MedicalNoteとは

私たちにもできる緊急時の「応急処置」一覧

私たちにもできる緊急時の「応急処置」一覧

突然の事故・災害に備えて。救急車を呼ぶ前の応急処置

突発的な病気や大けが。あなたの処置が人命救助に繋がるかもしれません。

交通事故、地震などの自然災害、スポーツ時の衝突、高所での作業中の転落etc…大けがや緊急を要する病気を目の当たりにする可能性は、誰にでもありえます。
人の命を救えるのは、医師だけではありません。
とっさの対処や、救急隊員が求める情報を知っておくだけで、身近な人の苦痛を最小限にとどめられることもあります。応急処置や救急車を呼ぶ際のポイントを学び、いざというときスムーズに対応しましょう。

骨が折れたかもしれない!知っておきたい骨折の症状と応急処置-子どもから高齢者の骨折まで

骨が折れたかもしれない!知っておきたい骨折の症状と応急処置-子どもから高齢者の骨折まで

交通事故や転倒、スポーツ時など、「骨折」は様々な場面で起こり得ます。ご自身や周囲の方の骨が折れたかもしれない時、私たちはどのような点に注意をしながら応急処置を行えばよいのでしょうか。骨折の基礎知識やお子さん・お年寄りが骨折しやすい部位、予防法について、国際医療福祉大学三田病院整形外科部長の須田康文先生にお話しいただきました。 骨折の種類 「骨折」と一括りにいっても、骨折線の入り方や外力の

記事を読む

須田 康文

国際医療福祉大学三田病院教授・整形外科部長

関連するメディカルノートの記事

    交通事故に遭ってしまった場合の対処法―意外と知らない交通事故のこと(1)

    交通事故に遭ってしまった場合の対処法―意外と知らない交通事故のこと(1)

    日本の交通事故による死傷者数は1年間でおよそ72万人(警察庁調べ。平成26年度統計)であり多くの人が遭遇するにも関わらず、意外にも交通事故に遭ったらどうしたら良いか知らない方も多いのではないでしょうか。交通事故では自分だけでなく、友人や家族はもちろん、時には面識のない人とも関わるため状況が複雑になるのが特徴です。また相手が重篤な状態になれば蘇生行為や救急搬送等の迅速な対応も要求されます。そのため交通

    記事を読む

    近藤 豊

    琉球大学医学部附属病院救急部副部長、ハーバード大学医学部外科学講座研究員

    関連するメディカルノートの記事

      脊椎損傷の検査と診断-情報を集め、多角的な視点で損傷部位を見極める

      脊椎損傷の検査と診断-情報を集め、多角的な視点で損傷部位を見極める

      脊椎損傷の原因のほとんどは、交通事故を含めた転倒・転落などの「偶発的事故」です。これらの事故による脊椎の骨折や脱臼などが強く疑われる場合は、搬送時に二次的障害を起こさないよう注意すること、また、患者さんの声だけでなくあらゆる情報をもとに検査を行うことが大切であると国際医療福祉大学三田病院・脊椎脊髄センター副センター長の朝本俊司先生はおっしゃいます。この記事では、脊椎損傷の診断のためにどのような検査が

      記事を読む

      朝本 俊司

      国際医療福祉大学三田病院・脊椎脊髄センター副センター長

      関連するメディカルノートの記事

        「子どもが頭を打ったとき」どう対処する?

        「子どもが頭を打ったとき」どう対処する?

        お子さんが転び、頭を打ってしまうことはしばしばあります。子ども、特に乳幼児は大人と違い、症状を自分の言葉で説明することができないため、保護者が注意して見てあげなければいけません。頭を打ってしまったときに注意しなければならないのはどのような症状なのでしょうか。日々救急の第一線で多くの患者さんに向き合い、アメリカでも活躍された東京ベイ・浦安市川医療センター救急科部長の志賀隆先生にお話をお伺いしました。(

        記事を読む

        志賀 隆

        東京ベイ・浦安市川医療センター 救急科部長

        関連するメディカルノートの記事

          【緊急】災害時の子どものアレルギー対応について

          【緊急】災害時の子どものアレルギー対応について

          平成28年4月15日、熊本県熊本地方に発生した最大震度7の地震では、被害にあわれました方々に心からお見舞いを申し上げます。一日も早い復旧をお祈りいたします。 弊社サイトでは、災害時のお子さんのアレルギーの対応について基礎的な内容を配信しています。ぜひご覧ください。 1. 日本小児アレルギー学会による相談窓口の開設について 日本小児アレルギー学会では、被災時の小児のぜん息、

          記事を読む

          関連するメディカルノートの記事

            整形外科救急と高齢者の骨折

            整形外科救急と高齢者の骨折

            東京都大田区の大森で地域に密着した医療を提供している牧田総合病院では、超急性期脳卒中を中心とする脳神経外科と並んで、整形外科領域の救急医療にも力を入れています。整形外科救急で多くみられる患者さんの特徴、そして高齢者の骨折・外傷などについて牧田総合病院副医局長・整形外科副部長の平出周先生にお話をうかがいました。 整形外科救急にはどのような患者さんが多いのか 牧田総合病院では超急性期の脳卒中

            記事を読む

            平出  周

            牧田総合病院 整形外科副部長

            関連するメディカルノートの記事

              一般の方にもできる蘇生法、BLSとは

              一般の方にもできる蘇生法、BLSとは

              BLS(一次救命処置)は非常に大切で、心肺停止の患者さんを救命できる可能性があります。しかも道具を必要としない救命処置ですので、いつでも実施できます。この項では「一般の方にもできる蘇生法、BLSとは」について、ハーバード大学医学部外科学講座研究員の近藤豊先生にお話頂きました。 蘇生とは? 蘇生の概念 何らかの原因で呼吸が止まる、心臓が止まるなど危機的状況に陥り、いったん生命の維持が困難と

              記事を読む

              近藤 豊

              琉球大学医学部附属病院救急部副部長、ハーバード大学医学部外科学講座研究員

              関連するメディカルノートの記事

                誰もが知っておくべきAED - 誰もが人の命を救える可能性がある

                誰もが知っておくべきAED - 誰もが人の命を救える可能性がある

                AED(エー・イー・ディー)は近年、駅やスタジアム、飛行場などさまざまな場所に設置されるようになりました。AEDは突然倒れた人に対して使うことにより、その人の命を救うことを可能性にする医療機器です。このAEDは医師や看護師など特別な資格をもった人だけが使えるわけではなく、誰でも使うことができるものです。日本循環器学会AED検討委員会委員長であり、現在国家公務員共済組合連合会立川病院で院長を務める三田

                記事を読む

                三田村 秀雄

                国家公務員共済組合連合会立川病院 院長/慶應義塾大学医学部客員教授

                関連するメディカルノートの記事