ちょうかくしょうがい

聴覚障害

別名:難聴
耳・鼻

目次

項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

概要

聴覚障害とは、耳の聴こえが低下している状態を指します。

耳の聴こえには、外耳や中耳、内耳、脳といった各部位が適切に働くことが必要です。しかし、何らかの原因で各部位に異常が起こると聴覚障害が生じます。

原因には生まれつきの先天的なものと後天的なものがあり、脳腫瘍や薬などが影響することもあります。

障害の程度はさまざまですが、音がまったく聞こえなくなってしまうこともあります。

原因

聴覚障害の原因は、大きく分けて先天的なものと後天的なものがあります。

先天的な原因

先天的な原因としては、妊娠期間中の感染症(たとえば風疹ウイルス)や蝸牛などの内耳の奇形を挙げることができます。

後天的な原因

後天的な原因として頻度が高いのは、加齢による聴力機能の衰えです。そのほかにも、突発性難聴や脳腫瘍、薬による影響などで内耳や脳の機能が低下し、発症に至ることもあります。

また、大きな騒音に慢性的に曝されることでも聴覚障害が生じる可能性があります。そのほかにも、中耳炎や耳垢(みみあか)の貯留などが原因となるケースもあります。

症状

聴覚障害が起こると、耳の聴こえに支障が生じます。具体的には、以下のような症状が挙げられます。

  • 音が歪んで聴こえる。
  • 話し声が明瞭に聞き取れず、こもったような音として認識される。
  • 雑音がする環境では音の区別がつきにくく、会話に支障が生じる。

など

また、音がまったく聴こえなくなってしまうこともあります。

こうした症状によって会話がうまく成り立たず、コミュニケーションに支障をきたしたり、自分の気持ちがうまく伝わらないという思いから、心理的なストレスを感じたりすることもあります。

また、先天性の聴覚障害の場合、発語に必要な「言葉を音として認識すること」ができないため、発語にも支障をきたすことがあります。

検査・診断

聴覚障害では、身体診察によって聴こえに障害をきたす変化がないか(たとえば、外耳道の耳垢がたまっていないか、中耳炎により中耳に膿や滲出液がたまっていないか、鼓膜に穴があいていないかなど)を確認します。

また、外耳道や中耳など耳の伝わりに障害があるのか、あるいは内耳や脳神経などに障害があるのかを判断するために、音叉(おんさ)を使用した検査も行います。

音の聞こえを評価するために、純音聴力検査と呼ばれる検査も行います。この検査では高い音から低い音まで、どの程度の大きさの音が聴こえるかを判断します。

さらに、内耳や頭蓋内の病変がないかを判断するため、CTやMRIといった画像検査も検討されます。

治療

聴覚障害では、原因や障害の程度に応じて治療方法が異なります。

たとえば、耳あかが問題となっている場合は耳あかを除去し、先天的に外耳道が閉鎖していたり、鼓膜に穴があいていたり、耳小骨に奇形や外傷により骨折があったり、音を伝える神経や音を理解する脳の領域の腫瘍などが確認される場合には、手術的な治療を検討します。

中耳炎を繰り返す場合には、抗生物質やチューブの留置などが検討されます。また、補聴器や人工内耳の使用などが検討されることもあります。

そのほかにも、聴こえの程度によっては手話の習得などが必要となることもあります。

予防的な観点では、聴覚障害のリスク因子のひとつである妊娠期間中の風疹感染は、ワクチンにより予防することも期待できます。そのため、妊娠前に予防接種を受けることも大切です。