Medical Noteとは

睡眠障害②-睡眠障害の治療方法とは-

睡眠障害②-睡眠障害の治療方法とは-

睡眠障害は治療できる!

睡眠障害は、精神科・心療内科・小児科・神経内科で検査・治療することができます

睡眠性障害には、
過眠症
不眠症
ナルコレプシー
睡眠時無呼吸症候群
などがあります。

これらは医療機関で適切な検査治療を受ければ、症状を改善することができます。

ナルコレプシーとのつき合い方、治療ができる病院は

ナルコレプシーとのつき合い方、治療ができる病院は

ナルコレプシーの患者さんは、社会のサポートや就業環境の理解を得るのに大変苦労されます。患者さんの生活について、東京都医学総合研究所睡眠プロジェクトリーダーの本多真先生にお話をうかがいます。ナルコレプシーはコントロールできるナルコレプシーは長期...

記事を読む

本多 真

東京都医学総合研究所精神行動医学研究分野・睡眠プロジェクト プロジェクトリーダー

関連するメディカルノートの記事

    ナルコレプシーに有効な薬と生活サイクルの改善

    薬物治療を行う場合も、ナルコレプシーの患者さんにとって睡眠と生活を規則的に整えることは非常に重要です。薬は、日中覚醒を維持するために必要な最低量を、適切な時間に服用します。自然な状態で入眠に向かっていけるように、半減期の長い薬は午後以降、短い薬も夕方以降は服薬しないようにし、夜の睡眠の質が悪くならないように薬の服用時間を管理する必要があります。慢性的な寝不足に対しては、薬は効きません。薬の効果を上げるためにもしっかり休息をとって、規則正しく生活していただくことが重要です。

    日本人に多い過眠症、ナルコレプシー

    眠くなる病気の代表的な原因は、「寝不足」と「睡眠時無呼吸症候群」です。現在日本人の睡眠時間自体が非常に短くなっていますが、睡眠量のみならず質も悪くなっていることが問題視されています。 夜の眠りの量や質に関係なく眠くなる過眠症があります。これを「過眠症」と呼びます。ナルコレプシーは、その「過眠症」のなかでも代表的な病気です。脳の覚醒中枢の働きが悪くなっているために、起き続けられずに眠り込んでしまうと考えられています。

    意外と知らない生活習慣病-睡眠時無呼吸症候群とは

    意外と知らない生活習慣病-睡眠時無呼吸症候群とは

    生活習慣病というとすでにご紹介した糖尿病や高血圧などが有名ですが、自覚のない生活習慣病として睡眠時無呼吸症候群が注目を集めています。糖尿病や睡眠時無呼吸症候群をはじめとした生活習慣病の治療を行っている、東林間かねしろ内科クリニック(神奈川県相...

    記事を読む

    朝倉 太郎

    鶴間かねしろ内科クリニック 院長

    金城 瑞樹

    かねしろ内科クリニック 院長

    関連するメディカルノートの記事

      COPDと睡眠時無呼吸症候群の治療

      COPDは、肺に起こった炎症が呼吸器だけでなく、全身性の炎症性疾患という概念があります。ゆえに全身に影響します。特に、動脈硬化、不整脈、狭心症、心筋梗塞、脳卒中などの重篤な病気との関与も知られています。 COPDに睡眠時無呼吸が合併すると更に睡眠中に十分な酸素が組織に送られないことが一因となり重篤な病気の進行と関与することが知られています。

      うつ病と睡眠時無呼吸症候群とのかかわり

      うつ病における睡眠障害として、入眠困難、中途覚醒、早期覚醒、熟眠障害など不眠症の症状が見られることが多くあります。 うつ病と睡眠時無呼吸症候群はこのように類似した睡眠障害があります。また、疲労感など身体的にも類似した自覚症状が見られます。 さらに、うつ病と睡眠時無呼吸症候群はともに高血圧、心血管障害、糖尿病、高脂血症など生活習慣病とも密接にかかわることが知られています。

      不眠症が増えている理由

      不眠症が増えている理由

      近年、不眠症に悩む人が増えています。不眠症は本来の体のリズムが乱れることが原因の一つですが、乱れそのものを引き起こす要因を考えるとまさに現代病ともいえることがわかります。不眠症が増えている理由や、不眠症がもたらすさまざまな障害ついて、滋賀医科...

      記事を読む

      山田  尚登

      滋賀医科大学 附属病院 副病院長(兼務) 滋賀医科大学 精神医学講座教授

      関連するメディカルノートの記事