新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

金沢医科大学病院 消化器内科 臨床教授

日本内科学会 認定医 日本消化器病学会 消化器病専門医・北陸支部 評議員 日本消化器内視鏡学会 消化器内視鏡専門医・北陸支部 評議員・学術評議員 日本肝臓学会 肝臓専門医 日本消化管学会 胃腸科認定医・胃腸科専門医・胃腸科指導医 日本カプセル内視鏡学会 認定医 日本ヘリコバクター学会 H. pylori(ピロリ菌)感染症認定医 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医 日本人間ドック学会 人間ドック認定医 日本医師会 認定産業医 日本消化器がん検診学会 会員 日本胃癌学会 会員 日本癌治療学会 会員 西日本がん研究機構(WJOG) 会員

中村 正克 なかむら まさかつ 先生

公開日
2020/10/08

2011年から金沢医科大学病院 消化器内科医として従事してきた。上下部消化管疾患を中心に早期がんの内視鏡治療から機能性疾患の治療まで幅広く対応をしている。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 消化器内科
  • 中村先生の食道がんに関する得意な領域
    • 内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)
    • 化学療法
  • 中村先生の胃がんに関する得意な領域
    • 内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)
    • 化学療法
  • 中村先生の大腸がんに関する得意な領域
    • 内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)
    • 化学療法
  • 中村先生の機能性ディスペプシアに関する得意な領域
    • 内科治療
  • 中村先生の慢性便秘症に関する得意な領域
    • 内科治療

資格・学会・役職

日本内科学会 認定医
日本消化器病学会 消化器病専門医・北陸支部 評議員
日本消化器内視鏡学会 消化器内視鏡専門医・北陸支部 評議員・学術評議員
日本肝臓学会 肝臓専門医
日本消化管学会 胃腸科認定医・胃腸科専門医・胃腸科指導医
日本カプセル内視鏡学会 認定医
日本ヘリコバクター学会 H. pylori(ピロリ菌)感染症認定医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
日本人間ドック学会 人間ドック認定医
日本医師会 認定産業医
日本消化器がん検診学会 会員
日本胃癌学会 会員
日本癌治療学会 会員
西日本がん研究機構(WJOG) 会員
  • 金沢医科大学病院 消化器内科 臨床教授

所属病院

金沢医科大学病院

  • 内科 精神科 神経内科 呼吸器内科 循環器内科 消化器内科 小児科 外科 整形外科 形成外科 脳神経外科 呼吸器外科 心臓血管外科 小児外科 皮膚科 泌尿器科 産科 婦人科 眼科 耳鼻いんこう科 リハビリテーション科 内視鏡内科 放射線科 病理診断科 歯科 矯正歯科 小児歯科 麻酔科 救急科 腫瘍内科 血液・リウマチ膠原病科
  • 石川県河北郡内灘町大学1丁目1
  • 北陸鉄道浅野川線「内灘駅」 医科大学病院行き、総合公園行き バス JR北陸本線(米原~金沢)「金沢駅」 特急・急行バスあり(金沢医科大学病院経由) 車25分
  • 076-286-3511
金沢医科大学病院

来歴等

略歴

1998年 藤田保健衛生大学医学部 卒業
2004年 藤田保健衛生大学大学院医学研究科 修了 医学博士取得
2004年 藤田保健衛生大学医学部消化器内科学 助手
2005年 藤田保健衛生大学医学部消化管内科学 助手
2006年 静岡県立がんセンター 国内留学
2006年 藤田保健衛生大学医学部消化管内科学 助手
2007年 藤田保健衛生大学医学部消化管内科学 助教
2011年 金沢医科大学消化器内科学 講師
2011年 聖隷健康サポートセンターSHIZUOKA 出向
2012年 金沢医科大学消化器内科学 講師
2016年 金沢医科大学消化器内科学 准教授
2020年 金沢医科大学消化器内科学 臨床教授

論文

  • Association of genetic polymorphisms in DNMT3A with the progression of gastric mucosal atrophy and susceptibility to gastric cancer in Japan. Oncol Lett 17(3):3482-88,2019

    Wu Jing,M.Nakamura,T.Arisawa

  • Polymorphism rs7521584 in miR-429 is associated with the severity of atrophic gastritis in patients with Helicobacter pylori infection. Molecular Medicine Reports 18:2381-86,2018

    T.Otsuka,M.Nakamura,T.Arisawa,

  • Association between receptor interacting serine/threonine kinase 2 polymorphisms and gastric cancer susceptibility. Oncol Lett 15(3):3772-3778,2018

    M.Ota,M.Nakamura,T.Arisawa

  • Genetic polymorphisms of MAFK, encoding a small Maf protein, are associated with susceptibility to ulcerative colitis in Japan. World J Gastroenterol 23(29):5364-5370,2017

    T.Arisawa,M.Nakamura

  • Fusobacterium Detected in Colonic Biopsy and Clinicopathological Features of Ulcerative Colitis in Japan. Digestive Diseases and Sciences 60(1):205-210,2015

    T.Tahara,M.Nakamura,T.Arisawa

  • Telomere length in non-neoplastic colonic mucosa in ulcerative colitis (UC) and its relationship to the severe clinical phenotypes. Clin Exp Med 15(3):327-332,2015

    T.Tahara,M.Nakamura,T.Arisawa

  • The effect of short-term proton pump inhibitor plus anti-ulcer drug on the healing of endoscopic submucosal dissection-derived artificial ulcer: A randomized controlled trial. Hepato-gastroenterology 62(137):219-24,2015

    M.Nakamura,T.Arisawa

  • Association between individual response to food taste and gastroesophageal symptoms. Journal of Digestive Diseases 16(6):337-41,2015

    T.Shibata,M.Nakamura,T.Arisawa

  • Association between interleukin-1β and tumor necrosis factor-α polymorphisms and symptoms of dyspepsia. Molecular Medicine Reports 11(5):3888-93,2015 

    T.Tahara,M.Nakamura,T.Arisawa

  • Endoscopic submucosal dissection of an esophageal tumor using a trans-nasal Endoscope without sedation. Endoscopy 46 Suppl 1:E115-E116,2014

    M.Nakamura,T.Arisawa

  • A new method using a polyglycolic acid monolayer patch to shield the mucosal defect after endoscopic submucosal dissection. Endoscopy 46 Suppl 1:E176-E177,2014

    M.Nakamura,T.Arisawa

  • Light blue crest and ridge/villous patterns in the uninvolved gastric antrum by magnifying NBI endoscopy correlate with serum pepsinogen and gastric cancer occurrence. Hepato-gastroenterology 61(130):525-528,2014

    M.Okubo,M.Nakamura,T.Arisawa

  • Heat-shock protein 70-2 BB genotype is associated with reduced risks of the steroid-dependent and refractory phenotypes of ulcerative colitis. Biomed Rep 2(4):555-558,2014

    T.Tahara,M.Nakamura,T.Arisawa

  • Effect of RANTES gene promoter genotypes in patients with ulcerative colitis. Biomed Rep 2(4):602-606,2014

    T.Tahara,M.Nakamura,T.Arisawa

  • Change in DNA methylation patterns of SLC6A4 gene in the gastric mucosa in functional dyspepsia. PLoS One 9(8): e105565,2014

    T.Tahara,M.Nakamura,T.Arisawa

  • DNA methylation status of epithelial-mesenchymal Transition (EMT) - related genes is associated with severe clinical phenotypes in ulcerative colitis (UC). PLoS One 9(10): e107947,2014

    T.Tahara,M.Nakamura,T.Arisawa

  • The *1244A>G polymorphism of MyD88(rs7744)is closely associated with susceptibility to ulcerative colitis. Mol Med Rep. 9(1):28-32,2014

    K.Matsunaga,M.Nakamura,T.Arisawa

  • A new attachment hood (Nanoshooter) for transnasal endoscopic submucosal dissection of the hypopharynx. Endoscopy 45 Suppl 2: E387-8,2013

    M.Nakamura,T.Arisawa

  • Influence of HRH2 promoter polymorphism on aberrant DNA methylation of DAPK and CDH1 in the gastric epithelium. BMC Gastroenterol.13:1,2013

    T.Nomura,M.Nakamura,T.Arisawa

  • Genetic polymorphisms of SCN10A are associated with functional dyspepsia in Japanese subjects. J. Gastroenterol. 48(1): 73-80,2013

    T.Arisawa,M.Nakamura

  • Functional promoter polymorphisms of NFKB1 influence susceptibility to the diffuse type of gastric cancer. Oncol Rep.30(6):3013-19,2013

    T.Arisawa,M.Nakamura

  • Combination Chemotherapy with S-1 and Docetaxel in Advanced Gastric Cancer patient with Peritoneal Dissemination and Malignant Ascites. Annals of Cancer Research and Therapy 20(1):07-10,2012

    M.Nakamura,T.Arisawa

  • Correlation between magnifying narrow band imaging and histopathology in gastric protruding/or polypoid lesions: a pilot feasibility trial. BMC Gastroenterol. 12:17,2012

    T,Omori,M.Nakamura,T.Arisawa

  • Role of Heat-Shock Protein (HSP) 70-2 Genotype in Peptic Ulcer in Japanese Population. Hepatogastroenterology 59(114):426-9,2012

    T.Tahara,M.Nakamura,T.Arisawa

  • Presence of minimal change esophagitis closely correlates with pathological conditions in the stomach. Dig Dis Sci. 57(4):958-66,2012

    T.Tahara,M.Nakamura,T.Arisawa

  • Effects of -1018G>A polymorphism of HRH2 (rs2607474) on the severity of gastric mucosal atrophy. J. Gastrointestin Liver Dis. 21(2):139-43,2012

    H,Yamada,M.Nakamura,T.Arisawa

  • Genetic polymorphisms of IL17A and pri-microRNA-938, targeting IL17A 3'-UTR, influence susceptibility to gastric cancer. Hum. Immunol. 73(7):747-52,2012

    T.Arisawa,M.Nakamura

  • Association between common genetic variant of HRH2 and gastric cancer risk. Int J Oncol. 41(2):497-503,2012

    T.Arisawa,M.Nakamura

  • 貧血を契機にみつかった原発性同時多発小腸癌の1例. Gastroenterological Endoscopy.61(10):2372-2378,2019

    中村正克, 有沢富康

  • 肝膿瘍を発症した術後回腸盲端内腸管アメーバ症の1例.日消誌.116:833-841,2019

    中村正克, 有沢富康

著書

  • 中村正克, 有沢富康, 早期上部消化管腫瘍における非静脈麻酔下ESDの有用性 PROGRESS IN MEDICINE 35:464-467,2015

  • 有沢富康,中村正克,当院における大腸カプセル内視鏡検査の持ち帰り検査への取り組み. PillCam Clinical Updete 7:1-2,2015

  • 中村正克, 有沢富康, 新しいデバイスNanoshooterによる内視鏡治療の可能性・消化器内視鏡 11:1899-1901,2014

  • 中村正克, 有沢富康, 大腸カプセル内視鏡を用いた最近の診療について,石川医報 5:23-25,2014

  • 中村正克, 有沢富康, 胃ESD後の人工潰瘍に対する治療戦略-PPI単独治療とレバミピド併用療法との比較検討. Plvs vltre ESDさらなる挑戦-消化管ESDの課題と展望: 38-42,2011

  • 中村正克, 有沢富康, 胃腫瘍性病変に対する経鼻内視鏡を用いた粘膜下層剥離術(ESD),石川医報 5:24-26,2011

  • 中村正克, 有沢富康, ESD困難例への対処:ESD困難部位(幽門輪近傍)における経鼻内視鏡の有用性 消化器医学 8:39-46,2010

  • 有沢富康, 中村正克, 低用量アスピリン起因性消化管傷害と遺伝的背景 日本臨牀 68(11): 2113-2118,2010

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。

他の医師を見る

同じ所属病院の医師