東北医科薬科大学病院 統括病院長

近藤 丘 こんどう たかし 先生

1975年大学卒業後から呼吸器外科医師としてのキャリアをスタートし、大学院で肺移植の基礎研究を行い、以後、わが国の肺移植研究と臨床に尽力。2000年に東北大学加齢医学研究所呼吸器外科学分野の教授に就任する。呼吸器外科領域の臨床と研究に努め、呼吸器外科学会の法人化や呼吸器外科専門医制度の構築に中心的な役割を果たし、2010年に初代日本呼吸器外科学会理事長に就任。以後、日本外科学会、日本胸部外科学会、日本移植学会などの学会理事を歴任した。

基本情報

診療科

  • 呼吸器外科

主な領域

役職など

  • 東北医科薬科大学病院 統括病院長
  • 医学博士 取得
  • 日本外科学会 理事(H22〜H28)・名誉会員(H29〜)
  • 日本胸部外科学会 理事(H18〜H22)・第67回定期学術集会会長(H25)・名誉会員(H28〜)
  • 日本呼吸器外科学会 理事(H14〜H25)・理事長(H22〜H25)・第27回総会会長(H22)・名誉会員(H29〜)
  • 日本移植学会 理事(H23〜H27)
  • 日本肺癌学会 理事(H12〜H27)・東北支部長(H12〜H27)
  • 日本臓器保存生物医学会 理事(H14〜H29)・理事長(H26〜H28)・第38回・第42回学術集会会長(H23・H27)
  • 日本呼吸器内視鏡学会 理事(H12~H27)・東北副支部長(H12~H27)
  • アメリカ胸部疾患学会(ACCP)日本部会 governor

所属病院

東北医科薬科大学病院

  • 内科 呼吸器内科 循環器内科 消化器内科 腫瘍内科 糖尿病・代謝内科 腎臓・内分泌内科 脳神経内科 感染症内科 緩和ケア内科 呼吸器外科 心臓血管外科 消化器外科 乳腺・内分泌外科 整形外科 脳神経外科 形成外科 肝臓・胆のう・膵臓外科 ペインクリニック外科 精神科 血液・リウマチ科 小児科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射腺科 病理診断科 救急科 歯科口腔外科 麻酔科
  • 宮城県仙台市宮城野区福室1丁目12-1
  • JR仙石線「陸前高砂駅」 徒歩7分
  • 022-259-1221
東北医科薬科大学病院

医療記事

来歴等

略歴

1975年 東北大学医学部卒業
1979年 東北大学大学院医学系研究科修了・医学博士取得
1987年 東北大学抗酸菌病研究所助手
1988年 米国ロサンゼルス、Cedars-Sinai Medical Center 研究員
1990年 東北大学抗酸菌病研究所(現・加齢医学研究所)助手に復職
1998年 東北大学講師
2000年 東北大学教授
2015年 東北薬科大学病院病院長
2016年 東北医科薬科大学統括病院長

論文

1. Masafumi N, Yoshinori O, Tetsu S, Ysushi H, Chiaki E, Akira S,Sumiko M, Hisashi O. Takashi K. Reconstruction of Pulmonary Artery with Donor Aorta and Autopericardium in Lung Transplantation. Ann Thorac Surg 2013;96(1):e17-9.
2. Hisashi O, Yoshinori O, Yoshikatsu S, Tetsu S, Masafumi N, Ysushi H, Chiaki E, Akira S, Sumiko M, Miki A, Kunihiko H, Takashi K. Successful Bilateral Lung Transplantation after 16 h of Lung Preservation with EP-TU Solution: Report of a Case. Surg Today 2015;45:630-633.
3. Yasushi H, Yosinori O, Juntaro A, Yasushi M, Hiromiti N, Masafumi N, Tetsu S, Tatsuaki W, Hirotugu N, Fu C, Masami I, Kentaro M, Takeshi S, Takuro M, Masafumi C, Norihide F, Takashi K. Medical Consultant System for Improving Lung Transplantation Opportunities and Outcomes in Japan. Transplant Proc 2015;47:746-750.
4. Shunsuke E, Norihiko I, Takashi K, Jun N, Haruhiko K, Kohei Y, Masayuki C, Masami S, Shinichi T, Koichi Y, Yoshinori O, Yukio S, Meinoshin O, MUnetaka M, Koji C, Hiroaki M. Development of an Annually Updated Japanese National Clinical Database for Chest Surgery in 2014. Gen Thorac Cardiovasc Surg 206;64:569-576.
5. Motoyasu S, TakafumiS, Naoya I, Akira K, Takashi K, Toshiharu T. Efficacy of Low-Dose Computed Tomography Screening for Lung Cancer: The Current State of Evidence of Mortality Reduction.Surg Today 2017;47:783-788.
6. Hisashi O, Yasushi H, Tetsu S, Tatsuaki W, Akira S, Takashi K, Yoshinori O.A Case of Successful Therapy by Intrapleural Injection of Fibrin Glue for Chyrothorax after Lung Transplantation for Lymphangioleiomayomatosis. Ann Thorac Cardiovasc Surg 2017;23:40-44.
7. Takuro M, Shuntaro S, Takashi K, Mamoru K, Mitsukazu G, Yoshikatsu S, Minoru O, Norihiro K, Shin E, Shigeru S, Etsuko S, Hiroyuki F, Eiji K, Takeshi N. National Survey of De Novo Malignancy after Solid Organ Transplantation in Japan. Surg Today 2018:On line

著書

1. 臨床呼吸器外科(第2版)、医学書院、2003年
2. 呼吸器研修ノート、診断と治療社、2011年
3. よくわかる!肺移植、南江堂、2014年
4. ポケット呼吸器外科ハンドブック、南江堂、2015年

その他

  • 第27回日本呼吸器外科学会 2010年5月仙台主催

  • 第38回日本臓器保存生物医学会 2011年11月仙台主催

  • 第66回日本胸部外科学会 2013年10月仙台主催

  • 第42回日本臓器保存生物医学会 2015年11月盛岡主催

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。