かんぱん

肝斑

皮膚

目次

項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

概要

肝斑とは、頬に生じることが多いシミの一種を指します。主に30〜40歳代の女性に見られることが多いです。

他人から見てわかりやすい顔を中心にシミが出現することから、美容的な観点で悩みを抱え、問題になることがあります。しかし、見た目の変化以外に痛みなどといった症状を引き起こすことはありません。

肝斑は、紫外線が原因となることが多いため、外に出る際などの紫外線対策が重要です。

原因

メラニンと呼ばれる色素を産生する細胞(メラノサイト)において、メラニンが過剰に産生されることで引き起こされます。

メラニンの過剰産生が引き起こされる刺激としては、日光への暴露を代表的な例として挙げることができます。このことと関連して、肝斑の対策として日光刺激を避けることが重要になります。

また、肝斑は妊娠、経口避妊薬(ピル)などと関連して引き起こされることから、女性ホルモンとの関係も指摘されています。

症状

肝斑は、日光の当たりやすい頬を中心にくすみがかったシミとして認められます。シミは左右ともに出現し、形や大きさは対称に近いことが多いです。頬以外にもおでこやアゴ、鼻の頭などにもシミが生じることがあります。

審美的な問題を引き起こす肝斑ですが、痛みやかゆみなどの症状が現れることはなく、見た目の変化以外に特別な症状はありません。

検査・診断

肝斑の検査として、特別な検査はありません。主に皮膚の所見を詳細に観察することで診断がなされます。

具体的には、以下のような点を確認し、総合的に判断することで診断されます。

  • シミが分布している場所
  • シミの形や大きさ
  • 左右対称性(左右対称にほぼ同じ形、大きさで現れます)
  • 自覚症状の有無

など

肝斑は、通常のシミ治療に用いられるレーザー治療で悪化することもあるため、肝斑と他のシミとをしっかり鑑別(見分ける)ことが大切です。

治療

肝斑の治療としては、ハイドロキノンと呼ばれる塗り薬を使用することがあります。ハイドロキノンを使用することで、原因であるメラニンの合成を阻害することで肝斑のシミを軽減させます。また、トラネキサム酸と呼ばれる内服薬を使用することもあります。

そのほかにも、肝斑ではケミカルピーリングやレーザーによる治療を行うことも検討されます。ケミカルピーリングは、浅い層のシミに効果的であるのに対して、レーザーは深い真皮層のシミや混合型のシミにも効果が認められています。 ただし、治療は保険適応外であるため、大きさや医療機関によって費用はさまざまです。

予防

肝斑は、紫外線を増悪因子(その状態を引き起こす原因)として生じます。そのため、夏はもちろん年中を通して紫外線対策を行うことが大切です。

具体的には、帽子をかぶる・日傘をさす・こまめに日焼け止めを塗るなどといった基本的な日焼け止め対策を講じることが重要となります。

また、女性ホルモンと関連して引き起こされることもあります。そのため、必要に応じてピルなどの使用中止を検討することも、予防策となる可能性があります。