齊藤 正伸 先生のプロフィール

齊藤 正伸 先生

さいとう まさのぶ

齊藤 正伸 先生

独立行政法人 国立病院機構 大阪南医療センター 院長

専門分野

整形外科(関節外科・人工関節・生体材料)

紹介

1979年に奈良県立医科大学医学部医学科を卒業、大阪大学医学部付属病院にて整形外科研修医として勤務ののち、同学にて講師を務める。2013年に大阪南医療センター副院長に就任、2016年より現職。整形外科医として関節外科、人工関節の臨床や生体材料の研究で活躍。大阪南医療センターは股関節、膝関節さらに肘・足・手指関節など含め年間250例の人工関節置換術を実施している。

略歴

1979年 奈良県立医科大学医学部医学科卒業、大阪大学医学部附属病院整形外科研修医
1997年 大阪大学医学部整形外科講師
2013年 大阪南医療センター副院長
2016年 同センター院長

所属学会・資格・役職など

【所属学会】
日本整形外科学会
日本股関節学会
日本バイオマテリアル学会
日本人工関節学会
中部日本整形外科災害外科学会  など
【認定資格】
整形外科専門医
【役職】
日本整形外科学会学術集会抄録査読委員
日本整形外科勤務医会幹事
日本整形外科勤務医会大阪支部事務局長
中部日本整形外科災害外科学会評議員
国立病院機構臨床研究推進委員会作業部会査読委員 
近畿病歴管理セミナー会長 など

受賞・著書・論文など

【受賞】
1992年 公益財団法人 日本股関節研究振興財団研究助成
うず電流センサーを用いた人工股関節ステムの微小移動の測定
【著書】
斉藤正伸:人工関節置換術後感染症 平澤泰介、 高岡邦夫、星野雄一、編、整形外科最新の治療 III-2 感染症(南江堂):pp94-95 1999
斉藤正伸:骨接合材 整形外科医の立場から 医療材料 (外科製品・生体材料)の臨床ニーズ集(技術情報協会):pp128-135 2011
【論文】
1. Saito M, Saito S, Ohzono K, Ono K: The osteoblastic response to osteoarthritis of the hip; its influence on the long-term results of arthroplasty. J Bone Joint Surg 69-B, 746-751, 1987

2. Saito S, Saito M, Nishina T, Ohzono K, Ono K: Long-term results of total hip arthroplasty for osteonecrosis of the femoral head; a comparison with osteoarthrosis. Clin Orthop 244, 198

【受賞】
1992年 公益財団法人 日本股関節研究振興財団研究助成
うず電流センサーを用いた人工股関節ステムの微小移動の測定
【著書】
斉藤正伸:人工関節置換術後感染症 平澤泰介、 高岡邦夫、星野雄一、編、整形外科最新の治療 III-2 感染症(南江堂):pp94-95 1999
斉藤正伸:骨接合材 整形外科医の立場から 医療材料 (外科製品・生体材料)の臨床ニーズ集(技術情報協会):pp128-135 2011
【論文】
1. Saito M, Saito S, Ohzono K, Ono K: The osteoblastic response to osteoarthritis of the hip; its influence on the long-term results of arthroplasty. J Bone Joint Surg 69-B, 746-751, 1987

2. Saito S, Saito M, Nishina T, Ohzono K, Ono K: Long-term results of total hip arthroplasty for osteonecrosis of the femoral head; a comparison with osteoarthrosis. Clin Orthop 244, 198-207, 1989

3. Ohzono K, Saito M, Takaoka K, Ono K, Saito S, Nishina T, Kadowaki T: Natural history of nontraumatic avascular necrosis of the femoral head. J Bone Joint Surg 73-B, 68-72, 1991

4. Ohzono K, Saito M, Sugano N, Takaoka K, Ono K: The fate of avascular necrosis of the femoral head; a radiographic classification to formulate prognosis. Clin Orthop 277, 73-78, 1992

5. Saito M, Saito S, Ohzono K, Takaoka K, Ono K: Efficacy of alumina ceramic heads for cemented total hip arthroplasty. Clin Orthop 283, 171-177, 1992
6. Saito M, Maruoka A, Mori T, Sugano N, Hino K: Experimental studies on a new bioactive bone cement: hydroxyapatite composite resin. Biomaterials 15, 156-160, 1994

7. Umeda N, Saito M, Miki H, Yoneda M, Yamaguchi K, Shimizu N, Kobayashi Y: Failed hip prostheses in hemodialysis patients; amyloid deposition at the bone-cement interface in 4 cases. Acta Orthop Scand 69, 14-16, 1998

8. Wakitani S, Imoto K, Saito M, Murata N, Hirooka A, Yoneda M, Ochi T: Evaluation of surgeries for rheumatoid shoulder based on the destruction pattern. The Journal of Rheumatology 26, 41-46, 1999

9. Ikeda D, Saito M, Murakami A, Shibuya T, Hino K, Nakashima T: Mechanical evaluation of a bio-active bone cement for total hip arthroplasty. Med Biol Eng Comput 38, 401-405, 2000

10. Kawagoe K, Saito M, Shibuya T, Nakashima T, Hino K, Yoshikawa H: Augmentation of cancellous screw fixation with hydroxyapatite composite resin (CAP) in vivo. J Biomed Mater Res (Appl Biomater) 53, 678-684, 2000

11. Wakitani S, Imoto K, Saito M, Murata N, Yoneda M, Yamamoto T, Kawabata H: A Case Report: Reconstruction of a damage knee following treatment of giant cell tumor of the proximal tibia with cryosurgery and cementation. Osteoarthritis and cartilage 10,402-407, 2002

12. Turner AWL, Gillies RM, Svehla MJ, Saito M, Walsh WR: Hydroxyapatite composite resin cement augmentation of pedicle screw fixation. Clin Orthop Relat Res 406,253-261, 2003

13. Umeda N, Saito M, Sugano N, Ohzono K, Nishii T, Sakai T, Yoshikawa H, Ikeda D, Murakami A: Correlation between femoral neck version and strains on the femur after insertion of modular neck femoral prosthesis. J. Orthop Sci 8, 381-386, 2003

14. Walsh WR, Svehla MJ, Russell J, Saito M, Nakashima T, Gillies RM, Bruce W, Hori R: Cemented fixation with PMMA or Bis-GMA resin hydroxyapatite cement : effect of implant surface roughness. Biomaterials 25, 4929-4934, 2004

15. Hananouchi T, Saito M, Nakamura N, Yamamoto T, Yonenobu K: Huge pelvic mass secondary to wear debris causing urethral obstruction. J Arthroplasty 20, 946-949, 2005

16. Yamamoto T, Saito M, Ueno Masaru, Hananouchi Takehito, Tokugawa Yusuke, Yonenobu Kazuo: Wear analysis of retrieved ceramic-on-ceramic articulations in total hip arthroplasty; femoral head makes contact with the rim of the socket outside of the bearing surface. J Biomed Mater (Appl Biomater) 73-B, 301-307, 2005

17. Sripada S, Rowley D.L., Saito M, Shimada K, Nakashima T, Wigderowitz C.A: Biomechanical testing of the fractured distal radius treated with a new bone cement; is it strong enough? J Hand Surg 31-B, 385-389, 2006
18. Namba J, Shimada K, Saito M, Murase T, Yamada H, Yoshikawa H: Modulation of peritendinous adhesion formation by alginate solution in a rabbit flexor tendon model. J Biomed Mater Res (Appl Biomater) 80-B, 273-279, 2006
19. Hananouchi T, Saito M, Koyama T, Sugano N, Yoshikawa H: Tailor-made surgical guide reduces incidence of outliers of cup placement. Clin Orthop 468, 1088-1095, 2010 
20. Maeda Y, Sugano N, Saito M, Yonenobu K: Comparison of femoral morphology and bone mineral density between femoral neck fractures and trochanteric fractures. Clin Orthop 469, 884-889, 2011
21. Hagio K. Saito M. Okawa T. Moriyama S. Nakamura Y. Naito M: Polyethylene wear associated with 26- and 32-mm heads in total hip arthroplasty: A multicenter prospective study. J Arthroplasty 31, 2805-2809, 2016

続きを見る

齊藤 正伸先生 の所属する医療機関

大阪南医療センター

TEL: 0721-53-5761

大阪南医療センター

大阪府河内長野市木戸東町2-1

南海電気鉄道高野線「千代田駅」 コミュニティバス(モックル)北行を利用可 徒歩10分

近畿日本鉄道長野線「河内長野駅」 南海バス 15系統、特15系統 木戸東行 大阪南医療センター玄関口下車 (汐ノ宮駅からは徒歩15分だが、坂が多いため河内長野駅からのバス利用を推奨) バス15分

- - -

受付時間: 8:30〜11:00 原則、紹介予約制 科により異なる 臨時休診あり

診療科目: 内科 アレルギー科 血液内科 リウマチ科 外科 心療内科 精神科 神経内科 脳神経外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科 麻酔科 乳腺外科

齊藤 正伸 先生 の記事