にほんのうえん こども

日本脳炎(こども)

脳

目次

項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

概要

日本脳炎とは、コガタアカイエカと呼ばれる蚊の一種により原因ウイルス(日本脳炎ウイルス)が媒介される脳炎の一種です。感染者のおよそ100~1000人に一人の割合で脳炎を発症し、意識障害やけいれんなどをきたします。日本脳炎は、ワクチンにより予防が可能です。日本脳炎ウイルスは極東から東南アジア、南アジアに広く分布し、沼地に生息するシギやツルなどの鳥、家畜として飼育される豚などの体内に生息します。コガタアカイエカは、人や、こうした鳥や豚の血液を吸い、日本脳炎ウイルスが鳥や豚から人間に感染します。こうした日本脳炎ウイルスの流行地域に渡航する際は、厚生労働省検疫所などの情報をもとに、予防接種を検討しましょう。効果を得るために数回の接種が必要になることもあるため、時間的余裕を持った対応を心がけましょう。

原因

日本脳炎は、日本脳炎ウイルスにより引き起こされます。豚や鳥に生息する日本脳炎ウイルスは、蚊によって人に伝播(でんぱ)することはありますが、人から人に移ることはありません。

蚊に吸血されて体内に侵入した日本脳炎ウイルスは、リンパ節を始めとした各種臓器で増殖し、血液を介して脳組織に進入します。脳の中でも特に神経細胞が密集した部位(大脳皮質、基底核など)でウイルスは増殖し、神経細胞にダメージを与えて重篤な症状をきたします。

症状

日本脳炎ウイルスに感染しても多くの場合は症状をきたしませんが(不顕性感染)、100~1000人に一人の割合で脳炎を発症すると考えられています。中には無菌性髄膜炎(ずいまくえんとして発症することもあります。

脳炎を発症する場合、ウイルスに感染後5~15日の潜伏期間を経て症状が現れます。

主な初発症状は

  • 突然の高熱
  • 頭痛
  • 嘔吐

です。その後、数日の間に意識障害や意識変容をきたし、落ち着かない様子になったり、刺激に対して反応が乏しくなったりします。また、手足の震えや四肢の麻痺が現れることもあります。そのほか、話すことや飲み込むことが困難になったり、呼吸障害や複視がみられたりすることがあります。小児は、特にけいれんや下痢・腹痛をきたすことがあります。

脳炎発症者のうちおよそ20~30%の方が亡くなるといわれ、また、最大で30~50%ほどの方に何かしらの神経的・精神的で永続的な後遺症が残ると報告されています。

検査・診断

日本脳炎ウイルスに感染すると、体内でウイルスに対する免疫反応として抗体が産生されます。日本脳炎の診断では、血液や髄液(脳と脊髄(せきずい)の周りを満たす液体)の中に、この抗体が存在しているかどうかを確認します。病初期には抗体が確認できないこともあるため、特に日本脳炎が疑われる場合には繰り返し検査をすることもあります。

直接的にウイルスの存在を確認するために、ウイルス分離やPCRなどを用いた検査が行われることもあります。特に重症例などでは、脳の組織を採取し、ウイルス検査や組織染色を併用することもあります。

また、ウイルスは神経細胞が密集している部位(大脳皮質、基底核など)で主に増殖するため、脳のCTやMRIにて同部位に変化を認めることもあります。

治療

日本脳炎ウイルスに特化した治療方法はないため、対症療法が中心になります。

日本脳炎の経過中は、脳全体が浮腫(ふしゅ)を起こし、

  • けいれん
  • 呼吸障害
  • 血圧低下

などをきたします。そのため、脳の浮腫を軽減させるために、脳圧降下剤を投与します。けいれんに対しては抗けいれん薬、呼吸障害や血圧低下に対しては人工呼吸管理や昇圧剤、輸液などによる治療を行います。

経過中に肺炎や敗血症などをきたした場合には、抗生物質を投与します。また、日本では日本脳炎の定期接種が3歳以降に設定されており、ワクチンによって重篤な合併症を予防することが期待できます。さらに、野外で活動する際には虫除けスプレーを使用する、長袖長ズボンを着用し皮膚(ひふ)の露出を抑えるなど、予防策を講じることも非常に重要です。