新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

群馬大学 理事(研究担当)

日本産科婦人科学会 産婦人科専門医・指導医 日本内分泌学会 内分泌代謝科専門医・内分泌代謝科指導医 日本生殖医学会 生殖医療専門医

峯岸 敬 みねぎし たかし 先生

群馬大学医学部産科婦人科学教室の主任教授を務めた。生殖内分泌が専門で日本生殖医学会の副理事長を務める。研究面ではヒトのゴナドトロピン受容体のcDNA構造の決定を行い卵巣の機能調節の基礎的研究に成果を上げている。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 産科
  • 婦人科
  • 産科婦人科学

資格・学会・役職

日本産科婦人科学会 産婦人科専門医・指導医
日本内分泌学会 内分泌代謝科専門医・内分泌代謝科指導医
日本生殖医学会 生殖医療専門医
  • 群馬大学 理事(研究担当)
  • 医学博士 取得
  • 日本女性医学会 女性ヘルスケア暫定指導医
  • 公益社団法人群馬県医師会 母体保護法指定医師
  • 日本受精着床学会 平成18年9月21‐22日、第24回 総会・学術講演会 学会長、軽井沢
  • 日本生殖内分泌学会 平成18年11月25日、第11回 学術集会 学会長、東京
  • 日本産科婦人科学会 平成27年4月9‐12日、第67回 総会学術講演会 学会長、横浜
  • 臨床内分泌代謝Update 平成28年11月18‐19日、第26回 学会長、大宮

所属病院

群馬大学医学部附属病院

  • 内科 アレルギー科 血液内科 外科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓・リウマチ内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 消化器内科 肝臓内科 糖尿病内科 脳神経内科 肝胆膵外科 精神神経科
  • 群馬県前橋市昭和町3丁目39-15
  • 上毛電気鉄道上毛線「中央前橋駅」 北口 関越交通バス 群大病院入口または群大病院下車 バス15分 JR両毛線「前橋駅」 車11分
  • 027-220-7111
群馬大学医学部附属病院

医療記事

来歴等

略歴

1977年3月 群馬大学医学部卒業
1997年5月 群馬大学医員(研修医)医学部 産科婦人科学講座
1982年3月 群馬大学大学院医学研究科修了(外科学系産科婦人科学)
1983年6月 ブリティシュ・コロンビア大学(カナダ)
       (Dr. Peter C.K. Leung) Post doctoral fellow
1985年9月 国立衛生研究所(National Institute of Health)(アメリカ)
       (Dr. Maria L. Dufau) Visiting fellow
1988年6月 群馬大学医学部産科婦人科学講座 助手
1992年5月 群馬大学医学部産科婦人科学講座 講師
2000年8月 群馬大学医学部産科婦人科学講座 教授
2003年4月 群馬大学大学院医学系研究科器官代謝制御学講座産科婦人科学 教授
2007年4月 群馬大学医学部附属病院病院長補佐(~2009年3月31日)
2009年4月 群馬大学医学部副医学部長(~2011年3月31日)
2011年4月 群馬大学医学部附属病院副病院長(~2015年3月31日)
2015年4月 群馬大学医学部長(~2017年3月31日)
2017年4月 群馬大学理事(研究担当)  現在に至る

論文

1. Suwa H, Kishi H, Imai F, Nakao K, Hirakawa T, Minegish T. Retinoic acid enhances progesterone production via the cAMP/PKA signaling pathway in immature rat granulosa cells. Biochemistry and Biophysics Reports. 2016;8:62-67.
2. Nakao K, Kishi H, Imai F, Suwa H, Hirakawa T, Minegishi T. TNF-alpha Suppressed FSH-Induced LH Receptor Expression Through Transcriptional Regulation in Rat Granulosa Cells. Endocrinology. 2015;156(9):3192-3202.
3. Imai F, Kishi H, Nakao K, Nishimura T, Minegishi T. Interleukin-6 up-regulates the expression of rat luteinizing hormone receptors during granulosa cell differentiation. Endocrinology. 2014;155(4):1436-1444.
4. Kogure K, Nakamura K, Ikeda S, Kitahara Y, Nishimura T, Iwamune M, Minegishi T. Glucose-Regulated Protein, 78-Kilodalton as a Modulator of Luteinizing Hormone Receptor Expression in Luteinizing Granulosa Cells in Rats. Biol Reprod. 2013;88(1):8.
5. Kitahara Y, Nakamura K, Kogure K, Minegishi T. Role of microRNA-136-3p on the Expression of Luteinizing Hormone-Human Chorionic Gonadotropin Receptor mRNA in Rat Ovaries. Biol Reprod. 2013;89(5):114.
6. Ikeda S, Nakamura K, Kogure K, Omori Y, Yamashita S, Kubota K, Mizutani T, Miyamoto K, Minegishi T. Effect of Estrogen on the Expression of Luteinizing Hormone-Human Chorionic Gonadotropin Receptor Messenger Ribonucleic Acid in Cultured Rat Granulosa Cells. Endocrinology. 2008;149(4):1524-1533.
7. Yamashita S, Nakamura K, Omori Y, Tsunekawa K, Murakami M, Minegishi T. Association of human follitropin (FSH) receptor with splicing variant of human lutropin/choriogonadotropin receptor negatively controls the expression of human FSH receptor. Mol Endocrinol. 2005;19(8):2099-2111.
8. Shenker A, Laue L, Kosugi S, Merendino JJ, Jr., Minegishi T, Cutler GB, Jr. A constitutively activating mutation of the luteinizing hormone receptor in familial male precocious puberty. Nature. 1993;365(6447):652-654.
9. Minegishi T, Nakamura K, Takakura Y, Ibuki Y, Igarashi M. Cloning and sequencing of human FSH receptor cDNA. Biochem Biophys Res Commun. 1991;175(3):1125-1130.
10. Minegishi T, Nakamura K, Takakura Y, Miyamoto K, Hasegawa Y, Ibuki Y, Igarashi M. Cloning and sequencing of human LH/hCG receptor cDNA. Biochem Biophys Res Commun. 1990;172(3):1049-1054.
ほか多数

その他

  • 【受賞】 上原記念生命科学財団研究奨励 1989年

  • 【受賞】日本内分泌学会研究奨励賞受賞 1992年5月

  • 【受賞】上原記念生命科学財団研究助成 2001年

  • 【受賞】日本医師会医学研究助成 2002年11月

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。