MedicalNoteとは

大腸がんの手術の種類

大腸がんの手術の種類

早期がんから進行がんまで-病期ごとの手術を知る

食の欧米化に伴い、日本で急増している「大腸がん」。著名な芸能人の方々が、大腸がんの手術を受けたという報道も頻繁になされ、多くの注目が集まっています。かつては開腹手術が主流であった大腸がんの手術ですが、近年では、内視鏡治療、腹腔鏡手術、ロボット手術など、負担の少ない手術法も増えてきました。これらはどのような大腸がんに適しているのでしょうか?様々な進行度に応じた大腸がんの手術法をご紹介します。

大腸がんの内視鏡治療とは

大腸がんの内視鏡治療とは

大腸がんにおいても、従来の手術治療としては主として外科的な方法が行われてきました。しかし近年、内視鏡治療の対象となる大腸がんも増えつつあります。 この記事では、内視鏡治療の対象になる大腸がんや内視鏡治療の種類、また大腸がんにおける内視鏡治療の合併症について、東京大学医学部附属病院で光学医療診療部部長・准教授を務められている藤城光弘先生にお聞きしました。 どのような大腸がんが内視鏡治療の対

記事を読む

藤城 光弘

東京大学医学部附属病院 光学医療診療部部長・准教授

関連するメディカルノートの記事

    S500x300 content %e5%86%85%e8%a6%96%e9%8f%a1

    対象は早期がん

    大腸がんのうち内視鏡治療の対象となるのは、基本的に早期がんです。粘膜内や粘膜下層に軽度浸潤している程度であり、リンパ節転移の可能性がほとんどなく、腫瘍が一度で切除できる大きさで、内視鏡で切り取れる部位にある場合、内視鏡を用いた比較的低侵襲の手術で治癒を目指します。

    S500x300 emr

    内視鏡治療のメリット・デメリット

    内視鏡を使った早期大腸がんの治療方法の代表は、内視鏡的粘膜切除術(EMR)です。EMRとは、ループ状のワイヤー(スネア)をかけて、ワイヤーをしぼり高周波電流を流してがんを焼き切りる手術です。メリットは、短時間で行える上に安全性が高いこと。デメリットは、切除できる大きさに限界があること、再発病変や潰瘍を伴う場合や部位によっては切除が難しいということです。

    大腸がんの手術

    大腸がんの手術

    大腸がんの手術には従来から行われてきた開腹手術に加え、内視鏡を使った腹腔鏡下手術があります。腹腔内にカメラを入れて拡大映像を見ながら行なう腹腔鏡下手術には、開腹手術にはないさまざまなメリットがあるといいます。大腸がん腹腔鏡手術の第一人者である産業医科大学第一外科教授の平田敬治先生に、大腸がんの手術についてお話をうかがいました。 手術の種類 良性のポリープや浸潤の少ない早期のがんについては

    記事を読む

    平田 敬治

    産業医科大学医学部第一外科学 教授 産業医科大学病院 消化器・内分泌外科 診療科長

    関連するメディカルノートの記事

      S500x300 hukukuukyo

      腹腔鏡手術の対象は内視鏡治療の適応にならない早期がん

      内視鏡治療の適応にならない比較的早期のがんに対しては、腹腔鏡による手術を行います。腹腔鏡手術はお腹に数カ所の小さな孔をあけて内視鏡と鉗子(かんし)などの手術器具を挿入し、体内の状態を拡大画像で見ながら手術を行います。

      S500x300 %e8%85%b9%e8%85%94%e9%8f%a1%e6%89%8b%e8%a1%93%e3%81%ae%e6%a7%98%e5%ad%90

      腹腔鏡手術のメリットとデメリット-開腹手術との比較

      開腹手術と比較した調査でのメリットは、出血量が少ないこと、腸管運動の回復が早いこと、入院期間が短いことです。 合併症の発生率、再発率、生存率は開腹手術と同等とされています。手術時間は腹腔鏡手術のほうが長くなります。 デメリットは、手術のコストが開腹手術より高くなること、がんの位置や患者さんの状態などによっては、腹腔鏡下手術が難しい場合もあることです。国内での長期成績が広く認められるには時間がかかるため、ガイドラインなどでは慎重な記載がされています。

      大腸がんのロボット支援下手術

      大腸がんのロボット支援下手術

      東京大学腫瘍外科・血管外科教授の渡邉聡明先生は、大腸がんにおける腹腔鏡手術の第一人者として、患者さんの負担が少ない低侵襲な手術を追求し、ロボット支援下での手術にも取り組んでおられます。東京大学医学部附属病院が導入している手術支援ロボット「da Vinci®」による大腸がんの手術について、渡邉聡明先生にお話をうかがいました。 大腸がん手術の進歩 大腸がんの治療はここ20〜30年で大

      記事を読む

      渡邉 聡明

      東京大学 腫瘍外科・血管外科 教授  東京大学医学部附属病院 大腸・肛門外科および血管外科 科長  東京大学医学部附属病院 副院長

      関連するメディカルノートの記事

        腹腔鏡下では難しい直腸がんなどが対象

        腹腔鏡下での手術が困難な、厳しい症例がロボット手術の対象になります。大腸がんの中でも発生頻度の高い直腸がんの手術で、手術支援ロボットda Vinci®はその力を発揮します。腹腔鏡では到達しにくいような身体の奥や、骨盤に囲まれた狭い空間であっても、ロボットアームには関節機能があるため、治療できることがあります。

        人間にはできない精密な動きで機能温存を目指す

        メリットは、腹腔鏡手術の鉗子ではできないような細かい動きが可能なこと、手ぶれ制御の機能も備わっており、重要な神経等の損傷を免れやすいこと、3Dの立体画像で術野を見ることができることです。3D自体は現在、通常の腹腔鏡のモニターにもありますが、カメラが非常に安定しているという利点もあります。デメリットは触覚がないため、術者の手元では患者さんの体に鉗子が触った感じがわからないことです。また、始まったばかりの新しい手術であり、保険適用では受けることができません。

        進行直腸がんに対する腹腔鏡手術

        進行直腸がんに対する腹腔鏡手術

        大腸がんの中でも直腸がんは骨盤内の深いところにできるため、手術そのものが難しく、患者さんの身体への負担が大きいとされていました。しかし、小さな傷だけで行える腹腔鏡手術の技術が確立され、従来の開腹手術と同等の治療成績を上げられることがわかってきました。横浜市立大学附属市民総合医療センター・消化器病センターで大腸がんの腹腔鏡手術を多数手がけている大田貢由先生にお話をうかがいました。 腹腔鏡手術の適

        記事を読む

        大田 貢由

        横浜市立大学附属市民総合医療センター消化器外科 准教授

        関連するメディカルノートの記事

          進行がんに対して腹腔鏡手術を行うこともある

          腹腔鏡手術は早期がんを対象として行われていましたが、現在は進行がんに対しても実施する施設が出てきています。 有名なJCOG(日本臨床腫瘍研究グループ)の0404という試験の結果が2015年1月オープンになり、腹腔鏡手術が進行大腸がんについても、開腹手術とほぼ同等の成績であるということが証明されたためです。

          腹腔鏡手術が適していない症例もある

          腹腔鏡手術のメリットは、開腹手術より出血量が少ないこと、傷が小さいので、痛みが軽くて傷跡が目立ちにくく、術後の回復が少し早いことです。加えて、創感染(そうかんせん・手術で切開した傷の感染)などの合併症も少なくなります。ただし、特に進行がん関しては、腹腔鏡手術が適さないと症例もあります。また、頻度は稀ですが、万が一腹腔鏡手術で不測の事態が起こった場合、開腹手術に移行することもあります。

          進行大腸がんの集学的治療(2)化学療法の導入

          進行大腸がんの集学的治療(2)化学療法の導入

          がんを手術だけで治すのではなく、抗がん剤による化学療法や放射線治療を組み合わせる集学的治療の中で、本当にがんを治せる治療とは何なのでしょうか。進行大腸がんの集学的治療に対するひとつの答えが抗がん剤による化学療法の導入でした。術前・術後化学療法をいかに効果的に行なっていくかという取り組みについて、横浜市立大学附属市民総合医療センター・消化器病センターの大田貢由先生にお話をうかがいました。 大腸が

          記事を読む

          大田 貢由

          横浜市立大学附属市民総合医療センター消化器外科 准教授

          関連するメディカルノートの記事

            手術の前に抗がん剤で直腸がんを小さくすることもある

            外科的治療(手術)に化学療法や放射線療法を組み合わせる治療を「集学的治療」といいます。大腸がんのうち直腸がんの場合、手術に先立って抗がん剤による化学療法や放射線治療を行ない、がんを小さくしてから手術をする「術前放射線化学療法」が行われます。

            抗がん剤による負担がかかるが、効果も大きい

            集学的治療は、副作用も多い抗がん剤を使用するため、負担が大きいというデメリットもあります。しかし、その分効果もあるということであり、必ずしも「デメリット」とは言い切れません。患者さんが元気なうちに抗がん剤を投与して、効果があるならば、術前に抗がん剤治療を行うというのは非常に合理的なオプションのひとつであるという意見もあります。