クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
Kidney
腎臓がん
腎臓がんとは、尿をつくり出し体の老廃物を排出する役割をもつ腎臓にできる悪性腫瘍のことです。腎臓を構成する細胞は、尿が通る管を構成する尿細管上皮の細胞や、尿をつくり出す糸球体(しきゅうたい)とよば...
クリップに失敗しました
クリップ とは
記事にコメントをつけて保存することが出来ます。検索機能であとで検索しやすいキーワードをつけたり、読み返し用のメモを入れておくと便利です。
また、記事を読んで疑問に思ったこと、わからないことなどをコメントに書き、「医療チームのコメントを許可する」を選んで頂いた場合は、医師や看護師が解説をメールにてお送りする場合があります。
※ クリップ内容は外部に公開されません
腎臓

腎臓がんじんぞうがん

腎臓がんの記事にご協力いただいている医師

  • 羽渕 友則 先生

    羽渕 友則 先生

    秋田大学大学院医学系研究科 腎泌尿器科学 教授 秋田大学医学部附属病院長

    泌尿器科腹腔鏡手術、ロボット支援腹腔鏡手術の第一人者。泌尿器科腫瘍に対する低侵襲手術や移植腎採取術の低侵襲化を専門としており、現在まで800例以上の泌尿器腹腔鏡手術がある。泌尿器科腫瘍の基礎研究にも力を注いている。後進の育成にも定評があり、これまで、15人以上の泌尿器腹腔鏡技術認定医を輩出している。

  • 釜井 隆男 先生

    釜井 隆男 先生

    獨協医科大学病院泌尿器科主任教授

    獨協医科大学泌尿器科主任教授。 患者さん一人ひとりに適したオーダーメードな治療を心掛けながら、日々診療に励んでいる。また、泌尿器科主任教授として、熱意を持った優秀な医師を育成することにも尽力している。

腎臓がんの記事一覧