S414x320 9508ca43 2ffe 4b30 ad6f d112600d90e0

特集 : 働き盛りの方が注意したい病気ー20代、30代、40代、50代

公開日 : 2016 年 10 月 18 日
更新日 : 2017 年 05 月 17 日

タバコ、アルコール、粗食、ストレスなどが病を引き起こす?

メディカルノート編集部

長時間の労働など、働き盛りの方は仕事や生活にアクティブでなかなか自身の健康についてよく考える機会が少ないのではないでしょうか。飲み会での飲酒、なかなかやめられないタバコ、日々の仕事や生活でのストレス、コンビニや外食で済ませてしまう食事。「なんとなく体調が悪い気がするけど、病院に行くほどではないかも」と体の不調に気づいても、なかなか受診するきっかけがつかめない方もいるかもしれません。

しかしアクティブで体力のある働き盛りの年代の方にもなりやすい病気があります。その多くは日々の生活習慣によるものが多いのも特徴です。そこで本特集では20代〜50代の働き盛りの方がかかりやすい病気や症状についてまとめました。

電車の中や会議中などの緊張場面での腹痛・下痢は過敏性腸症候群かも?症状・診断・治療◇

電車の中や会議中などの緊張場面での腹痛・下痢は過敏性腸症候群かも?症状・診断・治療◇

誰もが1度は経験したことのある突然の腹痛や下痢、便秘。この症状が継続的に続き、検査をしても器質的な疾患が見つからずに精神的にも苦痛であり生活に支障をきたしている場合は「過敏性腸症候群」である可能性があります。日本人の10人に1人以上が患っているともいわれる過敏性腸症候群の症状や診断、治療法はどのようなものなのでしょうか。 過敏性腸症候群とは 検査を行っても炎症や潰瘍といった器質的疾患がみ

記事を読む

中心性漿液性脈絡網膜症とは?30代〜50代の働き盛りの男性に多い目の病気◇

中心性漿液性脈絡網膜症とは?30代〜50代の働き盛りの男性に多い目の病気◇

「なんだか目が見えにくい」「ものがゆがんでみえる」。そんな症状が現れたら、それは中心性漿液性脈絡網膜症(ちゅうしんせいしょうえきせいみゃくらくもうまくしょう)かもしれません。中心性漿液性脈絡網膜症は30〜50代の男性に起こりやすい軽い網膜剥離をともなう病気で、過労やストレスが一因となって発症する可能性があると考えられています。しかしこの病気は自然治癒することも多い一方、再発を繰り返すと視力低下など生

記事を読む

空咳が続いたらそれは咳喘息かも!原因や治療法◇

空咳が続いたらそれは咳喘息かも!原因や治療法◇

風邪のあとにしつこく続く空咳。コンコンと乾いた咳はつらいだけでなく、激しい場合は夜間不眠や日常生活に影響を及ぼします。2週間以上続く空咳はもしかすると「咳喘息」かもしれません。咳喘息とは何かということから原因や診断、治療法、予防までお伝えします。 咳喘息とは?ー咳喘息の症状 咳喘息は通常の喘息(気管支喘息)と異なり、ゼイゼイ、ヒューヒューという喘鳴(ぜんめい)や呼吸困難を伴わない空咳が続

記事を読む

不眠症とは

不眠症とは

新幹線運転手の居眠りの原因が睡眠時無呼吸症候群だったことで一躍、この病気への関心が高まりました。睡眠時無呼吸症候群は不眠症を引き起こし、日中にさまざまな障害をもたらします。不眠症について滋賀医科大学精神医学講座教授の山田尚登先生にお話を伺いました。 不眠症の定義 一般的な診断基準として米国睡眠医学会(ICSD-Ⅱ)と米国精神医学会(DSM-V)が広く用いられています 「ICSD-Ⅱ

記事を読む

うつ病の症状

うつ病の症状

近年増加しているうつ病。厚生労働省によると日本では100人に6~7人という割合でうつ病を生涯に一度は経験するという調査結果が出ており、現在では誰でも罹患する可能性がある「心の風邪」と例えられ、昔に比べより身近な病気になりました。ではどのような症状があれば「うつ病」というのでしょうか。横浜市立大学病院 精神科 診療部長・主任教授 平安良雄先生にお話をお伺いしました。 うつ病の症状とは うつ

記事を読む