ろうがん

老眼

目

目次

項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

概要

老眼とは、年齢を重ねることを原因として引き起こされる目の老化現象を指します。老眼では近くのものを見ることが難しくなり、本や新聞を読むなどの日常動作に支障を感じるようになります。

老眼は多くは40歳代半ば頃から生じる現象です。眼鏡の使用を始めとして対処することで生活の質を落とさないようにすることが求められる状態であると言えます。

原因

老眼は、年齢を重ねることで40歳代半ば頃から老化現象としてみられる状態です。ものを見るためには、角膜、水晶体、硝子体といった構造物を光が通り、目の内部を裏打ちする網膜に光が当たることが求められます。この際、ものをしっかりと明瞭に見るためには網膜に光の焦点が当たることが大切です。近くのものや遠くのものを見る際には、光の屈折率を変化させることが重要であり、中でも水晶体がこの役割を担っています。

しかし、加齢現象と共に水晶体は硬くなりピント機能が衰えてしまい、うまく網膜に光の焦点を当てることができなくなり、その結果として老眼の発症に至ります。

症状

老眼は、多くは40歳代半ば頃から症状が出現し始めます。老眼では近くのものに対しての焦点が合いにくく、近くのものが見えにくいという症状が見られます。そのため、文字の焦点が合うように新聞や本などを目から離して読む、パソコンからの距離を少し離して文字を読むようにする、などの行動変化を伴います。遠視の方でも調節機能の低下は同じように生じますが、症状は早く出現します。

老眼による症状は、疲れている時に酷く感じることもあります。また、手元の作業を長時間続けた後、頭痛や倦怠感、目の疲れを自覚することもあります。さらに老眼を放置することで、肩こりや慢性疲労などの症状につながることもあります。

検査・診断

老眼は、目の屈折率の変化を原因として視力に変化が生じる状態であるため、これらの状態を評価するための検査が行われます。老眼の検査に際して正確な屈折率を評価するために、目の緊張をほぐすための点眼薬を併用することもあります。

点眼薬を使用することで一時的にまぶしさが強く自覚されることもありますが、正確な病状評価のために使用されることがあります。

治療

老眼に対しては、近くのものをより鮮明に見ることができるように、眼鏡を使用しての治療介入が第一に検討されます。この際、近くのものを見る専用だけでいいのか、それとも中距離、遠距離のものを見るためのレンズを併用した方がいいのかなども考慮した上で、ご自身にあった眼鏡を選択する必要があります。また、老眼では眼鏡以外にも、コンタクトレンズや手術的な介入などが検討されることもあります。

老眼は加齢現象として、どなたにも見られる可能性がある状態です。老眼を放置することで目の症状のみならず、全身に渡っての不調が引き起こされる可能性があります。そのため、ものの見えにくさを自覚した際には眼鏡を始めとした調整を行うことが、日常生活の質を担保するためにも大切なことであると言えます。