S200x200 77a2f03f 27a7 4442 b664 626cf2b68e0f

株式会社ゼニタ代表取締役 /特定非営利法人名古屋整形外科地域医療連携支援センター理事・事務局長/ 医療法人明照会千種さわやかクリニックリハビリテーション科顧問

銭田 良博 先生

専門分野

スポーツ傷害、脳血管疾患、神経筋疾患

紹介

理学療法士と鍼灸師の資格を活かして臨床・教育・研究・経営を実践することがライフワークである。臨床は「スポーツ傷害に対する究極の保存療法の確立」、教育は「超音波エコーを活用した臨床的触診法」、研究は「筋膜の硬度の定量化」、「Fasciaに対する解剖生理学的研究と理学療法」、経営は「はりきゅう・マッサージ・リハビリテーションを中心とした地域密着型のビジネスモデルの確立」がテーマである。

略歴

1992年3月 信州大学医療技術短期大学部理学療法学科卒 
1996年3月 早稲田医療技術専門学校東洋鍼灸学科Ⅱ部卒
2005年3月~2016年3月 学校法人河合塾学園トライデントスポーツ医療看護専門学校理学療法学科顧問・講師
2005年6月~ 銭田治療院院長→2011年7月~ 株式会社ゼニタ代表取締役
2007年4月~2015年12月 愛知医科大学医学部解剖学講座研究員
2015年10月~ 首都大学東京大学院人間健康科学研究科理学療法科学域研究員
2016年4月~ 信州大学大学院総合理工学研究科先進繊維・感性工学ユニット
2016年7月~ 日本大学医学部機能形態学系生体構造医学分野客員研究員

所属学会・資格・役職など

JOSKAS(日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会)
日本臨床スポーツ医学会
日本解剖学会
日本疼痛学会
日本神経学会
日本骨粗鬆症学会
日本転倒予防学会
日本生体応用計測研究会
全日本鍼灸学会
日本理学療法士協会
MPS(筋膜性疼痛症候群)研究会役員
八事整形医療連携会世話人
八事スポーツメディスン研究会幹事
特定非営利活動法人いきいきネットワーク支援機構・愛知 理事

受賞・著書・論文など

【受賞】
第10回日本クリニカルパス学会ポスター発表優秀賞、2009年
『患者様を中心とした急性期から維持期への地域連携について~患者様及び家族に対する満足度調査を通して~』

【著書】
・東海スポーツ傷害研究会会誌, 31: 42-43, 2013.
『競技特性を考慮した動作分析の重要性を示した烏口上腕靭帯の炎症所見の一症例 -ブラジリアン柔術大会のトレーナーサポートでビデオと超音波エコーを活用して-』
・理学療法ジャーナルVol.37 No.7 July 2003『変形性膝関節症に対する広帯域多重複合波治療の臨床的効果』鈴木重行氏と共著 2005.
・MEDICAL REH

【受賞】
第10回日本クリニカルパス学会ポスター発表優秀賞、2009年
『患者様を中心とした急性期から維持期への地域連携について~患者様及び家族に対する満足度調査を通して~』

【著書】
・東海スポーツ傷害研究会会誌, 31: 42-43, 2013.
『競技特性を考慮した動作分析の重要性を示した烏口上腕靭帯の炎症所見の一症例 -ブラジリアン柔術大会のトレーナーサポートでビデオと超音波エコーを活用して-』
・理学療法ジャーナルVol.37 No.7 July 2003『変形性膝関節症に対する広帯域多重複合波治療の臨床的効果』鈴木重行氏と共著 2005.
・MEDICAL REHABILITATION No.32 2003.8 『変形性膝関節症に対する関節可動域運動とその効果』 鈴木重行氏と共著 2003.
・Clinical Path Report 別冊 『大腿骨頚部骨折における地域連携パス~八事整形医療連携会の取り組み』 八事整形医療連携会と共著 〔平成18年8月出版〕
・整形外科看護2007秋期増刊 『今日から始める地域連携クリティカルパス』
八事整形医療連携会と共著 2007.
・日本赤十字看護学会誌
・THE整形内科 南山堂 白石吉彦、白石裕子、皆川洋至、小林只氏他と共著 2016.

続きを見る

銭田 良博 先生の記事