新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

熊本機能病院 副院長/循環器科筆頭部長

日本循環器学会 循環器専門医 日本内科学会 認定内科医 日本高血圧学会 高血圧専門医・高血圧指導医 日本心血管内分泌代謝学会 評議員

水野 雄二 みずの ゆうじ 先生

公開日
2021/07/05

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 循環器内科

資格・学会・役職

日本循環器学会 循環器専門医
日本内科学会 認定内科医
日本高血圧学会 高血圧専門医・高血圧指導医
日本心血管内分泌代謝学会 評議員
  • 熊本機能病院 副院長/循環器科筆頭部長

所属病院

熊本機能病院

  • 内科 リウマチ科 外科 脳神経外科 消化器外科 小児科 整形外科 形成外科 皮膚科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 麻酔科 循環器内科 脳神経内科 血管外科 救急科 小児形成外科
  • 熊本県熊本市北区山室6丁目8-1
  • 熊本電鉄本線 堀川 車3分 JR鹿児島本線(博多~八代) 熊本 国道経由菊池温泉市民広場・菊池プラザ行き 熊本機能病院前下車 バス
  • 096-345-8111
公式ウェブサイト
熊本機能病院

医療記事

来歴等

略歴

1990年 熊本大学 医学部 卒業
1990年 熊本大学附属病院 循環器内科 研修医
1991年 熊本中央病院 循環器内科 研修医
1992年 熊本市民病院 循環器内科
1993年 熊本中央病院 循環器内科
1997年 熊本大学附属病院 循環器内科
1997年 熊本大学大学院 医学研究科 研究専攻生(循環器内科学専攻)
2000年 熊本大学大学院 医学研究科 研究専攻生 修了(医学博士)
2000年 熊本機能病院 循環器内科/熊本加齢医学研究所
2021年 以上で現職に至る

論文

  • 1. East Asians Variant Mitochondrial Aldehyde Dehydrogenase 2 Genotype Exacerbates Nitrate Tolerance in  Patients With Coronary Spastic Angina. Circulation Journal. 2020;84:479-486. doi: 10.1253/circj.CJ-19-0989.   Epub 2020 Jan 31.PMID: 32009064

    Mizuno Y, Harada E, Kugimiya F, Shono M, Kusumegi I, Yoshimura M, Kinoshita K, Yasue H.

  • 2. The diabetic heart utilizes ketone bodies as an energy source. Metabolism. 2017;77:65-72. doi: 10.1016/   j.metabol.2017.08.005. PMID: 29132539

    Mizuno Y, Harada E, Nakagawa H, Morikawa Y, Shono M, et al.

  • 3. Variant Aldehyde Dehydrogenase 2 (ALDH2*2) in East Asians Interactively Exacerbates Tobacco Smoking   Risk for Coronary Spasm - Possible Role of Reactive Aldehydes. Circulation Journal. 2016;81(1):96-102.   doi: 10.1253/circj.CJ-16-0969. PMID: 27904031

    Mizuno Y, Hokimoto S, Harada E, Kinoshita K, Yoshimura M, et al.

  • 4. Variant Aldehyde Dehydrogenase 2 (ALDH2*2) Is a Risk Factor for Coronary Spasm and ST-Segment Elevation Myocardial Infarction. Journal of the American Heart Association. 2016 May 6;5(5). pii: e003247. doi: 10.1161/  JAHA.116.003247. PMID: 27153870

    Mizuno Y, Hokimoto S, Harada E, Kinoshita K, Nakagawa K, et al.

  • 5. East Asian variant of aldehyde dehydrogenase 2 is associated with coronary spastic angina: possible roles   of reactive aldehydes and implications of alcohol flushing syndrome. Circulation. 2015;131:1665-1673.

    Mizuno Y, Harada E, Morita S, Kinoshita K, Hayashida M, et al.

  • 6. Alcohol flushing and positive ethanol patch test in patients with coronary spastic angina: possible role of   aldehyde dehydrogenase 2 polymorphisms. Internal Medicine. 2013;52:2593-2598.

    Mizuno Y, Morita S, Harada E, Shono M, Morikawa Y, et al.

  • 7. Cardiac production of B-type natriuretic peptide is inversely related to the plasma level of free fatty acids in  obese individuals - possible involvement of the insulin resistance. Endocrine Journal. 2013;60:87-95.

    Mizuno Y, Harada E, Katoh D, Kashiwagi Y, Morikawa Y, et al.

  • 8. Adrenocorticotropic hormone is produced in the ventricle of patients with essential hypertension. Journal of  Hypertension. 2005;23:411-416.

    Mizuno Y, Yasue H, Yoshimura M, Harada E, Fujii H, et al.

  • 9.Effects of perindopril on aldosterone production in the failing human heart.The American Journal of Cardiology. 2002;89:1197-1200.

    Mizuno Y, Yasue H, Yoshimura M, Fujii H, Yamamoto N, et al.

  • 10.Aldosterone production is activated in failing ventricle in humans. Circulation. 2001;103:72-77.

    Mizuno Y, Yoshimura M, Yasue H, Sakamoto T, Ogawa H, et al.

  • 11.Plasma levels of A- and B-type natriuretic peptides in patients with hypertrophic cardiomyopathy or idiopathic dilated cardiomyopathy. The American Journal of Cardiology. 2000;86:1036-1040, A11.

    Mizuno Y, Yoshimura M, Harada E, Nakayama M, Sakamoto T, et al.

  • 12. Effects of angiotensin-converting enzyme inhibitor on plasma B-type natriuretic peptide levels in patients  with acute myocardial infarction. Journal of Cardiac Failure. 1997;3:287-293.

    Mizuno Y, Yasue H, Oshima S, Yoshimura M, Ogawa H, et al.

  • 13. A case of 5-fluorouracil cardiotoxicity simulating acute myocardial infarction. Japanese Circulation Journal.  1995;59:303-307.

    Mizuno Y, Hokamura Y, Kimura T, Kimura Y, Kaikita K et al.

  • 14. 「次世代へのメッセージ:心不全治療の残された課題 ‐慢性心不全の病態における後負荷治療の理解と実践‐」循環器内科 89(4):422-446、2021

    水野雄二、原田栄作、吉村道博

  • 15. 「経口ヒドララジンで強心薬から離脱し退院できた重症左室収縮機能不全(HFrEF)の連続2症例」循環器内科  89(3): 366-372, 2021

    水野雄二、原田栄作、釘宮史仁、石田俊史、前田幸佑、庄野信

  • 16. 「お酒で赤くなる人 −冠攣縮と急性心筋梗塞に注意−」循環器内科 84(4):404-411, 2018

    水野雄二, 原田栄作, 吉村道博, 泰江弘文 

  • 17. 「ストレスと冠攣縮、急性冠症候群」 循環器内科 88(5): 1-7, 2020

    水野雄二、原田栄作、吉村道博

  • 18. 「冠攣縮からの心筋梗塞 -Acute Myocardial Infarction due to Coronary Spasm-」別冊日本臨床 領域別症候群シリーズ No.6 循環器症候群(第3版)、2019

    水野雄二、掃本誠治、原田栄作、吉村道博、 泰江弘文

  • 19. 「アルドステロンとナトリウム利尿ペプチド:局所ホルモンとして」 循環器内科 86(2):186-193, 2019

    水野雄二、原田栄作、吉村道博、泰江博文

  • 20. 「お酒で顔赤くなる人 ご用心」 北海道新聞 2019年4月14日

    水野雄二

  • 21. アルデヒドが心筋梗塞、がんを生む 青灯社 2019

    水野雄二

  • 22. 天然の降圧剤で塩分で排出して高血圧・動脈硬化を予防 100歳まで切れない詰まらないタフな血管をつくる! P148-P151、2012

    水野雄二 

  • 23. ACE阻害薬に関する話題 9 Modern Physician 30(3):417-424、2009

    水野 雄二 

  • 24. 冠攣縮性狭心症に対するスタチンの有効性 循環器科66(1):118-123、2009

    水野 雄二

  • 25. 心不全の個別診療ストラテジー medicina 46(8):1344-1353、2009

    水野 雄二 

  • 26. 薬物療法:利尿薬・hANP/ medicina 46(8):1261-1267、2009

    水野 雄二

  • 27. ホルモンと薬剤:その将来展 Heart View 13(12):154-160、2009

    水野 雄二 

  • 28. 「急性心不全における予後を考慮した薬物療法−心不全クリニカルパスを念頭において−」 循環器内科 60(2)別冊, 2006

    水野雄二、原田栄作、伊藤彰彦

  • 29. 「慢性心不全の診断と重症度分類」 慢性心不全のマネジメント P86-P92、2004

    水野雄二

受賞

  • 1, 2000年 日本心血管内分泌代謝学会 会長推薦臨床研究奨励賞

  • 2. 2002年 日本心血管内分泌代謝学会 若手研究奨励賞(CVEM Young Investigator Award)

  • 3. 2003年 日本心臓財団・ファイザー「高血圧・高脂血症と血管代謝」研究助成

  • 4. 2011年 AHA(アメリカ心臓病学会)Funded Award

  • 5. 2016年 AHA(アメリカ心臓病学会)Funded Research

  • 6. 2018年 Circulation Journal Award 2017 First Place

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。