新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

金沢医科大学整形外科 准教授

日本整形外科学会 整形外科専門医・認定運動器リハビリテーション医・認定スポーツ医・認定リウマチ医・ロコモアドバイスドクター 日本人工関節学会 認定医 日本股関節学会 股関節鏡技術認定取得医 日本股関節鏡研究会 世話人

福井 清数 ふくい きよかず 先生

公開日
2021/02/16

先代の金沢医科大学整形外科主任教授で現名誉教授である松本忠美先生に15年にわたり師事し股関節外科を学ぶ。再置換術を含めた人工股関節置換術の名手である。特筆すべきは北陸で唯一の日本股関節学会股関節鏡技術認定医で、股関節鏡視下手術では高い技術をもつ(2020年6月23日時点)。2017年からは日本股関節鏡研究会世話人も務める。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 整形外科
  • 【疾患名】ボーダーライン寛骨臼形成不全【治療法】関節鏡下関節唇形成術

資格・学会・役職

日本整形外科学会 整形外科専門医・認定運動器リハビリテーション医・認定スポーツ医・認定リウマチ医・ロコモアドバイスドクター
日本人工関節学会 認定医
日本股関節学会 股関節鏡技術認定取得医
日本股関節鏡研究会 世話人
  • 金沢医科大学整形外科 准教授
  • 日本整形外科学会
  • 日本股関節学会
  • 日本人工関節学会
  • 日本骨粗鬆症学会
  • 日本整形外科超音波学会
  • 中部日本整形外科災害外科学会
  • 日本股関節鏡研究会

所属病院

金沢医科大学病院

  • 内科 精神科 神経内科 呼吸器内科 循環器内科 消化器内科 小児科 外科 整形外科 形成外科 脳神経外科 呼吸器外科 心臓血管外科 小児外科 皮膚科 泌尿器科 産科 婦人科 眼科 耳鼻いんこう科 リハビリテーション科 内視鏡内科 放射線科 病理診断科 歯科 矯正歯科 小児歯科 麻酔科 救急科 腫瘍内科 血液・リウマチ膠原病科
  • 石川県河北郡内灘町大学1丁目1
  • 北陸鉄道浅野川線「内灘駅」 医科大学病院行き、総合公園行き バス JR北陸本線(米原~金沢)「金沢駅」 特急・急行バスあり(金沢医科大学病院経由) 車25分
  • 076-286-3511
金沢医科大学病院

来歴等

略歴

1995年 京都教育大学附属高等学校 卒業
2001年 金沢医科大学医学部医学科 卒業
2006年 金沢医科大学大学院 医学博士取得
2006年 金沢医科大学整形外科 助教
2013年 金沢医科大学整形外科 講師
2013年 Steadman Philippon Research Institute(Colorado, USA)(~2014年)
2015年 金沢医科大学整形外科 講師、病棟医長、医療安全担当者
2019年 Princess Erizabeth Orthopaedic Centre (Exeter, UK) 短期留学
2020年 金沢医科大学整形外科 准教授、病棟医長、医療安全担当者(〜現在)

論文

  • 1. Computed tomographic osteolytic analysis of a first generation remelted highly cross-linked polyethylene in total hip arthroplasty—At a minimum of 15-year follow-up. J Arthroplasty. 2020;35:1417-1423.

    Fukui K, et al.

  • 2. Subchondral fracture caused by unevenly stiffened meniscus after radiofrequency-assisted arthroscopic knee meniscectomy: A case report and review of the literature. Int J Surg Case Rep. 2019;65:135-140.

    Fukui K, et al.

  • 3. External iliac vein compression and lower-extremity swelling caused by an iliopectineal ganglion: a case report. J Med Case Rep. 2019;13:293.

    Fukui K, et al.

  • 4. Bilateral spontaneous simultaneous femoral neck occult fracture in a middle-aged man due to osteoporosis and vitamin D deficiency osteomalacia: A case report and literature review. Int J Surg Case Rep. 2019;60:358-362.

    Fukui K, et al.

  • 5. Inversion of the acetabular labrum causes increased localized contact pressure on the femoral head: a biomechanical study. Int Orthop. 2019;43:1329-1336.

    Wang X, Fukui K, et al.

  • 6. Arthroscopy of the hip for patients with mild to moderate developmental dysplasia of the hip and femoroacetabular impingement: Outcomes following hip arthroscopy for treatment of chondrolabral damage. Bone Joint J. 2015;97-B:1316-21.

    Fukui K, et al.

  • 7._Outcomes after labral repair in patients with femoroacetabular impingement and Borderline dysplasia. arthroscopy. 2015;31:2371-9.

    Fukui K, et al.

  • 8. Squeaking and microcracks in a delta-delta ceramic coupling: pin-on-disc study. Eur J Orthop Surg Traumatol. 2016;26:299-304.

    Fukui K, et al.

  • 9. Arthroscopic correction for concomitant cam impingement in a patient with idiopathic osteonecrosis of the femoral head: A case report. Int J Surg Case Rep. 2016;19:154-8.

    Fukui K, et al.

  • 10. Clinical assessment after total hip arthroplasty using the Japanese Orthopaedic Association Hip-Disease Evaluation Questionnaire. J Orthop. 2015;12:S31-6.

    Fukui K, et al.

  • 11. Should well-fixed uncemented femoral components be revised in infected hip arthroplasty? Report of five trial cases. J Orthop. 2015;13:437-442.

    Fukui K, et al.

  • 12. Occult fracture of the femoral neck associated with extensive osteonecrosis of the femoral head: A case report. Int J Surg Case Rep. 2015;14:136-40.

    Fukui K, et al.

  • 13. Early MRI and intraoperative findings in rapidly destructive osteoarthritis of the hip: A case report. Int J Surg Case Rep. 2015;8C:13-7.

    Fukui K, et al.

  • 14. Does rotational acetabular osteotomy affect subsequent total hip arthroplasty? Arch Orthop Trauma Surg. 2015;135:407-15.

    Fukui K, et al.

  • 15. Bone remodeling after a mean of 10 years in diaphyseal cortical defects repaired with femoral revision using bypass fixation of extensively porous-coated stems with high stiffness. Eur J Orthop Surg Traumatol. 2015;25:741-7.

    Fukui K, et al.

  • 16. Inversion of the acetabular labrum triggers rapidly destructive osteoarthritis of the hip: representative case report and proposed etiology. J Arthroplasty. 2014;29:2468-72.

    Fukui K, et al.

  • 17. Imaging and histopathological evaluation of a cystlike formation in subchondral insufficiency fracture of the femoral head: A case report and literature review. Int J Surg Case Rep. 2014;5:324-9.

    Fukui K, et al.

  • 18. Retrieval analysis of new-generation yttria-stabilized zirconia femoral heads after total hip arthroplasty. Eur J Orthop Surg Traumatol. 2014;24:1197-202.

    Fukui K, et al.

  • 19. Localized pigmented villonodular synovitis of the hip: sudden-onset pain caused by torsion of the tumor pedicle. Case Rep Orthop. 2013;2013:862935. doi: 10.1155/2013/862935.

    Fukui K, et al.

  • 20. Synovial osteochondromatosis of the hip with femoroacetabular impingement and osteoarthritis: a case report. J Orthop Surg (Hong Kong). 2013;21:117-21.

    Fukui K, et al.

  • 21. How far above the true anatomic position can the acetabular cup be placed in total hip arthroplasty? Hip Int. 2013;23:129-34.

    Fukui K, et al.

  • 22. Wear comparison between conventional and highly cross-linked polyethylene against a zirconia head: a concise follow-up, at an average 10 years, of a previous report. J Arthroplasty. 2013;28:1654-8.

    Fukui K, et al.

  • 23. Wear comparison between a highly cross-linked polyethylene and conventional polyethylene against a zirconia femoral head: minimum 5-year follow-up. J Arthroplasty. 2011;26:45-49.

    Fukui K, et al.

  • 24. Should the well-fixed, uncemented femoral components be revised during isolated acetabular revision? Arch Orthop Trauma Surg. 2011;131:481-485.

    Fukui K, et al.

  • 25. A radiological study of the true anatomical position of the acetabulum in Japanese women. HIP INT 2011;21:311-316.

    Fukui K, et al.

  • 26. Glucocorticoid induces micro-fat embolism in the rabbit: a scanning electron microscopic study. J Orthop Res. 2006;24:675-83.

    Fukui K, et al.

  • 27. A new method of perfusion fixation for the rabbit femur. Okajimas Folia Anat Jpn. 2004;81:57-62.

    Fukui K, et al.

  • 28. Positive FABER distance test is associated with higher alpha angle in symptomatic patients. Knee Surg Sports Traumatol Arthrosc. 2019;27:3158-3161.

    Trindade CAC, Briggs KK, Fagotti L, Fukui K, Philippon MJ.

  • 29. Biomechanical behaviour of a French femoral component with thin cement mantle. Bone Joint Res. 2018;7:485-493.

    Numata Y, Kaneuji A, Kerboull L, Takahashi E, Ichiseki T, Fukui K, et al.

  • 30. Developmental dysplasia treated with cementless total hip arthroplasty utilizing high hip center reconstruction: a minimum 13-year follow-up study. J Arthroplasty. 2018;33:2899-2905. Galea VP, Laaksonen I, Donahue GS, Fukui K, et al.

    Galea VP, Laaksonen I, Donahue GS, Fukui K, et al.

  • 31. The influence of cement thickness on stem subsidence and cement creep in a collarless polished tapered stem: When are thick cement mantles detrimental? Bone Joint Res. 2017;6:351-357.

    Takahashi E, Kaneuji A, Tsuda R, Numata Y, Ichiseki T, Fukui K, Kawahara N.

  • 32. Re-dislocation after revision total hip arthroplasty for recurrent dislocation: a multicentre study. Int Orthop. 2017;41:253-258.

    Yoshimoto K, Nakashima Y, Aota S, Kaneuji A, Fukui K, et al.

  • 33. Tenosynovial giant cell tumors in unusual locations detected by positron emission tomography imaging confused with malignant tumors: report of two cases. BMC Musculoskelet Disord. 2016;26;17:180.

    Takeuchi A, Yamamoto N, Hayashi K, Miwa S, Takahira M, Fukui K, et al.

  • 34. Arthroscopic capsule reconstruction in the hip using iliotibial band allograft. Arthrosc Tech. 2015;4:e71-4.

    Trindade CA, Sawyer GA, Fukui K, Briggs KK, Philippon MJ.

  • 35. Rotational Acetabular Osteotomy for Osteoarthritis with Acetabular Dysplasia: Conversion Rate to Total Hip Arthroplasty within Twenty Years and Osteoarthritis Progression After a Minimum of Twenty Years. J Bone Joint Surg Am. 2015;97:726-32.

    Kaneuji A, Sugimori T, Ichiseki T, Fukui K, et al.

  • 36. Cementless anatomic total hip femoral component with circumferential porous coating for hips with developmental dysplasia: a minimum ten-year follow-up period. J Arthroplasty. 2013;28:1746-50.

    Kaneuji A, Sugimori T, Ichiseki T, Fukui K, et al.

  • 37. Osteonecrosis development in a novel rat model characterized by a single application of oxidative stress. Arthritis Rheum. 2011;63:2138-41.

    Ichiseki T, Kaneuji A, Ueda Y, Nakagawa S, Mikami T, Fukui K et al.

  • 38. Prevention of steroid-induced osteonecrosis by intravenous administration of vitamin E in a rabbit model.

    Mikami T, Ichiseki T, Kaneuji A, Ueda Y, Sugimori T, Fukui K, et al.

  • 39. Minimum ten-year results of a porous acetabular component for Crowe I to III hip dysplasia using an elevated hip center. J Arthroplasty. 2009;24:187-94.

    Kaneuji A, Sugimori T, Ichiseki T, Yamada K, Fukui K, Matsumoto T.

  • 40. 3ヵ月にわたり股関節痛を訴えた閉鎖孔ヘルニアの1例 関節外科 22:521-524, 2003.

    福井清数, ほか

  • 41. Harris precoat stem を用いた人工股関節置換術の長期成績 日人工関節会誌 34:177-178, 2004.

    福井清数, ほか

  • 42. Harris precoat THAの長期成績 関節外科 23:1078-1082, 2004.

    福井清数, ほか

  • 43. Harris precoat型人工股関節置換術の長期成績 Hip Joint 30:508-510, 2004.

    福井清数, ほか

  • 44. ステロイド投与家兎において骨髄静脈系に出現する細胞は骨壊死に関与するか?厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患克服研究事業 特発性大腿骨頭壊死症の予防と治療の標準化を目的とした総合研究 平成16年度総括・分担研究報告書 33-35, 2005.

    福井清数, ほか

  • 45. ステロイド投与家兎における微小脂肪塞栓の骨髄内発生と骨壊死への関与 Hip Joint 31:376-378 , 2005.

    福井清数, ほか

  • 46. 走査型電子顕微鏡を用いたステロイド投与家兎大腿骨髄の観察:微小脂肪塞栓の存在について  厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患克服研究事業 特発性大腿骨頭壊死症の予防と治療の標準化を目的とした総合研究 平成17年度総括・分担研究報告書 65-67, 2006.

    福井清数, ほか

  • 47. ステロイド投与家兎大腿骨髄の観察:骨髄細動脈における微小脂肪塞栓の存在 厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患克服研究事業 特発性大腿骨頭壊死症の予防と治療の標準化を目的とした総合研究 平成17年度総括・分担研究報告書 44-45, 2006.

    福井清数, ほか

  • 48. ステロイド投与家兎大腿骨髄内細動脈における微小脂肪塞栓の存在 Hip Joint 32:100-102, 2006.

    福井清数, ほか

  • 49. クロスリンクの有無によるポリエチレン摩耗の比較 日人工関節会誌 37:160-161, 2007.

    福井清数, ほか 

  • 50. 走査型電子顕微鏡を用いたステロイド投与家兎大腿骨髄の観察:微小脂肪塞栓の存在について  厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患克服研究事業 特発性大腿骨頭壊死症の予防と治療の標準化を目的とした総合研究 平成16〜18年度総合研究報告書 97-99, 2007.

    福井清数, ほか 

  • 51. 同一機種におけるクロスリンクおよび非クロスリンクポリエチレン磨耗の比較 Hip Joint 33:356-358, 2007.

    福井清数, ほか

  • 52. ジルコニア骨頭に対するポリエチレン磨耗—クロスリンクと非クロスリンクの比較— 日人工関節会誌 38:64-65, 2008.

    福井清数, ほか 

  • 53. 臼蓋側再置換症例における非置換セメントレスステムの成績 日人工関節会誌 39:396-397, 2009.

    福井清数, ほか 

  • 54. 大腿骨頭すべり症に対する大腿骨頭回転骨切り術の治療成績 Hip Joint 35:602-604, 2009.

    福井清数, ほか

  • 55. 臼蓋側単独再置換例における非置換ステムの成績 中部整災誌 53:23-24, 2010.

    福井清数, ほか 

  • 56. Revision THAにて摘出したジルコニア骨頭の相転移と面租度に関する検討 中部整災誌 53:809-810, 2010

    福井清数, ほか 

  • 57. セメントレスTHAにおけるカップ設置の工夫—高位設置はどこまで許容されるか— 中部整災誌 54:1013-1014, 2011.

    福井清数, ほか

  • 58. 寛骨臼回転骨切り術後におけるfemoroacetabular impingementの影響 中部整災誌 54:21-22, 2011.

    福井清数, ほか

  • 59. 大腿骨頭すべり症術後におけるFemoroacetabular impingementの影響 日関節病会誌 30:153-157 , 2011.

    福井清数, ほか 

  • 60. 滑膜性骨軟骨腫症によりfemoroacetabular impingementを呈した1例 中部整災誌 54:461-462, 2011.

    福井清数, ほか

  • 61. FDG-PET診断によりステムを温存した治療が可能であった人工股関節置換術後の遅発性感染の一例 日骨関節感染会誌 24:97−99, 2011.

    福井清数

  • 62. 寛骨臼回転骨切り術後症例におけるX線学的調査−Femoroacetabular impingementの観点から− Hip Joint 37:257-259, 2011.

    福井清数, ほか

  • 63. セメントレス人工股関節,人工骨頭置換術後遅発性感染の治療戦略 —固着性良好なセメントレスステムを温存した感染の鎮圧— 日骨関節感染会誌 25:65-68, 2012

    福井清数

  • 64. クロスリンクポリエチレンはジルコニア骨頭に対して耐摩耗性を維持しうるか−術後平均10年の検討− 日人工関節会誌 42:43-44, 2012

    福井清数, ほか

  • 65. ジルコニア骨頭に対する9〜11年のポリエチレン磨耗 Conventional vs.highly cross-linked polyethylene 中部整災誌 55:27-28, 2012.

    福井清数, ほか

  • 66. 寛骨臼回転骨切り術後THAの中期成績 Hip Joint 38:387-389, 2012

    福井清数, ほか

  • 67. セメントレスカップの設置高位と術後早期の外転筋力の回復 Hip Joint 38:872-874, 2012

    福井清数, ほか 

  • 68. 高度骨損例に対するstrut allograft併用 人工股関節再置換術の治療経験 中部整災誌 56:973-974, 2013.

    福井清数, ほか

  • 69. 大腿骨頸部骨折後FAI(Femoroacetabular impingement)に対する鏡視下手術の治療経験 中部整災誌 56:145-146, 2013.

    福井清数, ほか 

  • 70. THA術後遅発性感染に対するセメントレスステムを温存した二期的治療 中部整災誌 56:819-920, 2013. 

    福井清数, ほか

  • 71. High-stiffness extensively porous-coated stemを用いた大腿骨側再置換術の中期成績 日人工関節会誌 43:43-44, 2013.

    福井清数, ほか

  • 72. アルコール性大腿骨頭壊死症に併存したcam impingementに対する鏡視下手術の治療経験 Hip Joint  39:128-131, 2013.

    福井清数, ほか 

  • 73. セメントステム使用人工股関節置換術におけるIBBCテクニックと大腿骨海綿骨化 関節外科 32:576-581, 2013. 

    福井清数, ほか 

  • 74. 日本整形外科学会股関節疾患評価質問票(JHEQ)を用いたTHA術後評価 Hip Joint 39:398-400, 2013.

    福井清数, ほか

  • 75. 片側寛骨臼回転骨切り術施行例における対側股関節の長期自然経過 —最低20年(平均24年)の追跡調査— Hip Joint 43:413-418, 2017. 

    福井清数, ほか

  • 76. (依頼論文)【人工股関節全置換術 セメント固定vs.セメントレス固定】セメントレスカップのインプラントテクノロジー 関節外科 38:183-188, 2019.

    福井清数, 兼氏 歩 

  • 77. (依頼論文)内反臼蓋関節唇が急速破壊型股関節症を惹記する 整形外科 66:1115-1118, 2015.

    福井清数 

  • 78. 若年者(45歳以下)に対するTHAの長期成績 中部整災誌 62:141-142, 2019.

    吉岡薫人, 兼氏 歩, 市堰 徹, 福井清数, ほか

  • 79. 炎症性腸疾患に伴った股関節炎に対しTHAを行なった1例 中部整災誌 62:325-326, 2019.

    三好亮輔, 兼氏 歩, 福井清数, ほか

  • 80. 低侵襲寛骨臼骨切り術(SPO)例に対する日本整形外科学会股関節疾患評価質問票(JHEQ)による術後評価 Hip Joint 44(1):41-6, 2018. 

    高橋詠二, 兼氏 歩, 市堰 徹, 福井清数, ほか

  • 81. 急速に股関節亜脱臼を生じた皮膚筋炎の1例 中部整災誌 61:953-954, 2018. 

    藤田浩二, 兼氏 歩, 高橋詠二, 福井 信, 福井清数, 川原範夫

  • 82. 女性変形性股関節症患者の術前後の歩容の自己評価と心理社会的側面の検討 —人工股関節全置換術患者と低侵襲寛骨臼骨切り術患者の比較— 日本看護科学会誌 38:309-317, 2018.

    松本智里, 加藤真由美, 兼氏 歩, 福井清数, ほか

  • 83. 両側同時受傷した大腿骨骨頭骨折の1例 臨床整形外科 52(7):703-706, 2017.

    土屋雅信, 廣村健太郎, 津田亮二, 福井清数, ほか

  • 84. 寛骨臼形成不全に対する寛骨臼回転骨切り術 —20年未満に人工股関節全置換術に移行する率と20年以上経過例における変形性股関節症の進行 整形外科 67(6):583-590, 2016.

    兼氏 歩, 杉森端三, 市堰 徹, 福井清数, ほか

  • 85. ロッキングプレートを用いた大腿骨ステム周囲骨折の治療 別冊整形外科 70:143-146, 2016.

    廣村健太郎, 兼氏 歩, 津田亮二, 福井清数, ほか 

  • 86. 7cm皮切で行う低侵襲寛骨臼骨切り術(Spherical Periacetabular Osteotomy:SPO)の手術手技と工夫 Hip Joint 42(1):260-264, 2016. 

    兼氏 歩, 市堰 徹, 福井清数, ほか

  • 87. 7cm皮切で行う低侵襲寛骨臼骨切り術(Spherical Periacetabular Osteotomy:SPO)の短期成績 Hip Joint 42(1):256-259, 2016. 

    兼氏 歩, 市堰 徹, 福井清数, ほか

  • 88. 大腿骨減捻骨切り術を施行した成人変形性股関節症例の中期成績 Hip Joint 41:991-994, 2015. 

    高橋詠二, 兼氏 歩, 杉森端三, 市堰 徹, 福井清数, 松本忠美 

  • 89. 新しいアナトミカルステム使用例における術後5年の大腿骨骨密度変化 日本人工関節学会誌 45:147-148, 2015. 

    高橋詠二, 兼氏 歩, 杉森端三, 市堰 徹, 福井清数, ほか 

  • 90. 梨状筋温存後方アプローチによるTHAの脱臼率 中部整災誌 58:675-676, 2015.

    高橋詠二, 兼氏 歩, 杉森端三, 市堰 徹, 福井清数, 松本忠美

  • 91. 寛骨臼回転骨切り術後患者における評価 −JOAスコアとJHEQの比較および満足度調査− Hip Joint 40:41-43, 2014.

    兼氏 歩, 市堰 徹, 福井清数, ほか 

  • 92. Line to line テクニックでスクリュー固定した fiber metal porous cementless cup の10年以上の成績 日人工関節会誌 44:297-298, 2014.

    高橋詠二, 兼氏 歩, 杉森端三, 市堰 徹, 福井清数, 松本忠美 

  • 93. ステロイド性大腿骨頭壊死症に対するBipolar型人工骨頭置換術 平均19.6年の成績 関節外科 32:694-698, 2013. 

    市堰 徹, 兼氏 歩, 杉森端三, 福井清数, 松本忠美 

  • 94. セメントレスカップ設置後の臼蓋骨欠損に対して行ったリーミング骨移植の生着率の検討 関節外科 32:1078-1082, 2013. 

    津田亮二, 兼氏 歩, 杉森端三, 市堰 徹, 福井清数, 松本忠美 

  • 95. 腰椎椎間板ヘルニア周術期に発症したChurg-Strauss症候群の1例 整形外科 64:969-972, 2013. 

    奥田鉄人, 川原範夫, 福井清数, ほか 

  • 96. 股関節結核後にハイブリッド人工股関節全置換術を行った一例 Hip Joint  39:1199-1201, 2013.

    植田修右, 兼氏 歩, 市堰 徹, 福井清数, 松本忠美

  • 97. スクリュー固定併用セメントレスカップを使用した第2世代 Anatomic stemの全例調査 日人工関節会誌 43:3-4, 2013.

    兼氏 歩, 杉森端三, 市堰 徹, 福井清数, 松本忠美

  • 98. 二次性変形性股関節症に対するTHA—セメントレスカップ設置の理論と実践— 日関病誌 32(2):103-111, 2013.

    兼氏 歩, 福井清数, 松本忠美 

  • 99. 日本で開発されたセメントレス人工股関節ステムのコンセプトと中・長期成績 APS Natural-Hip stemの合併症調査と3種類のデザインにおける骨密度変化 中部整災誌 56:19-20, 2013.

    兼氏 歩, 杉森端三, 市堰 徹, 福井清数, 松本忠美 

  • 100. アナトミック人工股関節ステム10年以上の成績 近位全周性ポーラスコーティングの有用性 関節外科 31:1361-1368, 2012.

    杉森端三, 兼氏 歩, 市堰 徹, 福井清数, 松本忠美

著書

  • 特発性大腿骨頭壊死症診療ガイドライン2019(日本整形外科学会診療ガイドライン委員会/特発性大腿骨頭壊死症診療ガイドライン策定委員会 編)南江堂, 29-38, 2019. 兼氏 歩, 市堰 徹, 加畑多文, 楫野良知, 福井清数

  • 大腿骨ステム周囲骨折に対する人工股関節再置換術 ケーブルとワイヤーの使い方 Monthly Book Orthopaedics 31(13):63-69, 2018.  福井清数, ほか

  • 人工股関節のバイオマテリアル 材料選択からデザインまで(山本謙吾編)メジカルビュー社, 101-107, 2017. 兼氏 歩, 福井清数

  • (第3章) 股関節手術の知識 12.人工股関節再置換術:寛骨臼(臼蓋)側単独人工股関節再置換術 整形外科看護 2015秋季増刊【まるごと股関節 これ1冊】:139-144, 2015. 福井清数, 兼氏 歩

  • 整形外科の疾患・手術・術前術後ケア : 3ステップで大事なところをいいとこどり! (津村弘、編)メディカ出版, 110-111, 125-127, 145-147, 2014. 兼氏 歩, 福井清数

  • 術中トラブルリカバリーの極意 私の工夫 作図通りにコンポーネントを設置したのに安定性が不良であった! 整形外科SURGICAL TECHNIQUE 4:92-95, 2014. 兼氏 歩, 福井清数

  • 股関節後方進入法 整形外科SURGICAL TECHNIQUE 3:485-489, 2013. 兼氏 歩, 福井清数 

  • 運動器の痛み プライマリケア: 股関節の痛み(菊池臣一編) 南江堂, 191-198, 2011. 兼氏 歩, 福井清数

その他

  • 【対応可能な言語】日本語、英語

  • 【受賞】 2020年 金沢医科大学 橘会賞

  • 【受賞】2017年  第28回大正富山アワード 日本股関節学会奨励賞 最優秀賞

  • 【受賞】2012年 The International Congress for Joint Reconstruction Abstract Recognition Award

  • 【受賞】2006年 金沢医科大学医学博士論文 学長賞

  • 【科研費獲得】2019年(~2021年)基盤研究(C)内反寛骨臼関節唇の介在による大腿骨頭軟骨下骨折の発生機序および治療法の解明

  • 【学会発表】2020年AAOS(American Academy Orthopedic Surgeons)2020 Annual Meeting

  • 【学会発表】2019年ISHA (International Society for Hip Arthroscopy) Annual Scientific Meeting

  • 【学会発表】2019年ORS (Orthopedic Research Society) 2019 Annual Meeting

  • 【学会発表】2018年AAOS (American Academy Orthopedic Surgeons) 2018 Annual Meeting

  • 【学会発表】2018年19th EFORT (European Federation of National Associations of Orthopaedics and Traumatology) Congress 2018

  • 【学会発表】2015年ISAKOS (International Society of Arthroscopy, Knee Surgery and Orthopaedic Sports Medicine) Congress 2015 Podium Presentation

  • 【学会発表】2020年第93回日本整形外科学会学術総会

  • 【学会発表】2019年第92回日本整形外科学会学術総会

  • 【学会発表】2019年第46回日本股関節学会学術総会

  • 【学会発表】2019年第46回日本股関節学会学術総会

  • 【学会発表】2018年第49回日本人工関節学会学術総会

  • 【学会発表】その他(上記以外)2001~2019年 海外発表23回、 国内発表 89回(うち、以下のシンポジウム7回を含む)

  • 【学会発表】2017年第9回JOSKAS(日本関節鏡・膝・スポーツ・整形外科学会)学術総会

  • 【学会発表】2017年第13回日本股関節鏡研究会学術総会

  • 【学会発表】2013年第43回、2012年第42回日本人工関節学会学術総会

  • 【学会発表】2013年第43回、2012年第42回日本人工関節学会学術総会

  • 【学会発表】2011年第117回、2010年第115回中部整形外科災害外科学会学術総会

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。

他の医師を見る

同じ所属病院の医師