新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

日本糖尿病学会 糖尿病専門医・糖尿病研修指導医 日本内分泌学会 内分泌代謝科専門医・内分泌代謝科指導医 日本抗加齢医学会 抗加齢専門医

浜野 久美子 はまの くみこ 先生

東京大学医学部を卒業後、エール大学(アメリカ)内分泌代謝内科、東京大学病院やNTT関東病院などで経験を積む。糖尿病の治療に携わるなかで未治療や治療中断の実態を知り、糖尿病患者さんの就労支援に携わることを決意。患者さんに寄り添った診療とともに、糖尿病患者さんが治療を継続しやすい体制づくりに尽力している。

基本情報

診療科

  • 代謝内科
  • 内分泌内科

主な領域

  • 内分泌疾患

資格・所属学会

日本糖尿病学会 糖尿病専門医・糖尿病研修指導医
日本内分泌学会 内分泌代謝科専門医・内分泌代謝科指導医
日本抗加齢医学会 抗加齢専門医

役職など

  • 関東労災病院 糖尿病・内分泌内科 部長

所属病院

関東労災病院

  • 内科 血液内科 外科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 腫瘍内科 感染症内科 消化器内科 糖尿病内科 内分泌内科 放射線診断科 放射線治療科 頭頸部外科 病理診断科
  • 神奈川県川崎市中原区木月住吉町1-1
  • 東急東横線「元住吉駅」 徒歩7分 東急目黒線「武蔵小杉駅」 バスの利用も可能(東口 川崎市バスまたは川崎鶴見臨港バス 労災病院前下車) 徒歩12分
  • 044-411-3131
関東労災病院

医療記事

来歴等

略歴

1982年 東京大学医学部卒業後、米国エール大学内分泌代謝内科で研修、東大病院第四内科、NTT関東病院にて勤務
2005年 湘南鎌倉総合病院糖尿病内分泌内科部長
2010年 東京大学医学系大学院糖尿病代謝内科 非常勤講師(2016年3月まで)
2011年 関東労災病院糖尿病内分泌内科部長
2012年 横浜市立大学大学院医学研究科分子内分泌・糖尿病内科学 非常勤講師

論文

(最近3年間の論文)
N-terminal fragment of probrain natriuretic peptide is associated with diabetes microvascular, complications in type 2 diabetes Kumiko Hamano, Ikue Nakadaira, Jun Suzuki, Megumi Gonai, Vascular Health and Risk Management, 10,585-589,2014
A randomized controlled trial of liraglutide versus insulin detemir plus sitagliptin:effective swithc from intensive, Yuichiro Inoue, Akinobu Nakamura, Yoshinobu Kondo, Kumiko Hamano, Shinobu Sato, Yasuo Terauchi
Liraglutide is a perioperative therapuetic option for patients with type 2 diabetes that undergo elective surgery,Naoko Katagiri, Ikue Kigawa, Yumiko Yahara, Yohei Ueda, Kumiko Hamano, Shizuka Kaneko,International Journal of Diabetes and Clinical Diagnosis 2016,3,117
Effects of Combination Therapy with Liraglutide and Insulin Glargine as the Initial Treatment for Hyperglycemic patients with Type 2 Diabetes:An observational study,Kotaro Kurasaki, Ikue Kigawa, Emi Sohara, Kumiko Hamano,International Journal of Diabetes and Clinical Diagnosis 2016,3,121
Efficacy and safety analyses across 4 subgroups combining low and high age and body mass index groups in Japanese phase 3 studies of dulaglutide 0.75 mg after 26 weeks of treatmenter 26 weeks of treatment. Hamano K, Nishiyama H, Matsui A, Sato M, Takeuchi M. Endocrine Journal Vol. 64(2017) No. 4 449-456,Endocr J. 2017 Mar 7. doi: 10.1507/endocrj.EJ16-0428

著書

(最近3年間の著書)
不規則勤労者に対するリラグルチドの有効性の検討,中平育恵、郷内めぐみ、倉崎康太郎、浜野久美子, 日職災医誌, 62,167-172,2014
2型糖尿病患者における虚血性心疾患予測に関するバイオマーカー, 郷内めぐみ、木川育恵、倉崎康太郎、浜野久美子, 日本内分泌学会雑誌91,Suppll.,50-52
医学のあゆみ 土曜集, 糖尿病のすべて, 252,2015/1/31, 糖尿病の足病変
内科 117、No4,2016, 内科疾患の診断・治療ピットフォール
糖尿病診療ガイドライン2016 評価委員
糖尿病治療薬クリニカルクエスチョン120,診断と治療社

その他

  • 【受賞】2008年 日本内分泌学会EJ優秀論文賞

  • 【受賞】2015年 労働者健康福祉機構 優秀研究賞

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)特設サイト

特設サイトを見る

気になる症状をオンラインで医療チームに相談ができます

※医療相談は、月額432円(消費税込)で提供しておりますが、アプリからは初回のみ無料でご利用頂けます。初回利用後も、自動で課金される事はありません。

アプリから医療相談する
初回
無料

東京海上日動火災保険・ 東京海上日動あんしん生命のお客様 は、期間限定無料で医療相談が可能です。