Img searchbox

熱中症(こども)

熱中症(こども)
に関する情報を集めました

熱中症(こども)とは

熱中症とは、暑熱環境における身体適応の障害によって起こる状態の総称を指します。人の身体は、暑熱環境つまり暑い環境にさらされた時、汗をかく等して体温が過剰に高くならないように調整しようとします。しかし、熱中症においては、この体温の調節がうまくいかずに、熱が体内にこもってしまいます。その結果、熱中症に伴う様々な症状が出現するようになります。
熱中症は、気温が上がり始める5月頃から見られるようになります。暑い日に外に長時間いることで発症するというのはもちろんのこと、室内においても発症することがある点は注目に値します。特に高齢者の中には、エアコンや扇風機の風を嫌がり、温度調節をしたがらない方も見受けられます。さらに高齢者は、のどの渇きを感じにくくなっていたり、体温調節機能も低下している傾向もあることから、室内でも熱中症にかかり救急車で搬送されるケースも稀ではありません。またお子さんは自分で症状を訴えることができないこともあり、周囲が特別に注意を払って熱中症予防を心がけることが大切です。

詳細は、こちらの記事も参照ください。
https://medicalnote.jp/contents/150715-000013-MKEZRW

症状・治療法など

熱中症(こども)に関する記事一覧

この病気の記事に協力していただいている先生

病気検索に戻る