蒸散などがあります。包茎の方の場合、包皮に閉ざされた空間において、HPVが持続的に感染するリスクが高まることから、尖圭コンジローマの治療に時間がかかったり、再発したりすることがあります。

原因

尖圭コンジローマは、ヒトパピローマウイルス(HPV)に感染することで発症します。HPVは性交渉を通して感染するため、性感染症のひとつとして数えられています。HPVは200種類以上に分類されますが、このうち尖圭コンジローマの原因となるHPVは6型と11型であり、この両者で尖圭コンジローマの約90%を占めるといわれています。

男性の場合、包茎があることで治療に困難を伴ったり、再発を繰り返したりするようになります。また、HIV感染、ステロイドの使用中、糖尿病などを抱える場合も治療経過に悪影響を及ぼすことも知られています。

症状

潜伏期間

尖圭コンジローマの場合、ウイルスに感染してから症状が現れるまでの潜伏期間は、3週間から8か月といわれています。

主な症状

男性の場合は、潜伏期間を経て、亀頭、包皮、陰嚢、外尿道口、肛門周辺にイボが生じることが大半です。尖圭コンジローマのイボは、徐々に増えていきます。なお、痛みやかゆみを伴うことはほとんどないとされています。

検査・診断

尖圭コンジローマの診断の際には、症状が似た他の病気ではないことを確認する必要があります。男性器にイボ(腫瘤性病変)が形成される病気は、尖圭コンジローマ以外にも多数あります。

具体例としては、真珠様陰茎小丘疹、ボーエン様丘疹症、陰嚢被角血管腫、フォアダイス状態、悪性腫瘍、脂漏性角化症などが挙げられます。そのため、尖圭コンジローマの可能性が疑われる場合には、イボの数や大きさ、色、盛り上がり具合などを調べ、総合的に診断します。診断を確実に行うために、病変組織の一部を採取して顕微鏡で観察する検査や、PCR法などを用いてHPVの遺伝子の検出を試みる検査が行われることもあります。

治療

尖圭コンジローマの治療法には、外科的療法と薬物療法があります。

外科的療法

外科的療法には次のような方法があります。

  • 外科的切除
  • 電気焼灼術
  • 凍結療法
  • レーザー蒸散術 など

薬物療法

使用する薬にはさまざまな種類があり、クリームや注射、ゲルや液体などのタイプがあります。どの薬を使用するかは、イボの数や大きさ、治療に対する抵抗性(反応の良し悪し)、利便性などから総合的に判断されます。

包茎の場合の治療

包茎は尖圭コンジローマを発症するリスク因子となります。また、尖圭コンジローマの治療に時間がかかったり、再発を繰り返したりする原因となることもあります。そのため、包茎に対する治療として環状切開術を行うこともあります。

パートナーの治療も大切

尖圭コンジローマは性交渉を介して感染する病気です。どちらかが感染することで再発を繰り返すピンポン感染を防ぐためにも、ご本人だけでなくパートナーも同時に治療することが大切です。

尖圭コンジローマ(男性)の記事を読む

尖圭コンジローマ(男性)の記事にご協力いただいている医師