しーがたかんえんういるすかんせんしょう

C型肝炎ウイルス感染

肝臓

目次

項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

概要

C型肝炎ウイルス感染とは、C型肝炎ウイルスに感染することを指します。

C型肝炎ウイルスに感染することで、急性肝炎、慢性肝炎を発症し、さらに肝硬変から肝がんに至ることもあります。

C型肝炎ウイルス感染の治療として、従来はインターフェロン治療が中心でしたが、近年では、直接C型肝炎ウイルスに作用する抗ウイルス薬も使用することが可能となっています。

原因

C型肝炎ウイルスは血液を介して感染が成立します。そのため、C型肝炎ウイルスに感染した人の血液に由来する血液製剤の輸血を受けることで、病気の発症に至る可能性があります。

また、C型肝炎ウイルスによる汚染を受けた針や注射器を用いて、入れ墨を彫る、ピアスの穴をあける、覚醒剤の注射をする、などの行為を行うことでも感染が成立します。

その他、母児感染や性行為などによる感染も起こります。

症状

C型肝炎ウイルスに感染してから数週間から半年程度の潜伏期間を経て、急性肝炎が発症することがあります。

症状としては、倦怠感や食欲不振、黄疸、吐き気などが出現することになります。しかし、単なる疲れとして片付けられてしまい、C型肝炎ウイルスに感染していることに気付かないこともあります。

C型肝炎ウイルスに感染すると、半数以上の方において体の中にウイルスが持続感染をしてしまいます。

肝臓における障害が持続し、数十年の経過で慢性肝炎から肝硬変、肝がんの発症に至ることがあります。肝臓の機能が徐々に低下して出血傾向となり、消化管出血を来すことがあります。全身のむくみや顔色不良、食欲低下、重度の黄疸、腹部膨満、意識状態の変化などといった症状がみられることもあります。

C型肝炎ウイルス感染では、知らず知らずのうちに病気が進行していることがあります。健康診断やその他の理由で血液検査を受けた際などに病気の存在が初めて疑われることもあります。

検査・診断

C型肝炎ウイルス感染では、血液を用いてウイルスの感染状態を評価します。

C型肝炎ウイルスに感染すると、体内ではウイルスを排除するための免疫反応が惹起されます。この際に体内で産生される抗体を測定することでC型肝炎ウイルス感染の証明とすることがあります。

また、C型肝炎ウイルスに特徴的な遺伝子を確認するためにリアルタイムPCR法と呼ばれる方法がとられることもあります。

C型肝炎ウイルスに感染していても症状が出現しないこともまれではないため、一定の時期に輸血を受けたことがある方、性風俗に関わる仕事に従事する方などでは積極的な検査がすすめられます。

治療

C型肝炎ウイルス感染の治療としては、従来はインターフェロン治療が中心でした。しかし、治療効果が不十分なことも少なくはありませんでした。

近年では、抗ウイルス薬も使用することが可能となっています。この薬は、これまでの治療法とは異なり、ウイルスに直接はたらき、ウイルス増殖を抑えることができます。この抗ウイルス薬を使用することで、C型肝炎の著効率は大幅に向上しました。

「C型肝炎ウイルス感染」に関連する他の記事
もっと見る