S414x320 6e2f49a3 122b 4920 96f9 e2d0745b3f83

特集 : 「てんかん」治療の全貌

公開日 : 2016 年 09 月 07 日
更新日 : 2017 年 05 月 17 日

「てんかん」治療、全国の名医が解説

メディカルノート編集部

10万人に200~300人の割合で発症する脳の慢性疾患、「てんかん」。乳幼児や小児に好発する病気として知られていましたが、近年では高齢者の有病率も増加しています。 「てんかん」を正しく理解し、適切な時期に最善の治療を受けるために、日本全国のてんかん専門医による解説記事をまとめました。

赤ちゃんや子どものてんかんの基礎知識-小児てんかんの原因と種類、治療法

赤ちゃんや子どものてんかんの基礎知識-小児てんかんの原因と種類、治療法

赤ちゃんから高校生までの子ども時代にみられる「小児てんかん」。様々な病名や発作の現れ方、治療法があり、小児てんかんのお子さんを持つご家族も膨大な情報に戸惑ってしまうことがあるでしょう。 本記事では、聖隷浜松病院小児神経科主任医長で聖隷浜松病院てんかんセンターでの診察を担当されている岡西徹先生に、小児てんかんの基礎知識や4つの治療法についてご解説いただきました。 「てんかん」と「てんかん発

記事を読む

S60x60 4850b39d 2687 48ad 8434 f43d37d1c321

岡西 徹 先生
聖隷浜松病院てんかんセンター/小児神経科主任医長

てんかんとは─誰でも何歳からでも発症する可能性のある病気

てんかんとは─誰でも何歳からでも発症する可能性のある病気

「てんかん」とは、脳の異常によって起こる発作を特徴とする病気です。「発作の分類」「病気の分類」の2つの大きな分類があり、診断の説明をうける時には自分がどのタイプのてんかんなのか、医師の判断を聞くことが大切です。 てんかんになりやすい人は 脳を持つ方すべて(=すべての人たち) てんかん発作というと、失神やからだ全体のガクガクしたふるえを考えがちですが、実は、誰にも気づかれないような小

記事を読む

S60x60 54d12ef3 0d06 4b1c b71a 4f8046feec07

中里 信和 先生
東北大学大学院医学系研究科てんかん学分野教授

高齢者のてんかんについて

高齢者のてんかんについて

てんかんは小児に多い病気というイメージがありますが、有病率では高齢者が最も多いとされます。高齢社会を迎えた日本においては、今後さらに高齢者のてんかんが増加すると予測されています。高齢者てんかんについて、福岡山王病院てんかん睡眠センターの赤松直樹先生にお話を伺いました。 高齢者の1000人に10人がてんかんを発症 てんかんは、小児期に多く、高齢者では発症することはないと思われているようです

記事を読む

S60x60 54c5afe8 e449 4059 96c3 f3bb806cc0c7

赤松 直樹 先生
国際医療福祉大学教授 福岡保健医療学部 / 福岡山王病院 てんかん・睡眠センター 神経内科

てんかん発作の種類からみる-てんかん4大ファミリー

てんかん発作の種類からみる-てんかん4大ファミリー

てんかん診療の第一人者である愛知医科大学精神神経科講座教授の兼本浩祐先生は、てんかんについて考えるときは、4つの大きなファミリーのどれに当てはまるのかを見つけていくことが、もっとも現実的なアプローチであるとおっしゃっています。この記事では、年齢依存性焦点性てんかん・特発性全般てんかん・年齢非依存性焦点性てんかん・てんかん性脳症の4つのファミリーについて解説していただきました。 年齢依存性焦点性

記事を読む

S60x60 4d9e64f9 e7b4 41ae bd23 e67a6f6bad5d

兼本 浩祐 先生
愛知医科大学精神科学講座 教授/愛知医科大学病院こころのケアセンター 部長

てんかんの治療法について

てんかんの治療法について

てんかん治療には薬物治療と外科的治療があります。手術の対象となるのは薬が効かない難治性のてんかんですが、手術をすれば治るにも関わらず外科的治療を受けていない患者さんの推定数は、2000人ほどにものぼるといわれています。てんかんの治療法について、福岡山王病院てんかん睡眠センターの赤松直樹先生にお話を伺いました。 抗てんかん薬で発作が消失するのは全体の7割 てんかん治療の中心は抗てんかん薬に

記事を読む

S60x60 54c5afe8 e449 4059 96c3 f3bb806cc0c7

赤松 直樹 先生
国際医療福祉大学教授 福岡保健医療学部 / 福岡山王病院 てんかん・睡眠センター 神経内科

てんかんは手術で治る? てんかん手術の方法と目的、適応と費用

てんかんは手術で治る? てんかん手術の方法と目的、適応と費用

てんかんの治療というと、抗てんかん薬を用いた内科的治療法を連想される方も多いでしょう。しかし難治性てんかんの場合、一定の年数2種類以上の抗てんかん薬を組み合わせて治療を試みても、発作が治まらないことがあります。このような患者さんのてんかん発作を完全に消失させ、その後の社会的生活をより豊かにする治療法が、「焦点切除術」をはじめとするてんかんの外科手術です。てんかんの手術にはどのようなメリットとリスクが

記事を読む

S60x60 080a9864 000f 45ef 84b4 af36df699dc7

藤本 礼尚 先生
聖隷浜松病院 てんかんセンター副センター長・てんかん科部長

てんかんの外科治療─薬で発作が消えない場合は手術を考えよう

てんかんの外科治療─薬で発作が消えない場合は手術を考えよう

てんかん治療の基本は抗てんかん薬を用いた薬物療法ですが、3割強の患者さんでは薬で発作が消えません。これを薬剤抵抗性難治てんかんと呼びます。このうち一部の患者さんでは、外科手術で発作が抑制される場合があります。仮に最終的には手術に至らなくても、詳しい検査によって手術以外の良い治療方法に結びつくこともしばしばです。今回は手術適応と手術の概略について説明します。 てんかん治療で手術を検討するのはどん

記事を読む

S60x60 54d12ef3 0d06 4b1c b71a 4f8046feec07

中里 信和 先生
東北大学大学院医学系研究科てんかん学分野教授

てんかんと妊娠に関する3つの不安─流産のリスクは低い

てんかんと妊娠に関する3つの不安─流産のリスクは低い

てんかんのある女性が妊娠に対して抱く不安は尽きません。今回は出産時の流産のリスクと、授乳期の薬物療法についてご説明します。 妊娠中のてんかんの患者さんは不安が多いもの 妊娠中の発作頻度は?―「基本的には変化なし」と考えて大丈夫 妊娠中に発作頻度が増えるのでは、と考える人も多いかもしれません。ある報告によると、妊娠中に発作頻度が増えるのは3分の1、妊娠前と変わらない人

記事を読む

S60x60 54d12ef3 0d06 4b1c b71a 4f8046feec07

中里 信和 先生
東北大学大学院医学系研究科てんかん学分野教授

てんかんと仕事ー発作よりも「能力」で考える

てんかんと仕事ー発作よりも「能力」で考える

てんかんの人は、一部の例外を除いて、どんな仕事にも就くことができます。職業に対する心配、職場に病気を告知するべきかどうか、てんかんと「仕事」にまつわる不安を解消します。 制限のある仕事:発作で命に関わる職業以外はOK てんかんの人は、基本的にどんな職業にもつけます。ただ、例外があります。発作で意識を失った際に、本人や他の人に命の危険が伴うような職業です。 ◆運転を伴う仕事 発

記事を読む

S60x60 ad889d75 8b30 45b0 8f7c 34a2c7a378ed

神 一敬 先生
東北大学大学院医学系研究科てんかん分野 准教授

てんかんの薬との付き合い方

てんかんの薬との付き合い方

これまで他の病院で治療を受けていた方が別の病院を初めて受診するときには、それまでどのような薬を服用してきたのかという「薬歴」が重要です。また、薬物治療を行なう上では、患者さん本人が薬物治療を受け入れる「覚悟」も必要です。てんかん診療の第一人者である愛知医科大学精神神経科講座教授の兼本浩祐先生に、薬との付き合い方についてお話をうかがいました。 薬歴の重要性 てんかんを治療する上で、患者さん

記事を読む

S60x60 4d9e64f9 e7b4 41ae bd23 e67a6f6bad5d

兼本 浩祐 先生
愛知医科大学精神科学講座 教授/愛知医科大学病院こころのケアセンター 部長