メディカルノート特集:摂食障害―拒食、過食、過食嘔吐

摂食障害―拒食、過食、過食嘔吐

公開日 2016/10/17 | 更新日 2017/05/17

摂食障害―拒食、過食、過食嘔吐

メディカルノート

メディカルノート編集部

摂食障害は食行動を中心に様々な問題が生じる病気であり、主に神経性やせ症、神経性過食症、過食性障害を指します。
摂食障害は単なる食欲や食行動の異常ではなく、体重に対する過剰なこだわりや、 自己評価への体重・体形の過剰な影響など、心理的要因が根底に存在していることが特徴です。摂食障害を単なる食欲の問題として捉えてしまい、患者さんに食欲が増進する薬などを用いようとすると、今度は嘔吐を引き起こしてしまうことなどにも繋がり、負のループへと陥ってしまう危険があります。正しくこの病気を理解しなければ、治療しようとしてもうまくいかないため、周囲がきちんと知っておくことが大事です。

摂食障害とは。摂食中枢が異常をきたし「食べられなくなる」「食べ過ぎてしまう」病気

S414x320 633e4af4 22d1 4674 a45f e85c29f101f2

「食事」は、誰もが毎日当たり前に行う行為です。 人間の三大欲求にも含まれている「食事」は、私たちが生きていくうえで欠かすことのできない本能的行動です。しかしその食事、すなわち「食べること」がうまくできなくなってしまうのが、摂食障害(神経性食欲不振症・神経性過食症)という病気です。いったい摂食障害とはどのような病気なのでしょうか。また、神経性食欲不振症と神経性過食症の違いはどこにあるのでしょうか。横

記事を読む

摂食障害とは、その原因と最新治療-「太るのが怖い」患者への医師・家族の対応

S414x320 ad27024c b135 44b9 a1f9 a9676864de1a

食事量の制限や過食嘔吐など、体重を増やさないための食行動異常がみられる「摂食障害」。若い女性に多く、長期にわたる治療の必要や無月経などの障害が生じることから、早期発見・早期治療の重要性が叫ばれています。また、治療に際しては患者さんの体重増加に対する恐怖心を煽らないよう、医療者の専門的な技術だけでなく、ご家族の協力も必要になります。 摂食障害の原因と最新治療、「太ること・普通の体型になることが怖

記事を読む

神経性食欲不振症(AN)の症状・検査・診断は? 食行動の異常が第一観点

S414x320 feeeb726 7c0b 4909 889c 0b575111b6e9

「食事」は、誰もが毎日当たり前に行う行為です。 人間の三大欲求にも含まれている「食事」は、私たちが生きていくうえで欠かすことのできない本能的行動です。しかしその食事、すなわち「食べること」がうまくできなくなってしまうのが、摂食障害(神経性食欲不振症(AN)・神経性過食症(BN)という病気です。それでは、神経性食欲不振症とはどのような病気なのでしょうか。また、神経性食欲不振症にはどのような症状が現れ

記事を読む

神経性過食症(BN)の症状・検査・診断は? むちゃ食いエピソードと精神的焦燥感が決め手

S414x320 c43d2ff2 27b3 4294 a82d 0bd07c868b8b

「食事」は、誰もが毎日当たり前に行う行為です。 人間の三大欲求にも含まれている「食事」は、私たちが生きていくうえで欠かすことのできない本能的行動です。しかしその食事、すなわち「食べること」がうまくできなくなってしまうのが、摂食障害(神経性食欲不振症(AN)・神経性過食症(BN)という病気です。神経性過食症はどのような症状が現れ、どのように診断するのでしょうか。横浜労災病院心療内科部長の津久井要先生

記事を読む

摂食障害の治療と課題 一人一人に合わせた治療を考えるためには

S414x320 3f299d6b d17b 4e64 9045 6e4995133ac9

摂食障害は精神疾患のなかでも死亡率が平均7~10%と高く、放っておくと危険な病気のひとつです。しかし摂食障害の治療は非常に難しく、時間がかかるため、医師と患者が双方に理解しあってじっくりと治療を進めていく体制を作り上げることからスタートします。摂食障害の治療について、長年臨床の場で多くの摂食障害患者を見守ってこられた国立国際医療センター国府台病院心療内科特任診療部長の石川俊男先生にお話し頂きました。

記事を読む

子どもの心の病気に対する治療と支援-摂食障害と児童虐待

S414x320 58d6ed3c adf1 463e 8d90 996eedd04cc2

千葉大学大学院医学研究院「子どものこころの発達研究センター」特任教授の中里道子先生は、2005年から2007年までロンドン大学精神医学研究所・モーズレイ病院の摂食障害ユニットに留学されていました。この記事では、中里先生のご専門である摂食障害について、そして千葉大学医学部附属病院が取り組んでいる児童虐待への対応などについてもお話をうかがいました。 摂食障害の治療-拒食症では身体的なケアを最初に行

記事を読む