S200x200 52b87673 6163 47a4 9f45 2cfc4b3c6f89

武田病院健診センター所長 京都大学臨床教授

桝田 出 先生

専門分野

内科学、循環器病学、糖尿病学、運動療法学

紹介

国立循環器病センター、JT京都専売病院副院長、東山武田病院副院長を経て現在は武田病院健診センター所長を務める生活習慣病のエキスパート。生活習慣病の予防・啓発に力を注ぎ、特に内臓脂肪を正確に測定していくために最新機器を用いた健診とフォローアップを実施している。

略歴

1980年 東京慈恵会医科大学医学部卒業
1982年 東京慈恵会医科大学 第3内科
1986年 国立循環器病センター 内科動脈硬化・代謝部門レジデント
1989年 東京慈恵会医科大学第3内科 助手
1994年 京都大学大学院医学研究科臨床病態医科学(第2内科) 助手
1998年 JT京都専売病院 内科部長
2004年 JT京都専売病院 副院長
2005年 JTからの事業継承に伴い、東山武田病院 副院長
2009年 医療法人財団康生会 武田病院健診センター所長
(兼任)
2003年~ 京都大学医学部臨床教授
2005年~ 同志社女子大学大学院生活科学研究科非常勤講師
2014年~ 京都大学医学部糖尿病・内分泌・栄養内科非常勤講師
2016年~ 関西看護医療大学大学院看護学研究科非常勤講師

所属学会・資格・役職など

医学博士
日本医師会認定産業医
日本内科学会(認定医、近畿支部評議員)
日本糖尿病学会(専門医・研修指導医 学術評議員)
日本循環器学会(専門医、近畿地方会評議員)
日本肥満学会(専門医・指導医 評議員)
日本人間ドック学会(専門医・認定医 理事)
日本老年病学会(専門医)
日本高血圧学会(指導医)
日本病態栄養学会(評議員) 
日本心臓血管内分泌代謝学会(評議員) 
日本心臓リハビリテーション学会(評議員)
日本宇宙航空環境医学会(評議員)
日本冠疾患学会(評議員)
日本内分泌学会
日本心臓病学会 
一般社団法人日本心臓血管医療フォーラム(j-CUTE)理事

受賞・著書・論文など

【著書】
糖尿病の薬がわかる本
著者:桝田 出
2015年10月 医学書院 東京

糖尿病に強くなる!療養指導のエキスパートを目指して
編集:桝田 出
2015年06月 医学書院 東京※受賞

【論文】
2016年
原著
・Dapagliflozin, an SGLT2 Inhibitor, Enhances Antihypertensive and Glucose Metabolism Effects of Renin‒Angiotensin System Inhibitor in Japanese Patients with Type 2 Diabetes Mell

【著書】
糖尿病の薬がわかる本
著者:桝田 出
2015年10月 医学書院 東京

糖尿病に強くなる!療養指導のエキスパートを目指して
編集:桝田 出
2015年06月 医学書院 東京※受賞

【論文】
2016年
原著
・Dapagliflozin, an SGLT2 Inhibitor, Enhances Antihypertensive and Glucose Metabolism Effects of Renin‒Angiotensin System Inhibitor in Japanese Patients with Type 2 Diabetes Mellitus and Hypertension
Arata Iwasaki, Izuru Masuda, Keiichiro Nakamae, Hideki Hige, Katsuyo Toda, Yoshiaki Fujii, Makiko Sensui, Naomi Hirata, Masaru Imai, Satoshi Kurose, Yuri Hamada, Nobuyuki Azuma, Teiko Takeda, Hideshi Kuzuya
Ther Res. 37: 581-592. 2016
総説
・特集 循環器内科診療のコントラバーシー
糖尿病患者への低炭水化物食:是か? 非か?
松原有希 桝田 出
循環器内科 第79巻第3号(2016年3月発行)201-206

2015年
原著
・体組成および代謝指標に対するSGLT2阻害薬 ダパグリフロジンの初期効果 - TAKEDA-INSIGHT Study –
桝田 出 中前恵一郎 東 信之 岩崎 新 髭 秀樹 戸田勝代 今井 優 鮎川宏之 藤井嘉章 黒瀬聖司 鈴木喜也 濵田友里 仙水麻紀子 平田雅美 武田定子 葛谷英嗣
Ther Res 2015; 36: 581 -591

・内臓脂肪蓄積と生活習慣及び食事内容との関連 ― 人間ドック受診者を対象とした横断研究 ―
兼定祐里 保野慎治、西河浩之、増田陽子、中塚かなゑ、福永康智、齋藤信雄、五郎丸直美、田巻俊一、桝田 出、上嶋健治、宮脇尚志
日本臨床栄養学会雑誌 37(2), 130-141 2015
総説
新規糖尿病治療薬の作用機序と使用上の注意
桝田 出
日本医事新報  4752号 P55 – P56 2015年5月

2014年
原著
・Preoperative chronic kidney disease as a strong predictor of postoperative infection and mortality after coronary artery bypass grafting.
Minakata K, Bando K, Tanaka S, Takanashi S, Konishi H, Miyamoto Y, Ueshima K, Yasuno S, Ueda Y, Okita Y, Masuda I, Okabayashi H, Yaku H, Okamura Y, Tanemoto K, Arinaga K, Hisashi Y, Sakata R.
Circ J. 2014;78(9):2225-2231
・Differences between rosuvastatin and atorvastatin in lipid-lowering action and effect on glucose metabolism in Japanese hypercholesterolemic patients with concurrent diabetes. Lipid-lowering with highly potent statins in hyperlipidemia with type 2 diabetes patients (LISTEN) study –.
Ogawa H, Matsui K, Saito Y, Sugiyama S, Jinnouchi H, Sugawara M, Masuda I, Mori H, Waki M, Yoshiyama M, Watada H.
Circ J. 2014;78(10):2512-2515.
・高齢者糖尿病におけるSGLT2阻害剤の意義と注意点
桝田 出
医学と薬学 2014 Vol.71 No.8 1375-1382

続きを見る

桝田 出先生の記事