山城 啓 先生のプロフィール

山城 啓 先生

やましろ けい

山城 啓 先生

池上総合病院

 

専門分野

頻脈性不整脈に対するカテーテルアブレーション治療 心房細動に対する肺静脈隔離術

紹介

1992年琉球大学医学部卒業。2017年より池上総合病院でカテーテルアブレーション治療に取り組む。専門分野は頻脈性不整脈に対するカテーテルアブレーション治療 心房細動に対する肺静脈隔離術。

略歴

1992年 琉球大学医学部 卒業 琉球大学医学部第二内科入局
1996年 琉球大学大学院医学研究科 入学
1997年 滋賀医科大学臨床検査部
1999年 琉球大学大学院医学研究科博士課程修了(学位取得)
2001年 沖縄赤十字病院循環器科
2002年 横浜赤十字病院(現 横浜市みなと赤十字病院)
2003年 医療法人翔南会翔南病院
2014年 公立昭和病院循環器内科医長
2016年 医療法人翔南会翔南病院循環器内科 部長
2017年 池上総合病院 非常勤
2018年 池上総合病院 常勤

所属学会・資格・役職など

医学博士
日本内科学会認定医
日本循環器学会専門医
日本不整脈心電学会不整脈専門医
ICD/CRTD研修終了
臨床心臓電気生理研究会幹事

受賞・著書・論文など

【論文】
Clinical study regarding the anatomical structures of the right atrial isthmus
using intra-cardiac echocardiography: implication for catheter ablation of
common atrial flutter.
Okishige K, Kawabata M, Yamashiro K, Ohshiro C, Umayahara S, Gotoh M,
Sasano T, Isobe M.
J Interv Card Electrophysiol. 2005 Jan;12(1):9-12.
Transvenous catheter cryoablation of the atrioventricular node and visual
assessment of freezing of cardiac tissue using intracardiac echocardiography.
Okishige K, Harada T, Kawabata M, Yamashiro K, Kishi R, Nakazawa K,
Miake F, Isobe M.
Jpn Heart J. 2004 May;45(3):5

【論文】
Clinical study regarding the anatomical structures of the right atrial isthmus
using intra-cardiac echocardiography: implication for catheter ablation of
common atrial flutter.
Okishige K, Kawabata M, Yamashiro K, Ohshiro C, Umayahara S, Gotoh M,
Sasano T, Isobe M.
J Interv Card Electrophysiol. 2005 Jan;12(1):9-12.
Transvenous catheter cryoablation of the atrioventricular node and visual
assessment of freezing of cardiac tissue using intracardiac echocardiography.
Okishige K, Harada T, Kawabata M, Yamashiro K, Kishi R, Nakazawa K,
Miake F, Isobe M.
Jpn Heart J. 2004 May;45(3):513-20.
Radiofrequency catheter ablation of various kinds of arrhythmias guided by
virtual electrograms using a noncontact, computerized mapping system.
Okishige K, Kawabata M, Umayahara S, Yamashiro K, Gotoh M, Isobe M,
Strickberger SA.
TSBAb (TSH-stimulation blocking antibody) and TSAb (thyroid stimulating
antibody) in TSBAb-positive patients with hypothyroidism and Graves' patients
with hyperthyroidism.
Takasu N, Yamashiro K, Ochi Y, Sato Y, Nagata A, Komiya I, Yoshimura H.
Horm Metab Res. 2001 Apr;33(4):232-7.
Sensitive assay to detect thyroid stimulating antibody (TSAb) in the presence
of thyroid stimulation blocking antibody (TSBAb) in serum.
Ochi Y, Yamashiro K, Takasu N, Kajita Y, Sato Y, Nagata A.
Horm Metab Res. 2001 Feb;33(2):115-20.
Remission of Graves' hyperthyroidism predicted by smooth decreases of
thyroid-stimulating antibody and thyrotropin-binding inhibitor immunoglobulin
during antithyroid drug treatment.
Takasu N, Yamashiro K, Komiya I, Ochi Y, Sato Y, Nagata A.
Thyroid. 2000 Oct;10(10):891-6.
Sensitive thyroid-stimulating antibody assay in whole serum containing five
percent polyethylene glycol using porcine thyroid cells.
Ochi Y, Kajita Y, Inui T, Yamashiro K, Takasu N, Sato Y, Nagata A.
Thyroid. 2000 Aug;10(8):653-7.
Clinical usefulness of TSAb assay with high polyethylene glycol
concentrations.
Ochi Y, Inui T, Kouki T, Yamashiro K, Takasu N, Kajita Y, Sato Y, Nagata A.
Horm Res. 1999;51(3):142-9.
Thyroid stimulating immunoglobulin (TSI) in Graves' disease.
Ochi Y, Inui T, Kouki T, Yamashiro K, Hachiya T, Kajita Y.
Endocr J. 1998 Dec;45(6):701-8. Review. No abstract available.
Augmentation of thyroid-stimulating antibody-stimulated cyclic adenosine
monophosphate response by polyethylene glycol, polyvinyl alcohol, and
dextran; highly sensitive porcine thyroid cell thyroid-stimulating antibody
assay.
Yamashiro K, Takasu N, Kouki T, Inui T, Ochi Y, Kajita Y, Sato Y, Nagata A.
Thyroid. 1999 Mar;9(3):263-71.
Polyethylene glycol augments thyroid cAMP responses by fragments from
protease-digested TSAb or TSBAb-IgG.
Yamashiro K, Takasu N, Inui T, Kouki T, Ochi Y, Kajita Y, Sato Y, Nagata A.
Life Sci. 1999;64(13):1109-16.
Mechanism of the augmentative effect of high polyethylene glycol (PEG)
concentrations on the thyroid stimulating activity in TSAb-IgG using a porcine
thyroid cell assay.
Yamashiro K, Kouki T, Takasu N, Inui T, Ochi Y, Kajita Y, Sato Y, Nagata A.
Endocr Res. 1999 Feb;25(1):67-75.
Increase of thyroid stimulating activity in Graves' immunoglobulin-G by high
polyethylene glycol concentrations using porcine thyroid cell assay.
Inui T, Kouki T, Yamashiro K, Hachiya T, Ochi Y, Kajita Y, Sato Y, Nagata A.
Thyroid. 1998 Apr;8(4):319-25.
Demonstration of fragments with thyroid stimulating activity from thyroid
stimulation blocking antibodies-IgG molecules by papain digestion.
Kouki T, Inul T, Yamashiro K, Hachiya T, Ochi Y, Kajita Y, Takasu N, Sato Y,
Nagata A.
Clin Endocrinol (Oxf). 1997 Dec;47(6):693-8.
[Tumor marker--present and future].
Ochi Y, Okabe H, Inui T, Yamashiro K.
Rinsho Byori. 1997 Sep;45(9):875-83. Review. Japanese.
[Percutaneous endoscopic gastrostomy in patients with swallowing
difficulties--home care and long-term result].
Yamashiro K, Nakada Y, Takasu N, Omine M, Naka K.
Nihon Ronen Igakkai Zasshi. 1996 Sep;33(9):662-8. Japanese.
心房細動アップストリーム治療としてARBを使用し洞調律維持および心機能改善を認めて
いる一例
心電図 第32巻(第5号) 2012.9
薬剤抵抗性の心室頻拍に対するカテーテルアブレーションが有効であった二症例
沖縄医学会雑誌 第49巻(第4号) 2011.5.31
薬剤抵抗性の心室頻拍に対するカテーテルアブレーションの有効性について
沖縄医学会雑誌 第49巻(第3号) 2010.12
slow Kent束を介する反方向性房室回帰性頻拍に対しカテーテルアブレーションを施行し
根治に成功した稀な一例
沖縄医学会雑誌 第48巻(第3号) 2009.12
非肺静脈起源の心房細動に対するカテーテルアブレーションについて
沖縄医学会雑誌 第48巻(第1号) 2009.6
房室結節以下の伝導に多彩な変化が認められFast pathwayに近い部位での通電にて根治が
可能となった房室結節リエントリー性頻拍の一症例
沖縄医学会雑誌 第47巻(第4号) 2009.5.31
前中隔部位(ヒス束電位記録部位近傍)を起源とする心房頻拍の二症例について
沖縄医学会雑誌 第47巻(第1号) 2008.6
ヒス束近傍起源の頻脈性不整脈に対するカテーテルアブレーションについて
沖縄医学会雑誌 第46巻(第4号) 2008.5.31
ヒス束近傍のケント束を介する房室回帰性頻拍症が頻発する若年者の薬剤抵抗性WPW症
候群に対し高周波カテーテルアブレーションが有効であった一例
沖縄医学会雑誌 第46巻(第1号) 2007.6
カテーテルアブレーションにおけるCARTO system 有用性
沖縄医学会雑誌 第45巻(第3号) 2006.12
カテーテルアブレーションにより根治したヒス束近傍起源の持続性心房頻拍の1例
心電図 第26巻(第4号) 2006.6
カテーテルアブレーションが奏功した薬剤抵抗性ヒス束近傍起源の持続性心房頻拍の一例
沖縄医学会雑誌 第45巻(第1号) 2006.6
高周波カテーテルアブレーション(RFCA)にて根治した Reverse common atrial flutter の
一例
沖縄医学会雑誌 第44巻(第1号) 2005.6
透析中に頻発した脚枝間リエントリー性心室頻拍に対し、高周波カテーテルアブレーショ
ンが著効した一例
沖縄医学会雑誌 第43巻(第4号) 2005.5.31
カテーテルアブレーションが著効した右房起源心房頻拍の症例について
沖縄医学会雑誌 第43巻(第2号) 2004.11.30
透析中に繰り返す脚枝間リエントリー性心室頻拍に対し、カテーテルアブレーション
(RFCA)が著効した一例
心電図 第24巻(第5号) 2004.8
冠動脈洞起源の巣状興奮が巣状心房細動(focal AF)の原因と考えられ、カテーテル
アブレーションが著効した1例
不整脈 第20巻(第2号) 2004.4
カテーテルアブレーションが著効した冠静脈洞起源のfocal AFの一例
沖縄医学会雑誌 第42巻(第3号) 2003.12
多発性心室性期外収縮に対するカテーテルアブレーション
沖縄赤十字病院医学雑誌 第13巻(第1号) 2002.9
左室流出路起源多発性PVCに対するカテーテルアブレーション
沖縄医学会雑誌 第40巻(第3号) 2001.12
痙攣、失神発作を繰り返し心房粗動又は不整脈源性右室異形成症(ARVD;arrhythmogenic
right ventricular dysplasia)が疑われた一例
沖縄医学会雑誌 第37巻(第1号) 1998.6

続きを見る

山城 啓先生 の所属する医療機関

池上総合病院

TEL: 03-3752-3151

池上総合病院

東京都大田区池上6丁目1-19

東京急行電鉄池上線「池上駅」 徒歩1分

- -

受付時間: 9:00~12:00 14:00~17:00 土曜AMのみ 初診受付AM8:30~11:30 PM13:30~16:00 科により異なる 臨時休診あり

診療科目: 内科 リウマチ科 外科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 整形外科 皮膚科 泌尿器科 婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科口腔外科 麻酔科

山城 啓 先生 の記事