Medical Noteとは

メディカルノート総力特集 - 歯科領域編

メディカルノート総力特集 - 歯科領域編

コンプレックスの原因となりやすい歯科領域の記事をまとめてみました

さらば、コンプレックス!

「歯医者といえば虫歯」という歯科への認識はすでに過去のものとなってしまいました。重度歯周病という病気のせいで歯がボロボロになってしまった方。ガミースマイル(笑うと歯茎が見えてしまう)のせいで思いっきり笑えない方。骨が弱くてインプラントを埋め込むことができない方。子どものうちから気にすべきケア。さらには歯並びを綺麗に矯正したり、歯の色を白くすることまで。
コンプレックス・悩みの原因になりやすい歯とお口の事情を中心に、日々、広がりつつある歯科領域の全てをご紹介します。

画像や症例写真でみる重度歯周病の症状と最新インプラント治療

 画像や症例写真でみる重度歯周病の症状と最新インプラント治療

目次 1.歯周病とは? 2.重度歯周病を写真で知ろう 3.重度歯周病の原因-歯周病はなぜ重症化するのか 4.歯周病の段階ごとの症状 – 初期の歯肉炎から重度歯周病まで 5.歯周病の検査と診断 6.重度歯周病になったら治療はできない...

記事を読む

中平 宏

東京銀座歯科 東京銀座インプラントセンター 院長

関連するメディカルノートの記事

S500x300 s900x480 6219931567 4e7100763f z

糖尿病と歯周病の深い関係

歯周病と糖尿病には密接な関係があります。糖尿病の人は歯周病になりやすく、歯周病を悪化させやすい。逆に、歯周病の人は、糖尿病が悪化しやすいという関係が知られています。アメリカでピマインディアン(ネイティブアメリカン)を対象にした大規模な調査が行われました。「糖尿病がある人」と「糖尿病がない人」で歯周病の進行状況を調べたところ、「糖尿病がある人」の方が、どの年代でも2倍近く歯周病が進行していることが分かりました。糖尿病患者さんは、そうではない人と比較して歯周病になりやすく、歯周病が進行しやすいのです。

S500x300 s970x330 %e6%ad%af%e5%91%a8%e7%97%85%ef%bc%92%ef%bc%92

どうして歯周病は危険なのか? 歯周病を放っておくと引き起こす可能性がある合併症とは

歯周病によって、食生活を営むために重要な歯の機能が損なわれることは、多くの方がご存じだと思います。歯周病を放置しておくと、歯と歯肉の境目で繁殖した細菌(プラーク)が炎症を引き起こし、最終的には歯槽骨を溶かしてしまうため、歯の機能全体が損なわれてしまいます。定期的に歯科医師の診察を受けて歯石の除去などの処置を受けながら、ご自分でも日々きちんとした歯磨きを行うことがとても重要です。また、近年の結果では、歯周病が全身に影響をおよぼす病気だということがわかっています。

高齢化社会における義歯(入れ歯)治療の重要性と最新のトピックス

高齢化社会における義歯(入れ歯)治療の重要性と最新のトピックス

社会全体の高齢化に伴い、義歯(入れ歯)による口腔機能の回復はますます重要になっています。現在の義歯製作では、すでに一部の工程をコンピューター制御で行っています。今後増加が予想される義歯製作の需要に対して、東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科...

記事を読む

水口 俊介

東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科 高齢者歯科学分野教授

関連するメディカルノートの記事

インプラントの痛みや費用は?中村歯科医院(千葉県袖ケ浦市)に聞く、インプラント治療で知っておきたいこと

インプラントの痛みや費用は?中村歯科医院(千葉県袖ケ浦市)に聞く、インプラント治療で知っておきたいこと

近年、急速に認知度が上がり治療する方も増えてきたインプラント。インプラントのほとんどは保険適用外のため、その費用に目が行きがちですが、実際のところインプラントとはどのような治療なのでしょうか。今回はインプラントとは何かということから治療の種類...

記事を読む

中村 武仁

医療法人社団夢仁会 中村歯科医院 院長

関連するメディカルノートの記事

    骨が足りない場合でもインプラント治療は可能?ドリルで骨を削らない、新たなインプラント術式とは

    骨が足りない場合でもインプラント治療は可能?ドリルで骨を削らない、新たなインプラント術式とは

    失った歯を回復させる治療法の1つにインプラントがあります。自分の歯に限りなく近い感覚で、美しさと機能を回復することができるインプラントに注目が集まっています。近年、通常のインプラント治療に加えて、様々な術式が採用されています。今回はそんな最新...

    記事を読む

    齋藤 和重

    山手歯科クリニック 理事長

    関連するメディカルノートの記事

      鶴見歯科医院が実践するチーム医療「総合歯科診療」とは

      鶴見歯科医院が実践するチーム医療「総合歯科診療」とは

      神奈川県横浜市の鶴見歯科医院は、日本で初めて「総合歯科診療」を実施した歯科医院です。鶴見歯科医院院長の三宅忠隆先生・一瀬昭太先生に、総合歯科診療の考えやメリットについて、インプラント治療を例にお話しいただきました。総合歯科診療科では、口のトラ...

      記事を読む

      三宅 忠隆

      医療法人審美会 鶴見歯科医院 院長

      一瀬 昭太

      医療法人審美会 鶴見歯科医院 副院長

      関連するメディカルノートの記事

        摂食嚥下障害とは

        摂食嚥下障害とは

        摂食嚥下障害(せっしょくえんげしょうがい)とは、口から食べたり飲んだりすることに障害があることをいいます。社会全体の高齢化が進む中で、摂食嚥下に対する関心が高まっています。東京医科歯科大学大学院 医歯学総合研究科 老化制御学系口腔老化制御学講...

        記事を読む

        戸原 玄

        東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科 老化制御学系口腔老化制御学講座 高齢者歯科学分野 准教授

        関連するメディカルノートの記事

        見えない歯列矯正!専門医が教えるマウスピース矯正の特徴とメリット

        見えない歯列矯正!専門医が教えるマウスピース矯正の特徴とメリット

        歯列矯正を検討したときに気になるのが、見た目や痛みの問題ではないでしょうか。それらの問題を改善してくれる新たな矯正方法が登場しています。それが「マウスピース矯正」です。香川県坂出市のこうざと矯正歯科クリニック 院長の上里聡(こうざと さとし)...

        記事を読む

        上里 聡

        医療法人社団ゆずか こうざと矯正歯科クリニック 理事長

        関連するメディカルノートの記事

        小さいときがベスト?子どもの歯科矯正のメリットと矯正方法

        小さいときがベスト?子どもの歯科矯正のメリットと矯正方法

        白金こどものはいしゃさんは、ORAL BEAUTY CLINICから子ども専用歯科クリニックとして独立した、子ども中心の予防歯科がメインの歯科です。予防歯科についての指導や虫歯の治療、フッ素治療、歯列矯正などの治療を行っています。そこで今回は...

        記事を読む

        園延 妙子

        白金こどものはいしゃさん 院長、Oralbeautyclinic白金 副院長

        関連するメディカルノートの記事

        ラミネートベニア新時代。本物の歯よりもきれいで丈夫?「ルミネアーズ」とは?

        ラミネートベニア新時代。本物の歯よりもきれいで丈夫?「ルミネアーズ」とは?

        歯は人の印象を決定づける大事なパーツです。歯にコンプレックスがあり、美しい歯並びや希望の色、形を手に入れたいと思う方は少なくありません。そのため、近年、審美歯科で施術される方が増えています。ホワイトニングや矯正など、審美歯科領域は多岐に渡って...

        記事を読む

        白井 清士

        医療法人財団興学会 総院長主任

        関連するメディカルノートの記事

          ガミースマイルの原因とその治療とは!?

          ガミースマイルの原因とその治療とは!?

          笑うと歯茎が見えてしまう口元をガミースマイルと言います。程度には個人差がありますが、ガミースマイルのせいで思いっきり笑えない方もいらっしゃるそうです。しかし、ガミースマイルは審美歯科での治療が可能です。ガミースマイルの治療を得意とされている ...

          記事を読む

          園延 昌志

          医療法人社団SDC オーラルビューティークリニック

          関連するメディカルノートの記事

            外から見える口腔癌は切らずに治すことが求められる-口腔癌と他の癌の違い、口腔癌検診の重要性について

            外から見える口腔癌は切らずに治すことが求められる-口腔癌と他の癌の違い、口腔癌検診の重要性について

            口腔癌とは、舌癌など口の中にできる6部位のがんのことを言います。この口腔癌が他のがんと決定的に違うところは「外から見える」ということです。たとえば、胃癌や肺癌であれば手術をしたとしても、その後外から見えるのは術後のキズだけです。実際に取った胃...

            記事を読む

            藤内 祝

            横浜市立大学 教授 (大学院医学研究科 顎顔面口腔機能制御学)

            関連するメディカルノートの記事