日本再生医療学会から市民の皆様へ

もっと患者様にわかりやすく、
もっと身近に感じてもらえるように

再生医療情報サイトが2019年3月20日OPEN

サイトはこちら

再生医療PORTAL

再生医療アイコン再生医療について

『再生医療』とは、機能障害や機能不全に陥った生体組織・臓器に対して、細胞や人工的な材料を積極的に利用して、損なわれた機能の再生をはかるものです。これまで治療法のなかったケガや病気に対して、新しい医療をもたらす可能性があります。また、再生医療の技術を利用して、難病の原因解明や薬の開発もすすめられています。

我が国では、世界に先駆けて再生医療を推進するための法律※1が整備されたほか、薬や医療機器の安全基準を定めていた法律※2が改正されるなど、国を挙げて新しい医療を推進するという体制が構築されています。しかし、現時点で、厚生労働省の承認を得られて、健康保険が使える再生医療等製品は5種類のみで、多くは有効性や安全性などが確認中の段階にあります。

※1. 再生医療等安全性確保法:生きた細胞を使った製剤として、特別な審査基準が設けられた
※2. 薬機法:再生医療等製品について、安全性を確認でき有効性が推定されれば、条件及び期限を付した製造販売の承認を取得できる制度ができた(早期承認制度)

再生医療アイコン日本再生医療学会から
市民の皆様へメッセージ

澤 芳樹

日本再生医療学会 理事長
大阪大学大学院医学系研究科外科学講座心臓血管外科 教授

澤 芳樹

日本再生医療学会では、患者やその家族、一般の方を対象にした『患者相談窓口』を設置しております。ご相談の中で多かった、再生医療の治療や研究の情報を調べることができるサイトが欲しい、というご要望にお応えするため、再生医療情報を発信するサイトを作りました。是非ご活用ください。

髙橋政代

日本再生医療学会 理事
理化学研究所多細胞システム形成研究センター
網膜再生医療研究開発プロジェクト

髙橋政代

再生医療学会は臨床医、医学研究者、基礎研究者、企業、行政、官庁の方、など多職種が集い再生医療という新たな分野を作り出し発展させることを目的としています。そのためには治療開発を推進すると共に、一般の方々に再生医療が正しく理解されることが重要と考えており 『患者相談窓口』を設置しています。再生医療について不明な点、再生医療に関して不安や困ったことを相談して有効に活用していただきますようお願いいたします。

再生医療アイコン再生医療を受ける際の注意点

再生医療は、疾患の垣根を越えて様々な可能性を秘めていますが、多くの再生医療技術は、現時点では、まだ探索的な段階にあります。そのような早期の段階では、治療の有効性が不確実なことも考えられます。
また、再生医療の効能などについての不適切な宣伝も世界的な問題になっています。科学的に効果が認められていないような治療の広告に、「幹細胞」「再生医療」という言葉が使われ、十分な科学情報を持たれていない患者さんが過大な期待を持ってしまう危険性が指摘されています。

日本再生医療学会では、再生医療の品質を高め、安全性を確保するために、認定医制度を設けております。ご自身やご家族などが再生医療を希望される場合は、まずは認定医であるかどうか、また法律に基づいた届け出や安全性の審査を正しく受けた治療が実施されているかどうか、万一の場合の対応策がある施設かどうかなどをご確認ください。
皆様が再生医療等の治療や臨床研究への参加を検討する際、何に注意しなければならないかなど、ご不明点があれば、日本再生医療学会の患者相談窓口をご利用ください。

患者相談窓口患者相談窓口

受付時間
10:00〜13:00 / 14:00〜16:00
受付日
月曜日、水曜日、金曜日
※祝日・年末年始(12月29日〜1月5日)は除く
電話番号
03-6262-3120
  • ※不定期でお休みを頂く日時がございます。
  • ※以下のようなご相談は受け付けておりません。ご了承ください。
    • ・臨床研究・治療の内容の説明や、ご自身の疾病への適応の判断。
    • ・健康相談や診断等の医療行為
    • ・医療機関の紹介
    • ・不妊治療の相談
    • ・美容外科・審美歯科に関する相談
    • ・医療トラブルに関する相談