すいとう おとな

水痘(大人)

皮膚

目次

項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

概要

水痘は、水痘帯状疱疹(すいとうたいじょうほうしん)ウイルスに感染することを原因として発症する感染症です。

一度水痘を発症すると体内にウイルスが潜伏し、長い年余を経てから帯状疱疹の発症に至ることもあります。また、妊娠中の方がかかると胎児への影響も懸念されます。

水痘は、予防接種により感染を予防することが期待できるため、感染を防ぐためにはワクチンの接種が重要です。

原因

水痘は、水痘・帯状疱疹ウイルスによる感染が原因で発症します。このウイルスは、感染した患者さんの鼻汁(びじゅう)(鼻みず)、唾液、水疱からの液を介して感染します。さらに、直接接触していなくても同室にいただけで空気を介して感染する可能性があります(空気感染)。

潜伏期間は、10~21日程(通常14~16日)です。最初の発疹が出現する2日前から全身の水疱が痂皮化(かひか)(かさぶたになる)するまで、感染力を持ちます 。また、水痘・帯状疱疹ウイルスは治癒後も脊髄後根神経節に留まり、免疫力が低下した際に再び活性化して、帯状疱疹を引き起こします。

症状

ウイルスへの感染が成立してから2〜3週間ほどの潜伏期間を経た後に発症に至ります。

赤い発疹や水ぶくれ、水ぶくれが破れた後のびらん(ただれ)、その後のかさぶたなどが皮膚に出現します。皮膚に生じた発疹は、強いかゆみを伴うこともあります。

髪の毛の生え際に至るまで幅広く全身に皮膚症状が現れることがある一方、ごく軽い皮膚症状でおさまることもあります。

また、水痘では臓器などに合併症が生じることもあり、それに関連した症状が現れることもあります。

たとえば、肺炎を合併することで咳や息苦しさなどが生じたり、神経系に合併症を起こすことで頭痛や吐き気、けいれんなどの症状が起こったりすることもあります。

妊娠中の方が水痘にかかると、肺炎や流産などの危険性が懸念されるため注意が必要です。

 

検査・診断

水痘の診断は、主に皮膚症状を詳細に観察することでなされます。

また、Tzanckテストと呼ばれる方法で水痘特有の皮膚症状を評価したり、血液検査を行いウイルスの存在を検索したりすることもあります。

水痘では、肺や中枢神経などに合併症が引き起こされるケースもあります。そのため、これらの臓器障害を評価することを目的として、血液検査やレントゲン写真、CT検査、MRI検査、髄液検査などの各種検査も必要に応じて検討されます。

治療

水痘は自然経過でよくなることが多いですが、抗ウイルス薬の内服が治療に使われることもあります。免疫不全のお子さんに対しては、入院してアシクロビルの点滴治療を行うこともあります。しかし、重症の場合、また合併症の程度によっては、適切な治療が行われたとしても後遺症が残り、最悪の場合には命にかかわることもあります。帯状疱疹の治療も水痘と基本的には同じです。

予防

水痘のワクチンは、生後12か月以降のお子さんを対象に定期接種に組込まれています。また、妊娠中の方が水痘を発症した場合の健康被害も懸念されるため、妊娠前に計画的に予防接種を受けることも大切です。

水痘は、周囲へ容易に拡大することが懸念される病気であるため、こうした対応策を講じることは、自分自身のみを守るのみならず、周囲の人を守る意味でも大切な観点です。